2017年4月12日

濃厚で自然な甘みと芳醇の香りの有機豆乳 心豆作坊

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

広々とした店内

広々とした店内

ガラス張りで見学できる豆乳を作る様子

ガラス張りで見学できる豆乳を作る様子

葡萄軟法麵包

葡萄軟法麵包

濃豆乳磨砂皂と濃豆乳茶樹皂

濃豆乳磨砂皂と濃豆乳茶樹皂

有機濃豆乳

有機濃豆乳

池上海苔米香と池上紫米米香

池上海苔米香と池上紫米米香

 安和路に位置する「心豆作坊」は、スイーツチェーン店「魏姐包心粉圓」を展開する大手飲食メーカー「圓心圓國際事業」が2016年末に創立した新ブランドのお店です。台湾の農業委員会の310種の農薬に対する検査を通過したロシア産大豆を使用し、日本の製法を用いて、大豆の選定、洗浄、水質チェックを行い、磨り潰し、加熱、温度チェック、濃度チェック後、丁寧に瓶詰めを行います。消泡剤、防腐剤、香料、色素などの余分な物は使わない無添加で、非遺伝子組み換え大豆と水だけを使用し、毎日100%のピュアで天然な濃度9%の有機濃厚豆乳を作っています。砂糖は加えていませんが、とても芳醇な香りで自然の甘みがあります。

 オーナーの魏さんにこのような大豆製品専門店をオープンした経緯を尋ねると、魏さんは大豆の長所をたくさん語ってくれました。大豆はイソフラボン、たんぱく質、レシチン、不飽和脂肪酸、様々な必須元素を豊富に含み、それを取り入れることで健康効果が期待できます。ロシア産大豆は、緯度が高く、寒い気候、冬は地底1.5メートル以上まで凍りつくような環境の中で成長します。このような寒さの中では虫害は生存できないため、自然の有機栽培に大変適した環境を作り出すことができ、更に大豆はこのような厳しい条件の下で成長すると、たんぱく質とレシチンが増し、丸々としたぎっしり詰まった、艶のある黄金色の豆に育ちます。そこに日本の製法で大豆を潰した後、豆乳とおからを分けることなく一緒に加熱した後に濾過することで、より豆乳に栄養素を豊富に残すことができます。

 店内の商品は全て大豆を使用していて、無糖豆乳で作られた「濃豆乳(濃厚豆乳/50元)」は、濃厚な大豆の香りがし、ヘルシーでおいしいんですよ!「葡萄軟法麵包(レーズンパン/35元)」は、牛乳の代わりに有機製法の濃厚豆乳、そして有機小麦粉、天然酵母、レーズンを使っています。パンがとてもしっとりとしていて、冷凍保存して電鍋(台湾で一般的な電気調理器)やオーブンで温めて食べれば、忙しい現代人の生活にもピッタリなヘルシーな食事になります。

素香鬆

素香鬆

オーナーの魏さん

オーナーの魏さん

 「素香鬆(おからふりかけ/150元)」は、おから、玄米粉、グレープシードオイル、砂糖、岩塩、しょう油、海苔、ゴマを使用したふりかけで、トーストに挟んだり、饅頭(中華蒸しパン)や、サンドイッチ、寿司や野菜ロールに加えてもおいしいです。ご飯のお供はもちろん、おやつとしても食べやすいですよ。「濃豆乳磨砂皂/濃豆乳茶樹皂(豆乳石鹸/豆乳茶石鹸/各220元)」は濃厚豆乳、オリーブバージンオイル、スイートアーモンドオイル、ココナッツオイルなどから作った石鹸で、全身に使用できます。美白や肌の保養効果が期待でき、どんな肌タイプの人にも適しています。ティーツリーオイルとスギのエッセンシャルオイルも加えていて、きめ細やかな泡立ちで、とてもよい香りです。店内で唯一豆類を使用していない商品「池上紫米米香/池上海苔米香(ライススナック紫米・海苔/各120元)」は、池上農會(池上農業協会)と提携し、米所「三甲」の米を使用しているお菓子です。紫米は抗酸化機能のあるアントシアニンを豊富に含み、甘味があります。爽やかな味わいで、ほのかな塩味の白米と海苔のテイストは、一度食べたら止まらなくなりますよ!

 「心豆作坊」は、健康的な商品をコンセプトに、子供から大人まで美味しく味わえる商品を販売しています。ガラスに囲まれた豆乳の製作室では、一つ一つの工程をしっかり見ることができ、まるで台北の中心地に出来た小型の観光工場施設のようです。豆乳を入れるガラス瓶の蓋はシリコン製で、密閉機能だけでなく、瓶のペイントや瓶の口が直接触れないようになっています。その他、豆乳の瓶を次回以降に洗って持参すれば、ディスカウントサービスもあります。毎朝10時前なら、豆乳とレーズンパンをセットで購入すれば70元になる朝食用の特別セットもありますよ!
(記者:Stacey)

地図

【心豆作坊】
住所:台北市大安區安和路一段72號
電話:02-2325-6088
営業時間:07:30-21:00
定休日:日曜日
交通:MRT信義安和駅1番出口より徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/soyheart.tw/

Loading...

▲ページトップへ戻る