2017年6月27日

雨の日も気分が朗らかになるホテル OrigInn Space

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

1階の雑貨店

1階の雑貨店

1階の雑貨店

1階の雑貨店

黑咖啡

黑咖啡

冰拿鐵

冰拿鐵

「2階左」客室

「2階左」客室

「3階後方」客室

「3階後方」客室

 近年、大稲埕は大きな変化を遂げました。南京西路上に位置するタウンハウス建築の「六館街尾洋式店屋」は、2008年文化局によって歴史的建造物とされた後、数年に渡って修復作業が行われ、中でも247号の「OrigInn Space」は、3年かけてホテル経営資格を取得しました。1階はカフェ及び雑貨店を経営し、2階、3階はそれぞれ2つの客室があります。どの客室もテレビはありませんが、異なるスタイルのクラシックなレコードプレーヤーが設置されています。棟全体が台北で最も小さなホテルと言われていますが、歴史的建造物が初めてモダンなホテルへと姿を変えた建物なのです。

 「OrigInn Space」のオーナーのハーヴィーさん、ウィリーさん、ジーンさんの3人は若者ですが、古い文化資産の中に新しい視野を発見しました。1階のスペースには、8人が座れる古い建物の門板台湾檜木大テーブルがあり、まるで自宅のリビングルームのようなんですよ。「OrigInn Space」を訪れたら、日本人の伊藤篤臣さんが手掛けるコーヒー豆で製作した「黑咖啡(ブラックコーヒー/100元)」、もしくはアイスミルクを直接プレスしクリームにした「冰拿鐵(アイスラテ/150元)」をオーダーしてみてくださいね。どちらを飲んでもとてもリラックスした時間を過ごすことができますよ。1階ではスウェーデンのリサ・ラーソン(Lisa Larson)の面白い動物の陶器や、公平貿易グループのガーナ産手作り編みカゴ、南アフリカズールーの手作りレース編みドイリー、台湾(bi du haev)の手作りコーヒースタンドが販売されています。オーナーが厳選した商品は、いずれも個性があふれています。

 昔懐かしい雰囲気に魅了されながら階段を上へと上っていくと、「2階右側(一晩2,880元)」の客室があります。この客室の初めてのゲストは、日本人画家の家末吉陽子さんで、昨年台北でアート展を開催した際に宿泊した部屋なのだそうです。この客室は多面に木の窓があって、窓枠の鉄格子はレトロで優雅な雰囲気が保たれています。客室内にはデンマーク産フロアランプ、グラスグリーン色の二人掛けソファー、インドネシア産の古い椅子とテーブルが置かれ、全体的に明るく暖かみがある客室です。「2階左側(一晩2,880元)」の客室にはレコードプレーヤーに2台のスピーカーが設置されてあります。この部屋は一つの木の窓があるだけですが、デンマーク産のシングルソファーに合わせた黄色の絨毯が、いきいきと明るい雰囲気をもたらしています。2階には2つの独立したトイレと共同のシャワールームがあります。古い部屋だからこそ見られる天井エリアもあるんですよ。

どの部屋もレコードプレーヤーが備えられています

どの部屋もレコードプレーヤーが
備えられています

「3階後方」スイートレトロな浴室

「3階後方」スイートレトロな浴室

 「3階前方(一晩4,280元)」の客室は、高さ約7メートル、10坪の大きな空間が広がっていて、日本人画家の小川奈穂さんが宿泊したことのある客室なのだそうですよ。ダブルベッドの他、デンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナー(Has J Wenger)さん製作の古いソファーベッドがあります。このソファーは1963年に製作された見た目も鮮やかなロイヤルブルーのソファーで、約50万台湾元ほどもするそうです。以前、ある一組の日本人夫婦が宿泊したとき、外は雨が降っていたため、ほんの遊び心で、客室内にある1964年ドイツ製のレコードプレーヤーを開け、ゆったりとしたクラシック音楽をかけたそうです。その音楽は、屋根から下へとしたたり落ちる雨だれとよく合い、オーダーしたコーヒーを手に取り、窓外の雨の風景を見ていたところ、とても心地良い気持ちになったそうです。その後も滞在した数日間は客室で快適に過ごせたため、離れ難くなったというエピソードがあるんですよ。「3階後方(一晩3,880元)」の客室も高い天井があり、窓はありませんが、ホテル内で唯一のスイートルームです。浴室には台南七股のバスソルトと漢方薬がミックスされたパックが用意されていて、テラゾー(人造大理石)で作られたバスタブでゆったりとリラックスすることができますよ。

 大改装した「OrigInn Space」は、どこをとっても驚きにあふれていて、歴史の雰囲気を留めながら、モダンで美しいライフスタイルの一面も持ち合わせているんですよ。
(記者:Stacey)

地図

【OrigInn Space】
住所:台北市大同區南京西路247號
電話:02-2558-8843
営業時間:1階のカフェ雑貨店11:00-19:00 2、3階の宿泊施設:24時間
定休日:無し
交通:MRT北門駅3番出口から徒歩約5分
URL:https://www.facebook.com/OrigInnSpace/

Loading...

▲ページトップへ戻る