2017年4月26日

2つの高架下に隠れた美食 橋下大叔

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

キッチン

キッチン

直火紅燒五花肉蓋飯

直火紅燒五花肉蓋飯

醬燒里肌排蓋飯

醬燒里肌排蓋飯

我愛紅娘筆管麵

我愛紅娘筆管麵

 「橋下大叔BRIDGISAN」は、台北市の「新生高架橋」と「市民高架橋」が交わった橋下のちょっと変わった場所にあります。オーナーの徐さんと3人のパートナーによる大胆なアイディアによって、10坪の広さにわずか15席のみという、驚くべき快適なお店を造り上げました。店内で提供される丼物、ペンネ、リゾット、スイーツ、アルコール飲料は全ておすすめメニューで、橋の下を行き交う多くの人を魅了し、わざわざ来店する人も少なくありません。

 徐オーナーと3人のパートナーは去年、複雑な形をした建物を見つけ、すぐさま借りることにしました。新生高架橋に面する1階の壁面を大きなガラス窓に変え、別の入り口には更に大きなガラスを加えました。店内に光が差し込むことで、狭くて長いこじんまりとした空間が大きく見えるようになっています。徐オーナーは「小さなお店でも清潔で明るければ、どんな物でもはっきりと見えてしまいます。キッチンで料理するシェフの笑い声も、お客さんに聞こえてしまうんですよ!」と、笑いながら話してくれました。また、「橋下大叔BRIDGISAN」の看板メニューも全体のおどけた雰囲気とマッチしています。緑色の服を着たキャラクターは、目から目玉焼きに向けてビームを発射しているんですよ!

 店名は「橋下大叔(橋の下のおじさん)」ですが、徐店長とそのパートナーはみな30歳前後の若者です。小さなお店ながら女性客にも大人気で、常にお客の好みの味を探求しています。店内で提供されるお水には淡いキンモクセイウーロンの味が加えられていて、お店の気配りが感じられます。「直火紅燒五花肉蓋飯(直火豚バラの煮込み丼/170元)」は、お碗は小さいながら比較的深いため、ボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになる一品です。豚バラ肉は先に炒めてから煮込み、肉の脂と香りが出てきた後は、脂身が収縮して弾力のある肉質へと変化します。わずかにおこげの香りもして全く飽きが感じられないんですよ。お肉の隣にはうす長くスライスした牛蒡、新鮮な甜菜がトッピングされていて、更に山椒と漬けたコリアンダーが甜菜の土臭さを取り除いています。また、レモン汁で味を調えたあっさりとした大根、きゅうり、バラの香りを含んだマッシュポテトはさっぱりとした口当たりで、控えめな味付けです。「醬燒里肌排蓋飯(照り焼き豚ロース丼/170元)」の豚ロースは、真空調理法(豚肉をビニール袋などに入れて空気を抜き、お湯につける調理法)によって2時間かけて調理しています。肉質は柔らかく身が引き締まっていて、上に掛けられたソースは丁度いい甘辛さですよ。「蛋白霜檸檬塔(メレンゲレモンタルト/120元)」の上層には濃厚なイタリア式メレンゲが合わせてあります。中層には野いちごとラズベリーの餡が、更にオレンジリキュールが加えられていて、深みのある口当たりが感じられますよ。

松露白醬香菇燉飯與帕瑪森

松露白醬香菇燉飯與帕瑪森

蛋白霜檸檬塔

蛋白霜檸檬塔

 夜21時以降はバーへと変わり、メイン料理はおつまみとなります。「我愛紅娘筆管麵(仲人はペンネが大好き/170元)」は、ペンネ、豚ロース、削ったパルメザンチーズが使用されていて、見た目は洋食のようですが、食べてみると熱炒(炒め物)のような感じがします。というのは、トマトソース、中華式激辛ソース、セロリソースがもたらす、中華と西洋がマッチした風味からのものなんですよ。「松露白醬香菇燉飯與帕瑪森(トリュフときのこのホワイトソースリゾットとパルメザンチーズ/170元)」は、中華式チャーハンの作り方で、一晩おいたご飯を自家製のホワイトソースで煮て、香り豊かなトリュフで味を引き立てています。更にパルメザンチーズが塩気を加えています。

 近隣に華山エリア、三創エリアがある「橋下大叔」は、独自のスタイルを持っていて、型にはまらないスタンスが台北市における多くの忙しいサラリーマンたちを魅了し、彼らに斬新さを与えています。頭の中や心までリラックスできる「橋下大叔」にぜひ一度足を運んでみてくださいね。
(記者:Stacey)

地図

【橋下大叔BRIDGISAN】
住所:台北市新生北路一段62巷16號
電話:02-2567-8904
営業時間:ランチタイム:11:30 - 14:00 ディナータイム:18:00 - 21:00 バータイム:21:00 - 23:00
定休日:水曜日
交通:MRT忠孝新生駅2番出口から徒歩約10分
URL:https://www.facebook.com/bridgisan/

Loading...

▲ページトップへ戻る