ホテル予約ご利用の方はコンセルジュサービスを無料でご利用いただけます。詳しく
ご注意

休業日と台湾の祝祭日は、ご予約やお問合せへの返信ができおませんので、ご注意ください。なお、台湾の祝祭日カレンダーはこちらです。

ご予約の手順

1. ホテル選択

 ご予算や行程にあわせて「ホテル一覧」ページからご希望のホテルを選んでください。「旅々台北」のスタッフが実際にホテルまで出向いて取材を行った、各ホテルの詳細情報も参考にしてください。

2. ご予約お申込み(リクエスト)

 宿泊希望ホテルが決まれば、各ホテルの予約申し込みページに必要事項を入力し、ご予約の申し込みを行ってください。

※予約申し込みページはセキュリティ対応ページです。もしアクセスできない場合はブラウザを最新のものに更新してください。
※お申込み直後に確認の電子メールが届きますので、必ず受信して確認してください。

 お申込み内容にしたがって空室確認を行います。

空室の事前お問い合わせ
 「ご希望のホテルに空室があるか満室か」のお問い合わせはお受けできません(お問い合わせの際に空室があっても、ご予約時に満室になっている可能性があるため)。ご予約のお申し込み段階では料金は発生しませんので、まず予約お申し込み(リクエスト)をお願いします。

お申込みの分割

 たとえば、夏キャンペーンが8月31日で終了する場合で、8月31日は夏キャンペーン、9月1日は通常プランでお申込みになる場合は、それぞれ別々にお申込みください。この場合、連絡事項欄にご記入いただければ同じ客室を通してご利用いただけるように手配します。
 同様に、1日目と2日目は朝食付き、3日目は朝食なしのような場合、総勢4名のうち2名のみ空港送迎が必要な場合なども分割してお申込みください。

便名未定の場合

 送迎車をお申し込みの場合は、航空便の便名と到着/出発時間のご記入が必須ですが、まだ航空便が確定していないときは、利用予定の便名をご記入いただき、後日、便が確定した後、別の便になる場合はお問い合わせページから便名をご連絡ください。(送迎車をお申し込みでない場合でも、欠航便や遅延便の発生に備えるため、便名はできるだけご記入ください。)

期間料金の確認

 室料は季節や曜日などで変動します。詳しい料金は予約申し込みページの料金欄からご確認ください。

3. ご予約可否の回答

 現地予約オペレータがお申し込み内容にもとづき空室の有無を確認し、その結果を電子メールでお知らせいたします。ご予約をお受けできる場合は、この段階でお部屋はキープされていますのでご安心ください。
この電子メールには料金のお支払い方法とお支払い期日が書かれています。

※このメールはお申込み当日か翌営業日にお送りしますので、必ず受信してご確認ください。
※以下の場合はホテルへの照会のため、回答が遅くなることがありますのでご了承ください。
 ・当サービスであらかじめ一定量を確保している客室数が既に満室の場合。
 ・当サービスであらかじめ一定量を確保していない客室のご予約。

4. 料金のお支払い

 回答内容をご確認の上、お支払い期限までにクレジットカード、銀行振り込みのいずれかの方法で料金をお支払いください。お支払い期限はおおむね4日後ですが、状況により早くなることもあります。

※ お支払い方法やお支払い期限は電子メールでご案内いたします。
※ 混雑時にはホテルによりお支払い期限が早くなることがあります。

クレジットカードでのお支払い
カードブランド
 VISA、MASTER、JCB、AMEXの各カードがご利用いただけます(他のブランドのクレジットカードでも、カード表面にこれらの表記があればご利用いただけます)。お支払いはインターネットのみで完了します。お支払い手続きの際は、各カード会社に登録 したIDやパスワードが必要になりますのであらかじめご確認ください。IDやパスワードは、各カード会社のWEBサービスなど(各カード会社により名称は異なります)でご確認いただけます。WEBサービスをお申し込みになっていない場合は、事前のお申し込みをお願いします。

銀行振込
 全国の銀行や信用金庫、JAなどの金融機関から振込みができます。なお、振込手数料はお客様がご負担ください。

 振込用紙の「依頼人」の欄に、「お客様のお名前」と「予約番号」を必ずご記入ください。これらのご記入がない場合、入金の確認ができず、予約が行われない場合がありますので、ご注意ください。ATMからお振込の場合も同様にお願いいたします。

※入金確認の都合上、窓口やATMからお支払いいただく場合はお支払い期限の前日までにお支払いをお済ませください。

予約の自動取り消し
期限までにお支払いいただけなかった場合は、予約は自動的に取り消されます。この場合、キャンセル料やキャンセル手数料などの料金は一切発生しません。

キャンセル料の発生
料金をお支払いいただいてから以降は、ご予約の取り消しや変更の際に、キャンセル料が変更手数料が発生しますのでご注意ください。また、特例の直前予約では料金のお支払い前でもキャンセル料が発生します。詳しくは、変更・取り消しのページをご覧ください。

代表者とクレジットカードの名義
一つのご予約お申込みに対して、代表者の方が全額をお支払いください。参加者が個々にお支払いいただくことはできません。クレジットカードでお支払いの場合、代表者のお名前とクレジットカードの名義が一致していなくてもお取り扱いが可能です。

料金の改定
料金(室料や送迎料金など)は予告なく変更になることがあります。 料金に変更があった場合のお取り扱いは以下のようになります。
ご予約成立前・・・ご予約お申込み後に最終の料金を明記した「お支払い方法のご案内」メールをお送りします。この料金がホームページ記載の料金と異なることが稀にありますが、その場合はメールに明記してご案内いたします。ここでご案内した料金は最終の料金ですので、その後に料金改定があっても変更いたしません(追徴や返金はありません)。
ご予約成立後・・・料金のお支払い後には料金が変更になることはありません
社会情勢の急激な変化により、やむを得ず上記に該当しない料金の変更を行うことがあります。この料金の変更が原因でご予約を取り消される場合は、キャンセル料は無料とさせていただきますが、それ以外の責は負いませんのでご了承ください。
※ご予約の成立の時期は当社からクーポンを送信した時になりますが、お支払いいただいた金額が正しい場合は料金のお支払いをもってご予約の成立とみなすこととさせていただきます。お支払いいただいた金額が誤っているときは正しい金額をお支払いいただいた後、クーポンを送信した時をもってご予約の成立となります。

5. クーポン(宿泊券)の入手

 入金確認後、クーポン(宿泊券)の入手方法を電子メールでご案内します。

※クーポンはPDF形式です。表示や印刷にはAdobe Readerが必要です。お持ちでない場合はここからインストールしてください(無償)。

※Adobe Readerがインストールできない場合は、クーポンメールを印刷したものでもご利用いただけます。

※プリンタをお持ちでない場合やPDFの印刷ができない場合は、FAXや郵便にてお届けすることも有料サービスにて可能です。ただし郵送には数日が要しますので、あらかじめ余裕を持った日程にてお申し込みください。なおご希望の場合はお申し込みの際の連絡事項でお知らせいただくか、もしくは予約完了後に各予約サービスのお問い合わせページからお知らせください。

※クーポンが印刷できないときの対応方法
 http://www.tabitabi-taipei.com/club/cprint.php

6. チェックイン

 チェックインの際に、ホテルのフロントでパスポートと一緒にクーポンをご提示ください。

※チェックインが予定時間より遅くなる場合は、ご自身でホテルまでご連絡ください。チェックインが予定よりかなり遅くなりますと、ホテルの判断で予約がキャンセルされてしまうことがあります。

※ホテルによってはクーポンを提示してもデポジット(滞在中にホテル内で消費する費用に対する保証前金)が必要な場合があります。デポジットの方法はクレジットカードの提示や現金の支払いなどです。

日本のパスポートをお持ちでない方は日本の「在留カード」や「外国人登録証」など、日本に居住していることを証明する書類をご提示ください。ご提示がない場合は追加料金が発生することがあります。


ご留意いただくこと

1. お部屋のリクエストについて
予約ページで明記していない場合は、フロア、ビュー(海側、山側など)、テーマルームなどに関する指定はお受けできません。これらはチェックインのときに直接フロントでお申し出ください。なおご希望に添えるとは限りませんのでご了承ください。なお、予約お申込み時にリクエストとしてお受けできますが、同様にご希望に添えるとは限りませんのでご了承ください。
2. チェックアウト
客室の電話、冷蔵庫の有料の飲料などを利用した場合、チェックアウト時に料金が請求されます。これらの料金はクーポンには含まれていませんので、別途各自でお支払いください。また、チェックアウト時には、料金明細をよくご確認ください。
3. 添い寝の幼児
ベッドを必要としない(添い寝する)幼児が同行する場合は、ご予約お申込みの際にご記入ください。なおホテルによっては添い寝をお断りするところもありますのでご了承ください。
4. ホテルへの直接問合せ
ホテルに直接問い合わせやリクエストをしても、予約を確認できないことがあります。これは予約の名義がお客様ではなく予約オペレータになっているためです。チェックインまでにはお客様名義の予約に切り替わります。
5. ホテルへのクレーム
ホテルに対するクレームなどについては、直接お客様とホテルの間で交渉解決していただきますが、万一重大なトラブルがあった場合は、クーポンに記載の緊急連絡先まで連絡してください。帰国後の事後処理は対応ができませんのでご了承ください。

旅々トラベルのサービストップページ現地ツアー専用ツアー・手配チャーター・送迎オーダーメイド