マナーの基本

 台湾と日本はよく似ていて、街を歩いていると、ふと日本にいるような気分になることがあります。日本人の場合は、日本の常識的なマナーを守っていれば、問題になることはまずありませんが、しかし、やはりそこは外国。旅行の際に知っておくべきマナー、ルール、習慣があります。

日本とは違うマナー

トイレで紙を流さない

 台湾のトイレはほとんど水洗トイレですが、男女とも「紙」は便器の脇に設置されているゴミ箱に捨てましょう。特に古いビルでは排水管が細く、水に溶けにくいティッシュペーパーを流すと、必ずといっていいほど詰まるので、要注意です。

買い物はエコバッグ持参

 コンビニやスーパーではレジ袋は有料です。

完全禁煙エリア

 レストラン内は完全禁煙で喫煙席はありません。同様にホテル内(客室を含む)、電車などの公共交通機関、駅、空港、公共施設、オフィスなども全て禁煙です。ただし、バーなど未成年の立ち入りを禁止している店では午後9時以降は店内で喫煙が可能なところがあります。

日本と少し違うマナー

食べ残しは持ち帰る

 レストランなどで食事を残すことがありますが、台湾では持ち帰るのが一般的です。「打包(ダーパオ)」と言えば、持ち帰り用容器に入れてくれます。

フードコートや屋台では自分で片付けない

 フードコートやテーブルがある屋台では、食べた後はそのままにしておきます。ファーストフード店などでは、日本と同様に自分で片付けます。

日本と同じマナー

割り込みしない

 電車、バス、お店などで待つときは、きちんと列を作って待ちます。割り込みはマナー違反です。

優先席

 電車やバスには日本と同じような優先席があり「博愛座」と表示されています。

言語と文字

 台湾は小さな国ですが、複雑な歴史的経緯もあって、北京語、台湾語、客家語、原住民語など、様々な言葉が使われています。学校教育は北京語で行われているので、北京語であればどこでも通じます。ただし、日本で学ぶ中国語(中国の普通話)とは、発音、単語、慣用句などで、若干の違いがあります。

 また、台湾の漢字は繁体字(日本の旧漢字に近い)を用いているので、中国の簡略化された簡体字とは異なり、日本人には馴染みやすい漢字となっています。なお、筆談では日本の漢字を書いても大方理解してもらえます。

お金に関すること

チップ

 台湾にはチップの習慣はないので、ホテル、レストラン、タクシーなど、どのような場面でもチップは不要です。ただし、特別な依頼ごとがあった場合は、気持ち程度に渡しても構いません。

 なお、一般の人に困り事を助けてもらった場合、お礼としてお金を渡すのは、失礼にあたりますので注意してください。

クレジットカード

 主要ホテル、大きなレストラン、ショッピングセンターなどでは概ねクレジットカードが使えますが、小さなお店では使えないところも少なくありません。ある程度の現金は持っておきましょう。

※クレジットカードで支払う場合、2~5%の手数料を請求されることがあります。

サービス料・最低消費額

 ホテルや有名レストランなどでは、表記の料金に加えて、10%程度のサービス料を請求されることがあります。また、最低消費額(ミニマムチャージ)が設定されているお店や、最大滞在時間が設定されているお店もあります。

割り勘

 日本と同様に、友人同士の会食や、ちょっとした食事などでは、食事代を割り勘で支払うケースが多いです。ただし地位の序列がはっきりしているメンバーでの食事会では、最も地位が高い人が支払うケースが多く、割り勘で支払うことはあまりありません。ビジネス会食では招待した側が支払うのが一般的です。

交通マナー

路上マナー

 台湾は右側通行です。台北では交通マナーはかなりよくなってきましたが、それでも街を歩くときは十分に注意してください。台湾でも南部に行くほど交通マナーは悪くなる傾向にあります。青信号で横断歩道を渡っていても突っ込んでくる右折左折の自動車があるので、左右をよく見ましょう。青信号だからと安心して、道路に飛び出すように横断歩道を渡るのは危険です。

公共交通機関

 バスや電車のマナーは日本と大きく違うところはありません。


台湾基本情報旅行情報滞在ヒントアクティビティモデルプラン観光地