台湾一周自転車の旅

9日目 台東-墾丁

2009年12月01日 晴れ

台湾地図 おはよう~おはよう~おはよう~おはよう~おはよう~

 うるさすぎる目覚ましを止め、ターザンのように力強く起き上がり、鳥がさえずる美しい朝を迎えます。時刻は朝6時10分。おいおい~台湾一周の旅をしてるんじゃないの?なんでこんな早起きしてるの?なんでかというと、今日は特別な日だからなんです!僕と阿美戰車は今日きれいなビーチに南国の美しい風景が堪能でき、そしてそしてホットなビキニ天国である墾丁へ行くんです。早くに目が覚めてしまうのは当然^^

平日の旅

 昨日僕はまた民宿を丸々借り切ってしまいました。平日に遊びに出ると、人が少ないだけでなく空気もきれいだし、宿泊先もいつもよりグレードアップさせることができます。それに、ADIAの輝かしい名前を出さなくったってクオリティの高い快適な旅行ができるのです。休日を外して旅に出ると、VIP対応のサービスが受けられるんだね。

 光が差し込む窓際のベストポジションを選び、外の緑を眺めながら、自家製の実においしい朝ご飯を食べる。あ~こんなステキな朝、他の人も体験できるといいんだけど。もう出勤準備をしている彭大哥は、忙しい中ADIAのところまで来てくれて無事に墾丁まで到着できるよう励ましてくれました。

八八水災後の知本

 朝ご飯を食べて気力十分。それにビキニギャルからホットでセクシーな集合号令がかかってるので、自転車は軽快に前進。台九線に沿って進んでいくと、すぐに台東の知本へ到着しました。ここまでの道のりは、空気はいいし道は広いし車は少ないし、自転車でジグザグに進んでも誰からも怒られないと思います。でも、知本へ来てみると橋の下に流れる渓流には灰色の泥とあちこちに散らばる流木の光景が広がり、僕は2009年8月8日、台湾の父の日に、唖然としながら見たニュースを思い出しました。台風の影響で水かさが増した河の流れに、無情にもホテルがのみ込まれていくあのシーンを。山道を上っていくと、ADIAのつぶらな一重の目を驚かせる恐ろしい光景に出くわしました。本来ならば魅惑のフェロモンを放っていたであろうビンロウ店が大自然の攻撃を受け、看板だけが寂しく立っている有様になっていたのです。ボロボロになった車や家屋が、無言の抗議をしています。これはどんなに祈っても、神様も元に姿に戻すことができないでしょう。愚かな人類は、いつだって宇宙人の侵入や天地崩壊、火山噴火といった自然の非常な反撃を目の当たりにしてようやく自分が甘かったことを悔いるのです。台東の山や海は美しい。でも僕の気持ちは谷の底まで沈んでゆきました。

  • 知本の河辺
  • 知本の河辺
  • 知本
  • 知本
  • 知本
  • 知本
  • 知本
  • 知本

悪魔道の南迴公路に勇気をくれる大きな鳥

 話を元に戻します。台九線で知本を通過した後は、南迴公路を走ります。この道は本当に大変!!台東の台武からスタートし、坂の連続。達仁を過ぎたら10数キロのきつい上り坂が続きます。坂を登っていくこと2時間ちょっと。蘇花公路では常に危険と隣り合わせでしたが、南迴公路では体力と意志の強さが重要。上の方へ行くほど気温が下がり、最後には汗と雨とよだれの区別がつかなくなってしまいました。持っているありったけの服を着ても寒くて震えが止まりません。南迴公路、台湾一周自転車の旅で一番つらかった悪魔道はあなたに決定です。

  • 南迴公路
  • 南迴公路
  • 南迴公路
  • 南迴公路
  • 9日目のADIA
  • 9日目のADIA
  • 9日目の阿美戰車
  • 9日目の阿美戰車

※画像クリックで拡大画像へ

 もうすぐ彌留に到着という時に、意気揚々とした大武大鳥村へやって来ました。雄雄しく勇敢な大鳥の彫刻が、僕に男としての魅力と自信を与えてくれました。お祈りをしてみると、いつもは息を潜めている男性ホルモンが一気に血液中に激しく流れ出すのが感じられました。アドレナリンが筋肉を刺激し、ADIAは勇猛で一分のスキもない男に変身。阿美戰車も美しくなっています!!大鳥様、食べ物や着るものをくれてありがとうございます。お金を借りても返さなくていいことにしてくれてありがとうございます。信心深い僕たち庶民にあなたのパッションを伝えてください!!さぁ、みんなおいで!!~Have me have fun have bird have fun。

  • 大鳥
  • 大鳥
  • 大鳥村
  • 大鳥村
  • 大鳥
  • 大鳥
  • 強くなった
  • 強くなった

※画像クリックで拡大画像へ

ADIAファン

 いまさら言うのもなんですが、ADIAが有名なのは別に今始まったことではありません。大鳥村で大きな鳥の加護を得てから、サインをくれとか一緒に写真を撮ろうというファンに出会いました。僕が願うような可愛い女の子ファンではないんですが、彼らはノートパソコンを取り出して僕のブログを見せてはサインをくれというのです。ADIAは心の底から彼らを可愛いと思いました(でもこの3人は兵役を終えたばかりのむさい男たちです^^)。

 あはは~あはは~
その直後から、僕は自転車をこぐ姿勢に細心の注意をはらうようになりました。胸を張り、小腹を引っ込め、お尻をきゅっと締め、全部パーフェクトにこなしました。だって道でさりげなくすれ違った人がひょっとすると熱烈なADIAファンかもしれないから。アイドルは、ファンにとって完璧な存在であり続ける義務があるのです。

  • ADIAファンと
  • ADIAファンと
  • 2回目間食のチマキ
  • 2回目間食のチマキ
  • 2回目間食のスープ
  • 2回目間食のスープ
  • このお店で食べました
  • このお店で食べました

※画像クリックで拡大画像へ

おっぱいバレーを試す

 午後4時半、僕が自己陶酔しまくりふわふわした気分でいると、山の天気が機嫌を損ねたようで雲行きが怪しくなってきました。苦労してようやく南迴公路の最高地点、壽卡まで上ってきましたが、テンションが上がりません。今日の目的地の墾丁までまだ30~40キロもあるんです。もう1時間半もすれば日没です。とっても怖がりな僕が道路照明灯もない山道にたった1人。もしも変なものに出会ってしまったらどうすればいいんだ><?

 お化けが怖いので、阿美をバイクと思ってこぎ進めました。力強い風に顔を叩かれながらも一生懸命前へ進みます。途中で両手を離して強風を手の平で受けてみたりもしました。不思議な感触です。痛い?いや違う。気持ちいい?それもない。やっぱり映画「おっぱいバレー」で学生が言っていたスピードを出して移動してる時、両手を広げるとおっぱいの感触が味わえるというあの言葉はうそだったんだ。僕はただ速いなぁと感じただけでした><。

 小さな失望感を胸にようやく墾丁に着きました。民宿のオーナーが電話で道を教えてくれたので、迷うことなく墾丁國家公園の傍にある牧場旅棧へ到着。夜はココナッツの香りがする温かい風に抱かれながら、すっと眠りにつきました。On Night In 墾丁。

  • 壽卡鐵驛馬站
  • 壽卡鐵驛馬站
  • 壽卡鐵驛馬站周辺
  • 壽卡鐵驛馬站周辺
  • 哭泣湖
  • 哭泣湖
  • 夕食の戎將軍肉まん
  • 夕食の戎將軍肉まん

※画像クリックで拡大画像へ

9日目のADIAデータ

朝食
民宿の朝ご飯(もちろん無料)
間食
サンドイッチ(35元)
昼食
7-11で購入(65元)
また間食
チマキ・肉団子スープ・ミルクティ(85元)
夕食
戎將軍肉まん(40元)
夜食
フライドチキン(50元)
紅茶(25元)
宿泊
無料(撮影サービスと交換/牧場旅棧)
消費総額
300元