台湾の歴史

 世界でも最も複雑な地域の一つである「台湾」。その歴史を知っておくと、台湾への旅行がもっと有意義になります。ここでは簡単に台湾の歴史をご紹介します。

19世紀まで

 18世紀頃までの台湾は、中国本土の支配を受けた他、オランダやスペインの植民地であったりもしました。以前より、中国大陸から漢人が入植していましたが、清の時代になると、政府の政策もあり中国本土からの移住が一段と進みました。もともと台湾に居住していた先住民族(台湾では原住民と呼びます)は10民族あまりですが、いずれも少数民族であるため、人口の大半は漢人が占めるようになりました。

 台湾に渡った漢人の出身地は福建省が多く、福建地方の言葉が、現在は台湾語と呼ばれ、広く使われています。また、北方からの漂流民である客家人も台湾に移住してきましたが、客家語を話します。

 清の時代には、台湾にもその支配が及びましたが、大陸政権は中華思想の政権であり、中央との距離は遠いほど文明度が低くなるという思想により、台湾は小さな僻地の島に過ぎず、十分な統治を行いませんでした。そのため、近世以前の台湾は、混沌とした状態が長く続きました。


オランダ人による古城「安平古堡」写真拡大可

客家の街「北埔老街」写真拡大可

台湾初の西洋医学病院「偕醫館」写真拡大可


日本統治時代

 19世紀末、日本は日清戦争に勝利し、台湾の統治権を得ました。これ以後約50年間、台湾は日本の植民地となりました。日本の統治に対して、当初は台湾住民の抵抗が強く、約5年間続いた紛争では、1万人以上の台湾人が戦死したり虐殺されるなどしました。

 台湾に対する日本の植民地政策は、植民地経営での欧米との対抗意識や、南進政策もあり、道路、鉄道、港湾、上下水道、電気、通信などのインフラの整備や、教育の普及、治安の維持に注力するもので、そのレベルは当時の日本本土を上回るものでした。

 台湾人は二等国民とされ、日本人や朝鮮人らと差別されましたが、こうした植民地政策により、台湾の公共インフラや教育水準はこの時期に飛躍的に向上し、経済的にも発展しました。

 日本統治時代は、台湾人の日本同化政策により、台湾での学校教育は日本語で行われたため、この時代に学校教育を受けた世代は、日本語を話すことができます。


台湾総督府交通局鉄道部写真拡大可

監察院(旧台北州廳舍)写真拡大可

北投の温泉旅館写真拡大可


太平洋戦争の頃

 中国大陸では1911年に、現在の台湾のルーツとなる中華民国が成立ました。現在の台湾でも、この1911年を元年とする中華民国暦が用いられています。

 太平洋戦争で敗戦した日本は、台湾の領有権を放棄し、戦勝国である中国(中華民国)がその領有権を得て、中華民国の台湾統治が始まりました。当時の中華民国は蒋介石が率いる国民党が代表政権でしたが、毛沢東率いる共産党との内戦に疲弊しており、台湾に進駐してきた国民党軍も統治意識が低く、略奪や粗暴行為が頻発しました。

 台湾人は、統治が日本から中国に移ったことを喜びましたが、進駐してきた国民党軍のこのような振る舞いを見て「イヌのかわりにブタが来た」などと揶揄しました。日本の旧植民地でありながら、現在、日本に対する国民感情が比較的良いのは、ここに起因すると言われることもあります。

  国民党進駐前から台湾にいた漢人を「本省人」といい、これ以後大陸から渡来した漢人を「外省人」といいます

蒋介石時代と国連脱退


蒋介石の銅像がある「中正紀念堂」写真拡大可

 共産党との内戦に敗残した国民党は、蒋介石ら多くの政治家、官僚、軍隊が台湾に逃れ、台北を臨時首都とし、中華民国の政権を形成しました。総統である蒋介石は、台湾の日本色を排除する政策をとりました。学校では大陸の言葉である北京語による教育になり、日本語は禁止され、また、学校教育は徹底した反日教材となりました。また政治的には、徐々に独裁色が強まり、強圧的な政権へとなっていきました。

 こうした政策への反発を抑えるため、国民党政権は知識層を中心とした弾圧事件を相次いで起こし、次第に恐怖独裁的な政権となっていき、世界でも類を見ない40年以上続くことになる戒厳令が布告されるといった事態になりました。

 そのような独裁色の濃い政権でしたが、一方で、戦勝国として国連安保理の常任理事国であった中華民国は、工業の発展や国際化により経済が飛躍的に発展し、国民の生活水準は次第に向上しました。

 1970年代になると、中国大陸では中国共産党の支配による治安維持が進み、国としての体裁が整ってきたこともあり、国連では、中華人民共和国を中国を代表する国家として承認することになりました。このとき、中華人民共和国、中華民国の双方とも、大陸と台湾は一つの中国という国家であると主張したため、中華民国は中国の中の台湾という地域を占拠している集団ということになりました。

 中華民国は、このとき国連を脱退し、かわって、中華人民共和国がその地位に就きました。 それ以来、台湾は、国際的には中国の一地方として位置付けられることになり、台湾問題は中国の内政問題という位置付けになりました。日本でも田中首相の時代に、中華人民共和国と国交を樹立し、同時に中華民国と断交しました。

 中華民国の国連脱退後、多くの国は中華民国と断交しましたが、政治的、経済的に台湾とのパイプの維持を図りました。日台間でも、民間の機関という名目で、大使館の役割を担う組織が相互に置かれ、経済的、人的な交流が続いています

現代

 政権が蒋介石の息子である蒋経国総統の頃になると、情報化社会や国民の所得水準の向上により、政府が国民の批判を押さえつけることは困難になりました。そして1987年に戒厳令が解除され、台湾の自由化が始まりました。

 蒋経国の死後、副総統であった李登輝が自動的に総統に就任しました。李登輝は本省人でしたが、蒋経国の現実路線によって、さまざまな理由から副総統に就任していました。李登輝時代に自由化は一段と進み、議会が解散され、中華民国初の普通選挙も行われました。

 一方経済的には、一時は外貨準備高が世界一になるなど、潤沢な資金を背景に、ハイテク産業を中心にした莫大な投資を行い、台湾で経済奇跡と呼ばれる経済発展を成し遂げました。

 その後、総統直接選挙が行われ、野党民進党の陳水扁が総統となりましたが、2008年には再び国民党に政権が戻りました。現在では世界で最も自由な地域の一つとして、事実上の先進国と言えます。

 また、2016年総統選で国民党の朱立倫、親民党の宋楚瑜を破り、野党民進党の蔡英文が初の女性総統となり、台湾の新しい歴史の幕開けとなりました。


台湾基本情報旅行情報滞在ヒントアクティビティモデルプラン観光地