2017年6月15日

台北で豚足と言えばココ! 老牌張豬腳飯

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

お店の外観

お店の外観

蹄膀と白飯加滷汁

蹄膀と白飯加滷汁

中段と白飯加滷汁

中段と白飯加滷汁

竹筍湯と味噌湯

竹筍湯と味噌湯

お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

 MRT大橋頭駅1番出口から北へ徒歩約10分、台湾でおなじみの光景のバイク修理店を幾つも通り過ぎると、そこにはトロトロの豚足でお馴染みの「老牌張豬腳飯 」があります。オーナーは一代で20数年かけ秘伝のタレを考案し、現在は2代目と共にお店を切り盛りしています。

 お肉は市場から当日の朝に絞めた新鮮なものを仕入れ、時間をかけてゆっくりゆっくりと煮込み、トロトロのお肉へとなるように心を込めて仕込んでいます。以前は、同じ場所で屋台のような営業スタイルで味のある雰囲気を持っていましたが、最近、店舗をリニューアルし衛生的にも外観的にも良くなりました。

 注文はお店の外のカウンターで先に行い、店内で料理を受け取りるセルフスタイルになっています。店内は狭いため席を先に取る事は禁止となっており、また販売しているお弁当もこちらでは食べることが出来ないのでご注意くださいね。

 一押しメニューは「中段(豚のくるぶし /100元)」「腳蹄(豚のひづめ /100元)」「蹄膀(豚のモモ/量り売り)」」です。見た目からは想像できないような濃くも薄くもない絶妙なバランス感覚を持った味付けは、ご飯のお供としては最高級のパートナーで、ライスは「白飯(小10元・大20元)」と「白飯加滷汁(煮込んだタレをかけたライス/小10元・大20元)」の2種類から選ぶことができます。

 サイドメニューも充実したラインナップで、「高麗菜(キャベツ炒め/小30元・大40元)」」や「筍絲(煮込みメンマ/小30元・大40元)」「豬皮(豚の皮/20元)」「滷豆腐(煮込み揚げ豆腐/10元)」「滷蛋(煮卵/10元)」などがあります。スープは「味噌湯(味噌汁/20元)」「竹筍湯(たけのこスープ30元)」の2種類です。

腳蹄

腳蹄

高麗菜と筍絲と滷豆腐

高麗菜と筍絲と滷豆腐

 また、唐辛子入り特製醤油が用意されていて、一垂れ掛けると豚足の味を更に奥深いものへと昇華しますのでぜひおすすめですよ。

 今日も地元民のみならず、様々な場所から、コラーゲンたっぷりの腳蹄(ひづめ)や、人気メニューのモモ肉を求めて訪れるお客が絶えません。食後は回収カウンターに食器を返却してお腹が幸せで満たされたら、MRT駅まで10分程の散歩をして帰ると、美味しく食べ過ぎてしまった体には丁度いい運動になるかもしれませんね。
(記者:Suzuki)

地図

【老牌張豬腳飯】
住所:台北市大同區民族西路296號
電話:02-2597-2519
営業時間:11:00〜20:30
定休日:月曜
交通:MRT大橋頭駅1番出口から徒歩約10分
URL:https://www.facebook.com/laopaichang/

Loading...

▲ページトップへ戻る