2017年2月16日

大きな農業が伝える生活スタイル 掌生穀粒糧商號

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

米の陳列棚

米の陳列棚

經典「飯先生」米糧

經典「飯先生」米糧

荔枝蜂蜜酒

荔枝蜂蜜酒

店内の座席エリア

店内の座席エリア

客家風のデザイン

客家風のデザイン

 初めは故郷から送られてきた食べきれない米を友達に分けていただけでしたが、その米にオーナーが学んだ広告の美学を加えることで、台湾の土地が作り出す素晴らしい稲作文化を広めました。それは今では米に加え、蜂蜜、茶、酒の4大品目となっています。誠品生活松菸内に位置する「掌生穀粒」は、広く大きな長テーブルの座席があり、お客はここに座っていつでも様々な農産物を味わうことができます。蜂蜜やお茶の爽やかな香り、お酒のまろやかな甘み、そして不定期ですが炊きたてのご飯も試食することができるんですよ。

 故郷付近の米農家を探してコラボした、最も伝統的な「飯先生(ご飯さん/1.5公斤300元から)」は、日本統治時代、天皇が食べる米であった台東県関山鎮徳高里産です。香りの良い高雄の139号、145号など4種類の米を調合させていて、食べてみると自然な米の甘みが感じられます。

 台東県と宜蘭県には巨大なクーラーボックスを設置しているため、刈り取った米はこの中に保存し、毎週台北へと輸送されます。運ばれた米は手作業で包装され、お客はいつでも精米された最も新鮮な米を食べることができるんですよ。新鮮な米は水分が豊富で、比較的香りも良いのが特長です。このため、会員になると、毎月新鮮な米を家へと直接配送してくれて、更に白米か玄米かを選択でき味も毎月換えることができます。

 優良な米はもちろんですが、国内外で多くのデザイン賞を獲得したことのあるパッケージにもぜひ注目してみてくださいね。2層のクラフトペーパーで包んだのが「會呼吸包裝(呼吸できるパッケージ)」と呼ばれる伝統的なお米のパッケージです。シンプルなパッケージながら、お米がまだ土の中で成長しているような感覚を表現しています。そのほかにも、客家特有の大きな赤い花が描かれた布で包んだ「囍米」は、多くの人を魅了していて、よく結婚式の引き出物として選ばれているんですよ。

 稲作農家では米だけでなくお茶や蜂蜜も作っています。現在では異なる11種類の蜂蜜が作られています。店内ではスタッフが蓋をあけて蜂蜜の香りをかがせてくれますよ。また、異なる花蜜の結晶、香りや味、そして適した食べ方なども説明してくれて、瞬時に蜂蜜に対する知識と驚きを与えてくれます。シナモン、ライチ、文旦などの口当たりが特別な蜂蜜が特に大人気で、「月桂蜜(ゲッケイジュ 蜂蜜/680元)」は、爽やかな木質の香りがします。「荔枝蜜(ライチ蜂蜜/550元) 」は、ライチの香りが比較的濃厚で、蜂蜜水やヨーグルトに良く合いますよ。「文旦蜜(文旦蜂蜜/550元)」は、酸っぱい柑橘の香りを持ち合わせています。サラダやフルーツにピッタリです。お茶は「冷泡茶(アイス茶/135元、165元)」がお薦めで、その場で茶葉の香りを味わえ試飲もできますよ。冷泡茶は、常温水で入れられているため、一日かけて抽出していきます。お茶の香りが、口の中でゆっくりと広がり、アイディアあふれるパッケージは、温かみあるお茶農家の雰囲気を感じさせてくれますよ。

台茶18號(紅玉)

台茶18號(紅玉)

月桂蜜蜂蜜

月桂蜜蜂蜜

 台中市霧峰酒工場とコラボした「荔枝蜂蜜酒(ライチ蜂蜜酒/380元)」は、蜂蜜を基本としライチを発酵させたお酒です。蜂蜜の香りの中にほのかにお酒の香りも感じられ、後からライチの香りが漂います。「如今、當初(今のところ、初め)」と表面に書かれた特別なラベルは、プレゼントや友人たちと飲むときに最適でしょう。「豐景真酒(豊かな景色お酒/500元)」は、米を使用した高濃度の蒸留酒です。清酒に似た感覚で、米の香りも濃厚です。台湾の「益全香米」という一等米を蒸留して作られています。2012年のヴィンテージ酒となり、更にドイツの国際蒸留酒品評会で金賞を受賞しているんですよ。

 二十四節気の流れにそって、「掌生穀粒」では不定期にイベントを開催しています。例えば、穀雨の気節には梅酒のイベントを、6~7月の生姜が旬の季節には生姜の蜜漬けイベントを開催しています。また毎月定期的に蜂蜜会も開かれていて、私たちに蜂蜜の知識を教えてくれると同時に、11種類の異なる蜂蜜の試食ができますよ。着実に台湾農業のスピリッツを広げ、イベントによって農作物の活力を表現しています。お碗は、手で持てるくらいのサイズに改良されていて、お店で体験できる温かいお茶もこのお碗を使用しています。眷村時代(1949年~1960年)は、物質が豊富でなかったこともあり、食後はこのお椀に直接お茶を注いでいた文化を重視しています。お米を食べるという飲食の行為上、台湾文化独特の価値を与えてくれているんですよ。
(記者:Amelie)

地図

【掌生穀粒糧商號】
住所:台北市信義區菸廠路88號3樓(誠品松菸店)
電話:02-6636-5888
営業時間:11:00~22:00
定休日:無し
交通:MRT国父紀念館駅3番または4番出口から徒歩約10分
URL:https://www.greeninhand.com/

Loading...

▲ページトップへ戻る