2017年6月1日

台湾のエッセンスを加えた絶品雲南料理 雲之南

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

檸檬鱈斑魚

檸檬鱈斑魚

雲式山豬肉粑粑絲(右)と雲式牛肉麵(左)

雲式山豬肉粑粑絲(右)と雲式牛肉麵(左)

雲式生牛肉河粉

雲式生牛肉河粉

雲南伝統衣装を飾った店内

雲南伝統衣装を飾った店内

雲式大薄片(前)と雲式涼拌皮蛋(後)

雲式大薄片(前)と雲式涼拌皮蛋(後)

 MRT六張犁駅周辺は静かな住宅地で、賑やかな市中心部とはまた違った風格があります。このエリアのシンボルでもある台北香格里拉遠東国際大飯からほど近くの路地裏に、本格的な雲南料理が楽しめるレストラン「雲之南」があります。

 雲南省は、中国大陸の南西部に位置し、ベトナムやラオス、ミャンマーとの国境に接しています。オーナーの奥さんは雲南出身で、雲南伝統の味を台湾の人にも伝えたいと2014年に雲之南をオープン。台湾料理のエッセンスも取り入れたオリジナルの雲南料理を作り上げています。店内にはカメラが趣味というオーナーが雲南で撮影した写真や、民族衣装が飾られ、スタッフもカラフルな伝統衣装を身に纏い、台北にいながらも本場雲南の雰囲気を感じることができます。

 酸味や辛みが特徴の雲南料理を堪能できる前菜メニューはぜひ注文してみましょう。「雲式大薄片(薄切り豚肉の雲南風和え物/220元)」は、さっぱりとした特製ソースで薄切りの豚肉を和えています。皮まで使った豚肉はコリコリとした食感がたまらなく、コラーゲンもたっぷりですよ!

 「雲式涼拌皮蛋(ピータンの雲南風和え物/180元)」はたっぷりの玉ねぎスライスが添えられ、皮蛋の独特な香りをやわらげています。「秘製泡蘿蔔(大根の漬物/60元)」は、雲南料理の特徴の一つでもある花椒をたっぷりきかせたピリ辛な味わいが新鮮です。

 「雲式豌豆腐(エンドウ豆の豆腐/120元)」は、繋ぎの片栗粉などを使わず、エンドウ豆100%で作られた濃厚な味わいです。滑らかでまったりとした食感は驚きですよ!前菜メニューはどれも胡麻やナッツがたっぷりトッピングされ、香ばしく爽やかな口当たりで、食事の箸休めにもぴったりです。

 お店のイチオシメニュー「檸檬鱈斑魚(バサのレモン煮/560元)」は、雲南やベトナムでよく食べられる白身の淡水魚バサを使用しています。新鮮なレモン果汁をたっぷり使用した、ほどよい酸味のさわやかなソースが肉厚なバサとよく合います。一度食べたら虜になってしまう人も多く、秘伝のレモンソースは、魚を食べ終わったソースだけでも持って帰りたいという人もいるほどだそうですよ!この料理は準備に時間がかかるため、予約がオススメです。

 「雲式山豬肉粑粑絲(イノシシ肉と汁無雲南式米麺/220元)」は、雲南伝統料理「粑粑」というライスペーパーを刻んで麺風にした料理。カリカリにグリルしたイノシシ肉がジューシーで、ほどよい塩加減がもっちりとした粑粑の麺とよく合います。店内のソースコーナーからお好みのソースを足して食べるのもオススメです。「雲式牛肉麵(雲南式牛肉麺/220元)」も麺に粑粑を使用しています。豆板醤をきかせたピリ辛のスープが麺にしっかり絡み、さらにもちもちした食感になっています。

 お店を訪れる人の70%がオーダーするという「雲式麻辣豬肉米線(豚肉入り辛味スープの米細麺/220元)」も、見逃せない一品。雲南料理の特徴、花椒をたっぷりきかせた麻辣スープは、スーッと鼻に香りが抜け、ピリリとしびれる辛さがやみつきになります。ツルリとした丸みのある米麺も喉ごしがよくスープと相性ばっちりです。

秘製泡蘿蔔(前)と雲式豌豆腐(後)

秘製泡蘿蔔(前)と雲式豌豆腐(後)

雲式麻辣牛肉米線

雲式麻辣牛肉米線

 辛いものが苦手な人には「雲式生牛肉河粉(雲南式牛肉フォー/180元)」 がオススメ。コクのあるスープに平たい米麺のフォーを合わせています。モチモチのフォーがしっかりスープを吸い込んで味わい深く、お好みで添えられたレモンや魚醤を加えると味の変化も楽しめます。トッピングの牛肉は、熱々のスープでサッと湯通ししているので、柔らかくジューシーですよ。

 雲南料理はあまり馴染みがないものですが、絶妙なスパイス使いと後引く酸味、辛みが一度食べると忘れられません。さらに台湾の要素を加えた雲南料理は、ここでしか味わえないオリジナルです。ぜひ、雲之南を訪れて、特別な雲南料理を満喫してみてくださいね。
(記者:Mikiko)

地図

【雲之南】
住所:台北市大安區安和路二段184巷8號
電話:02-2737-1116
営業時間:11:30-14:45、17:30-21:30
定休日:月曜
交通:MRT六張犁駅から徒歩8分
URL:http://www.yunzhinan.com.tw/

Loading...

▲ページトップへ戻る