2017年3月22日

カフェで楽しむ伝統的な台湾の味わい 溫叨CAFE

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

鐵鍋鹹粥

鐵鍋鹹粥

小農地瓜濃湯

小農地瓜濃湯

焦糖鳳梨嫩雞青醬烤餅

焦糖鳳梨嫩雞青醬烤餅

店内の様子

店内の様子

古早味蘿蔔糕湯

古早味蘿蔔糕湯

 台北で一番大きな大安森林公園のすぐそばにある「溫叨CAFE」は、開店から半年しか経っていないにも関わらず、朝から夜まで人が集まってくる、温かい雰囲気のある場所です。店名にある「溫叨(ウェンダオ)」という読み方は、台湾語では「私の家」という意味になります。その名の通り、「溫叨CAFE」では、家に帰って来たときのような安らぎの時間を過ごせる空間をコンセプトにしています。

 そのため、店内利用の時間制限はなく、予約も不可。50席ほどの店内は半セルフサービス式になっていて、充電用のコンセントや無料wifiも設置されています。ここならではの特徴は、健康的な台湾式の食事メニュー。台湾で採れた新鮮な野菜や果物を中心としたメニューが楽しめます。

 人気メニューである「鐵鍋鹹粥(鉄鍋のお粥+2種の台湾式おかず/160元)」は、一週間のうちに3種類のお粥がローテーションで提供されるので、毎回違った味が楽しめます。今回はわかめと鶏の軟骨のお粥をいただきました。じっくり煮込まれた中華風チキンスープの風味がしっかりと感じられ、食べていると、体がポカポカしてくるのが分かります。お粥は毎日数量限定で、お昼過ぎには完売してしまうこともあるので、お粥が目当ての時は早めに行くのがおすすめですよ。

 「小農地瓜濃湯(さつまいものスープ/95元)」は、台湾産の甘みが強くてキメが細かいさつまいもと人参、じゃがいも、新鮮なミルクのこっくりとした甘みに癒されます。台湾産さつまいもを濃厚なスープでいただけるお店はなかなか見つけられませんよ。

 「焦糖鳳梨嫩鶏青醤烤餅(キャラメルパイナップルとバジルチキンのクリスピーサンド/200元)」は、サクサクの生地にキャラメル煮のパイナップルやりんご、グリルチキン、バジルソースなどがぎっしり挟まれていて、色んな味と食感が楽しめる一品です。果物をたっぷり食べられるのは台湾ならではですよね。

 「古早味蘿蔔糕湯(大根餅スープ/150元)」は、台湾の朝ごはんメニューでお馴染みの大根餅を、鶏肉、きのこ類、もやし、ねぎ、チンゲンサイと一緒に煮た、風味豊かで満足感のあるスープです。

 ドリンクメニューは、コーヒーやラテ以外にも、フルーツジュース、フルーツティーなど豊富にあります。中でも台湾の特色が感じられるのは台湾のお茶、果物を使ったドリンクです。

台茶18號

台茶18號

香檸葡萄籽冰茶

香檸葡萄籽冰茶

 「台茶18號(紅玉紅茶/170元)」は、ミントのようなすっきりとした鼻に抜ける香りが特徴の紅茶です。苦味がないので飲みやすく、一口飲めば他の紅茶との違いがわかりますよ。「香檸葡萄籽冰茶(レモンとぶどうのお茶/110元)」は、台湾中部・彰化の野生のぶどうをふんだんに使っています。すっきりとした飲み心地で女性に人気の一杯です。ぶどうの種のプチプチ感と共に、ぶどうの新鮮な甘さがこの一杯に詰まっています。

 お店のメニューは、台湾風のものだけでなく、パスタやキッシュ、スイーツなど、チョイスが豊富な上、どれもお店のオリジナリティが感じられるものばかりで、子供からお年寄りまで幅広く楽しめ、外国人も多く訪れます。台湾産の新鮮な食材、作った人の温かみを感じる料理、落ち着ける空間で、心身ともにリラックスできますよ。
(記者:駒井里奈)

地図

【溫叨CAFE】
住所:台北市大安區新生南路一段162-164號
電話:02-2341-0018
営業時間:08:00-22:00
定休日:なし
交通:MRT大安森林公園駅1番出口から徒歩5分
URL:https://www.facebook.com/wendaocafe/

Loading...

▲ページトップへ戻る