2017年7月7日

ピリ辛牛肉麺はいかが 小林牛肉麺

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

牛肉麺

牛肉麺

水餃子

水餃子

湯餃

湯餃

獅子頭

獅子頭

 台中市内から少し離れた北エリアは、最近たくさんの美味しいグルメが誕生しています。その中でもグルメの激戦区と言われている北平路には、細長い路上に様々なお店がひしめき合っています。今回ご紹介するのは、たくさんのメディアも訪れ、夜には「賣完了!(売り切れだよ!)」と言われてしまうほどの人気店「小林牛肉麺」です。週末は開店と同時にひっきりなしにお客がやってきます。しかし、賑やかな店内で、美味しいグルメをいただくのも、ご当地の様子を垣間見ることができて面白いですよ。

 店内は歴史を感じさせる古い作りで、壁にはお店を訪れた芸能人のサインがたくさん掛けられています。座席数は多くありませんが、店内に入るとオーナーが開いている席へと案内してくれます。週末はお客が多いため、相席になることもありますので、平日訪れると比較的ゆっくりと食べれるのだそうです。

 お店のおすすめは何と言っても牛肉麺です。各店によって味や麺の太さも様々ですが、「小林牛肉麺」の「牛肉麺(牛肉麵/100元)」は、塩気のあるピリ辛のスープが特徴です。甘いスープを想像している人はびっくりするかもしれません。もし、小辣を頼んだら更に辛さがアップしてしまいますので、辛いのが苦手な人は注意してくださいね。麺は太麺が使用されていて、弾力もあり、スープとよく絡みあっています。また、とても柔らかな台湾産牛肉が惜しみなくトッピングされていて、ボリュームたっぷりなんですよ。

 続いてのおすすめは「水餃(水餃子/1個5元)」です。水餃子もお店によっては八角の味が強かったりと様々ですが、「小林牛肉麺」は八角の味がほとんどせず、逆にニラがたっぷりと包まれています。豚肉の臭みも感じられず、皮は弾力があって、噛めば噛むほど生地本来の塩気が感じられますよ。中を開くと肉汁もたっぷりと出てくるとても美味しい水餃子です。この水餃子にスープを加えたメニューが「湯餃(餃子スープ/80元)」です。台湾人はこの水餃子とスープの組み合わせが大好きで、よくオーダーするメニューの一つなのだそうです。水餃子を食べながらスープを飲むので、これだけでお腹いっぱいになりますよ。スープは牛肉麺ほど辛くなく、まろやかな口当たりです。しかし、やはりピリ辛感がありますので、辛いのが苦手な人は水餃子のみをオーダーすることをおすすめします。

 「獅子頭(肉団子/1個30元)」も人気メニューの一つです。獅子頭は肉団子のことで、「小林牛肉麺」の獅子頭は弾力があるというよりも、比較的軟らかいのが特徴です。食べてみると肉の臭みは全くなく、たっぷり肉汁が口の中に広がります。夜には売り切れてしまうので、もし食べれたならとてもラッキーなんですよ!

小菜

小菜

小菜エリア

小菜エリア

 「小林牛肉麺」では滷味も逃せません。滷味は店頭に並んでいて、オーダーした後、切ってテーブルに運んできてくれます。今回オーダーしたのは、「滷味(台湾風煮込み/90元)」豬皮(ミミガー)、滷蛋(煮卵)、豆干絲(干し豆腐のスライス)、滷豆干(干し豆腐の煮込み)の4種類でした。どれも味がよく染み込んでいて、豬皮はこりっとした食感がたまりません。セルフサービスのオリジナル唐辛子入りタレをつけていただくと、更に味が引き締まり、また違った刺激が感じられます。台湾の滷味が大好きな人はぜひオーダーしてみてくださいね。

 台湾ご当地の雰囲気がいっぱいで、気さくなオーナーの「小林牛肉麺」で、ぜひ美味しいグルメを堪能し、食べ終わった後はハッピーな気分のまま、台中の旅を楽しんでくださいね。
(記者:Saori)

地図

【小林牛肉麵】
住所:台中市北平路3段75號之1
電話:04-2231-7077
営業時間:11:30から売り切れまで
定休日:毎週月曜日と10日、20日、30日
交通:台湾鉄道台中駅からタクシーで約20分

Loading...

▲ページトップへ戻る