2016年12月28日

百年の歴史あるコンテナのお茶工場 台湾農林淡水門市

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

鹿篙咖啡

鹿篙咖啡

黑金柚、黑金桔、黑金蜜烏龍禮盒

黑金柚、黑金桔、黑金蜜烏龍禮盒

紅玉紅茶

紅玉紅茶

鬆餅

鬆餅

2階の様子

2階の様子

展示販売

展示販売

 「台湾農林淡水門市」は淡水の中正路19巷内に位置し、店外に表札はありません。というのも、お店は二つの青いコンテナを重ねたアイディア空間で、半分取り壊された建物にあるからです。通りすがりの人にも深い印象を残す斬新な店構えですが、背後にあるブランドは、台湾で最も古いお茶工場「台湾農林」です。

 「台湾農林」は1899年創業、前身は「三井物産株式会社」でした。100年という歴史を持つ老舗のお茶工場で、当時生産していた日月潭紅茶は1940年代、ロンドンのオークションで4大紅茶に並べられ、国際的に有名になりました。一世紀過ぎても、「台湾農林」の茶葉は台湾人の昔懐かしい記憶とともにあります。また、100年以来の伝統、誠心誠意のお茶づくり、絶え間ない成長のもと、「台湾農林」は台湾で唯一独自の茶園を持つお茶工場として有名な上場茶葉会社になっています。

 淡水支店は、「台湾農林」の数少ない営業拠点の一つで、淡水老街の奥にあります。店内では各地の台湾農林茶工場の商品を販売しているほか、軽食とドリンクも提供しています。賑やかな観光エリアでも、遠方から訪れるお客に、台湾の有機茶園の良質なお茶を楽しんでほしいと願っています。

 日月潭魚池鄉の「紅玉紅茶(120元)」は有名で、汚染を受けていない独立した茶園で生産されています。自然に帰化する永続栽培の方式が取り入れられています。茶湯は明るく艶やかな赤色で、天然のシナモンと淡い薄荷の香りを持ち合わせています。この香りは以前、世界の紅茶専門家に絶賛され「台湾の香り」とまで言われたもので、また100年来「台湾農林」の主力商品でもあります。この紅茶にはぜひ「鬆餅(ワッフル/80元)」を合わせて、午後の素晴らしいひと時を過ごしてくださいね。

 ハンドドリップの「鹿篙咖啡(ルーガオコーヒー/120元)」は、近年「台湾農林」がコーヒー市場へ進出した代表作です。100パーセント南投魚池郷の鹿篙コーヒー園で生産されたもので、すべて手摘みしています。ブラジルコーヒーの中性的な特色を持ちながら、淡いフルーツの香りも持ち合わせています。まろやかな口当たりの中にも甘さが感じられ、台湾の特色あるスペシャルティコーヒーです。

 「蜜香紅茶冷泡茶(蜂蜜水出し紅茶/120元) 」は、三峽熊空のお茶工場で生産された「小葉種紅茶」を使用しています。甘くまろやかな口当たりで、苦みや渋みがありません。低温で抽出した茶湯はさっぱりと甘みがあります。

 このほか店内では「台湾農林」の様々な伝統的商品も提供しています。中でも昔ながらの包装を維持している「仙女紅茶(130元)」と「日月紅茶(150元)」は、「台湾農林」半世紀来のロングヒット商品です。台湾の魚池郷とスリランカ産の茶葉を調合して作られていて、強く濃厚な風味が特徴です。茶湯はまろやかで渋みもなく、飲んだあとはきっとストレスもなくなることでしょう。台湾人にとって懐かしい味わいであり、昔ながらの台湾茶の香りを代表するお茶と謳われています。

日月紅茶、仙女紅茶

日月紅茶、仙女紅茶

蜜香紅茶冷泡茶

蜜香紅茶冷泡茶

 「黑金柚烏龍(ブラック柚子ウーロン茶)」「黑金桔烏龍(ブラック金柑ウーロン茶)」「黑金密烏龍(ブラックハニーウーロン茶)」のギフトセット(2,500〜2,600元)は、フルーツと茶葉を融合させた近年の新商品です。茶葉は幾度も手作業で焙煎していて、南投縣霧社の紅水鳥ウーロン茶葉を、雲林縣斗六のメロン、ミカン、南投縣中寮の白柚子の3種類のフルーツに封じ込めています。フルーツの香りが茶葉と融合し、幾度も焙煎することで、お茶のポリフェノールとフルーツのペクチンが混ざり合って、甘いまろやかな茶湯と、蜂蜜とフルーツの香りを生み出しています。「台湾農林」100年来の技術の最高峰とも言われています。

 台湾茶葉の歴史に興味があり、伝承100年という昔ながらの台湾茶を体験してみたい人は、淡水老街観光のついでに、ぜひ「台湾農林淡水門市」を訪れてみてくださいね。
(記者:Way)

地図

【台灣農林 淡水門市】
住所:新北市淡水區中正路223號
電話:02-2621-3702
営業時間:10:00~18:00
定休日:無
交通:MRT淡水駅から徒歩8分
URL:https://www.facebook.com/pg/TamsuiTea/

Loading...

▲ページトップへ戻る