台湾一周自転車の旅

10日目 墾丁

2009年12月02日 晴れ

台湾地図 サンシャインボーイであるこの僕が、この美しい南の土地へ来てみると、むちゃくちゃいい天気でした。ホントに自分の晴れ男度には感心してしまいます。

 墾丁にはさんさんとふりそそぐ太陽の光、ビーチ、ビキニがあるけれど、今日は1日中撮影スケジュールがつまっていて、僕の阿美も出番がありません。

二手童話民宿の浪漫公路房

 朝、まず二手童話民宿へ行って写真を撮りました。独特なスタイルで、Adiaの幸せな幻想を満足させてくれる部屋ばかり。楽しく撮影できました。二手童話民宿は墾丁でとても有名な民宿、牛牛民宿-牧場旅棧の新館なんですが、ここでは牛をモチーフにしたスタイルではなく、色んなテーマで部屋をアレンジしているのでなかなか面白いですよ。

 二手童話の外壁は3階までの高さの大型キリンが描かれていて、お城のような入り口があります。昨日僕はここの2階の浪漫公路という部屋に泊まりました。部屋の扉には「限2P,3P要罰錢(2Pのみ、3Pは罰金をとります)。」と書かれていたので、オーナーに「じゃあ1Pだけだったらどうですか?」と聞いたら、「金額が高くなっちゃうねぇ。」と答えが返ってきました>< "...。ハハ~これでクラブに行ってギャルと遊ぶ正当な理由ができました。本当はそんなに気は進まないんだけど!!

  • 二手童話民宿
  • 二手童話民宿
  • 二手童話民宿
  • 二手童話民宿
  • 浪漫公路房
  • 浪漫公路房
  • 浪漫公路房
  • 浪漫公路房

※画像クリックで拡大画像へ

他の部屋だってすごい

 浪漫公路の他、石器時代の巨大なタマゴをイメージした中古蛋生房という部屋もあります。ベッドは半分に割れた巨大なタマゴの殻の形をしていて、壁には原始人と恐竜が綱引きをするユニークなイラストが描かれています。この部屋に、大きな葉っぱの室内着を用意していたら、きっともっと面白いと思います^^
 他にも様々なテーマの部屋があって、真っ白な花蝴蝶房はシンプルで上品にまとめられ、清潔感溢れるバスタブがあります。この部屋はおしとやかな女の人にぴったり。異国感漂う6人部屋の南墨天使房では、思わず大声で「アロハ~」と叫んでしまいそうです。

 こんな風にユニークなアイディア満載の部屋ばかりなのですが、これは全てオーナー劉大哥と奥さんが一緒に作り出しているんです。劉大哥はサイクリングをこよなく愛すおじさんで、ADIAの台湾一周自転車の旅を知ってから、親切に旅の手助けをしてくれました。これまでの旅でADIAをサポートしてくれた人達は、みんな面識はありませんでしたが、昔からの友達のように力を貸してくれたし励ましてくれたのです。台湾人はとてもとても情が深いのです!!

  • 中古蛋生房
  • 中古蛋生房
  • 花蝴蝶房
  • 花蝴蝶房
  • 南墨天使房
  • 南墨天使房
  • 二手童話民宿
  • 二手童話民宿

※画像クリックで拡大画像へ

撮影を終えて

 二手童話の撮影を終えると、墾丁福華飯店のとってもカワイイ広報APPLEから電話がかかってきました。カワイイ声で「ADIA、まだ忙しいですか?こっちでおいしいランチを色々用意したんだけど、よかったら写真を撮ってくれませんか?それで撮り終わったら食べてください。」と連絡がありました。おいしいランチ!!時間ありますあります。もちろん行けます。大急ぎで劉大哥とさよならをすると、僕はすごい勢いで阿美に乗り、墾丁福華飯店の方向へ走り始めました。僕はいつも外では風に吹かれ雨に打たれ、強い日差しを真に受けては雨にぬれ、時には時間に追われる生活をしていて、ご馳走をたらふく食べる時間もないのです。ご馳走と美人がいるならば、それは見過ごすわけにはいきません!!何より五つ星レベルのVIP待遇が待ち受けているのです。思い描いていた日差しにビーチ、ビキニ・・・わかったよ。認めるよ。福華の勝ちです!You get me!!

  • 牛牛民宿-牧場旅棧の朝食
  • 牛牛民宿-牧場旅棧の朝食
  • 牛牛民宿-牧場旅棧
  • 牛牛民宿-牧場旅棧
  • 牛牛民宿-牧場旅棧
  • 牛牛民宿-牧場旅棧
  • 牛牛民宿-牧場旅棧
  • 牛牛民宿-牧場旅棧

※画像クリックで拡大画像へ

墾丁福華飯店で

 墾丁福華飯店に到着すると、とってもカワイイ広報のAPPLEが僕を連れてロビーへ行き、チェックインをしてくれました。しかも大声でスタッフに手配をお願いしてくれました。「お客様に一部屋用意してください。眺めのいい部屋にしてね。ホテルでご招待するから価格は気にしなくていいから!!」

 五つ星ホテルには何度か泊まったことがあるけど、阿美を連れて泊まるのは初めてです。ホテルのスタッフたちは僕と阿美とよくわからない大荷物を見て変だとも思わず、ニッコリと挨拶をし、一緒に写真を撮らないかと言うのです。ワハハ~スターになったような気分です。

 今回、阿美と一緒に墾丁福華飯店が用意してくれた部屋に泊まったんですが、阿美と2人っきりで4人用のオーシャンビュールームで一晩過ごすことになりました。室内は設備が完備していて快適。さらに窓の外には極上の景色つきです。昼間でも夜でも、ベッドに横になると墾丁のきれいなきれいな景色が目の前に広がるのです。これぜ~んぶ、ぜ~んぶタダなのです。神様~食べることができ、着る服もあり、借りたお金も返さなくていいことに感謝します、アーメン!!

また撮影

 まだ営業時間前のレストランで、僕はまるで映画監督のようにとびっきりの料理を作り出す数十名のシェフに指示を出し、イメージ写真を撮り続けました。それからホテルの部屋、各種施設をまわり次々に撮影をしていきました。パチリパチリと頑張っていると、太陽がもう沈んでしまい、ビキニギャルもいなくなってしまいました。阿美も眠ってしまったようです。昨日は台東から墾丁まで約141キロの距離を走り、僕の1日走行距離の最高記録をたたき出しましたが、今日もまた記録を出しちゃったみたいです。1日の走行距離が初めて表示されませんでした(800メートル以下)。初めて自転車で五つ星ホテルに乗り込み、VIPな待遇を受けました。初めて写真撮影のせいで外でブラブラできませんでした。そして初めて1人で墾丁の街でものを食べて冷たい風に吹かれました・・・。

  • ホテルの豪華ランチ
  • ホテルの豪華ランチ
  • ビュッフェコーナー
  • ビュッフェコーナー
  • ホテルの豪華スイーツ
  • ホテルの豪華スイーツ
  • ホテルの豪華スイーツ
  • ホテルの豪華スイーツ
  • 部屋で休む阿美戰車
  • 部屋で休む阿美戰車
  • 墾丁福華飯店
  • 墾丁福華飯店
  • 墾丁福華飯店
  • 墾丁福華飯店
  • 墾丁福華飯店
  • 墾丁福華飯店

※画像クリックで拡大画像へ

阿美とお出かけ

 阿美は今日ずっと出かけられなかったので、僕は申し訳ない気持ちもあって、阿美を連れて墾丁の街中でなんか食べることにしました。墾丁大街についてから、最初に打洞ソーセージ2本と墾丁牧場の新鮮ミルクを買いました(ソーセージにミルクの組み合わせは結構奇妙です)。つづいてインド人が作ったんじゃないカレー肉まんに昔ながらのアイスティーをあわせ、最後にOH~MY GODの大フランクフルトで見事なフィニッシュを飾りました。
 ん~こんな風に食べたり飲んだりすると一周旅行してるって実感できます。阿美もそう思うよね?!

  • 打洞ソーセージ
  • 打洞ソーセージ
  • 打洞ソーセージ
  • 打洞ソーセージ
  • フランクフルト
  • フランクフルト
  • 10日目の晩ご飯
  • 10日目の晩ご飯

※画像クリックで拡大画像へ

10日目のADIAデータ

朝食
民宿の朝ご飯(もちろん無料)
昼食
墾丁福華飯店(撮影サービスと交換)
夕食
カレー肉まん(35元)
打洞ソーセージ(60元/2本)
フランクフルト(40元)
牧場ミルク(35元)
宿泊
無料(撮影サービスと交換/墾丁福華飯店)
消費総額
170元