2017年2月24日

素材の味をそのままに 裸食私廚

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

裸食滷肉飯

裸食滷肉飯

裸食泡菜水餃

裸食泡菜水餃

康普茶

康普茶

回到家了系列 - 甘藷

回到家了系列 - 甘藷

紫藷脆萃纖燕麥蛋糕

紫藷脆萃纖燕麥蛋糕

 新生南路の路地裏に位置する裸食私廚は、蒸す、煮る、焼くなどの調理を加えない料理を提供することで有名なお店です。乾燥処理が必要な食材でも、45度以下の低温風乾燥により、食品の栄養と新鮮な野菜やフルーツの酵素を留めています。ローフードと聞いてベジタリアン料理を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、ここではその考え方が見事に覆されます。プレートに盛り付けられた料理は視覚的にも驚くほど艶やかで、またその美味しさはレストランでお腹いっぱいになった後でも、テイクアウトして帰りたくなるほどです!

 ローフードは、蒸す、煮る、焼く、炒めるなどの調理はしませんが、1920年頃から欧米及び中東で徐々に広まり、医療方面でもローフードで慢性疾患の予防治療が行われるようになりました。お店の責任者である黄立文さんによれば、ローフードは自然、新鮮、手作り。お店では、シェフたちが集中して食材の準備ができるよう、毎週火曜を店休日にしているのだとか。

 また、お店のクリエイティブディレクターのプラシャンザ・ラチャーナさんは、ロサンゼルスのマシュー・ケニー料理学校でベジタリアン料理を勉強しました。特技は「玩味(深く味わう)」ことで、食事は健康的なだけでなく美味しくなければ!と主張しています。「康普茶(コンブ茶/50元)」に使用される凍頂烏龍茶の口当たりはフルーツビネガーに似ていて、自然な炭酸の発酵茶です。豊富な消化酵素を含んでいて、ゆっくりと飲むのに適しています。

 「裸食泡菜水餃(ローフードキムチ水餃子/400元)」は、生のトマト、着色用の甜菜汁、そして粘りを増加させるメープルシロップで作った水餃子の皮を使用しています。低温で24時間乾燥させていて、小麦粉を全く使用していません。しかし食べてみると口当たりは台湾の一般的な水餃子の皮とそっくりなんですよ。餡にはカシューナッツ、ゴマソース、リキッドアミノ(アミノ酸調味料)、キムチが使用されています。自然のうまみに、一口また一口とやみつきになってしまいますよ。

 「裸食滷肉飯(ローフードそぼろご飯/100元)」は、でんぷんを含むご飯を使わず、カリフラワーを米粒サイズに細かく切った後、低温乾燥させたものを使用しています。また、お肉の代わりには胡桃、しいたけ、五香(五種の香料)、米酒、醤油を使用しています。台湾の小吃に無限のアイディアが加わっている料理です。

 冬には温かいものを食べる台湾の飲食習慣に合わせて、お店では一部を調理し、体が温まるスパイシーな根菜類と合わせた料理も販売しています。「回到家了系列-甘藷(家に着いた系列-サツマイモ/ 350元)」は、フィリピン産の旬の野菜、台湾しいたけ、はと麦、エジプト豆、マレーシアのマッサマンカレーを使用しています。野菜やエジプト豆、そしてソースを一緒に食べるのがおすすめ。硬さが異なる食材が、さまざまな食感をもたらしています。

生抹茶蛋糕

生抹茶蛋糕

総経理の黄立文さんとクリエイティブディレクターのプラシャンザ・ラチャーナさん

総経理の黄立文さんと
クリエイティブディレクターの
プラシャンザ・ラチャーナさん

 この他、お店のケーキはすべて、牛乳、卵、小麦粉不使用で、オーブンも使用していません。艶やかな「紫藷脆萃纖燕麥蛋糕(紫芋とグラノーラケーキ/280元)」は、ケーキに生姜を加えているため体がぽかぽかしてきますよ。食感はムースのようで、更にココア生クリームを加えています。ココア生クリームにはマグネシウム成分が多く含まれているので、マグネシウム補給ができますよ。「生抹茶蛋糕(生抹茶ケーキ/300元)」は、酸化防止食材とも言われるざくろ、抹茶を使用していて、濃厚でフルーツのさっぱりとした香りあふれるケーキです。

 現代ヴィーガンの裸食私廚は、オシャレでエネルギッシュ。お店では料理教室やケータリングサービスも行っていて、料理を学べて味わえるだけでなく、環境保護のライフスタイルも取り入れています。
(記者:Stacey)

地図

【NakedFood 裸食私廚】
住所:台北市中正區新生南路一段160巷22-1號
電話:02-2396-2202
営業時間:水曜~金曜12:00 - 21:00 土、日曜11:00 - 21:00
定休日:月、火曜 
交通:MRT東門駅6番出口から徒歩3分
URL:https://www.facebook.com/nkdfood/

Loading...

▲ページトップへ戻る