2017年7月13日

原住民の流行文化を身につけよう 花生騷

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

携帯ケース

携帯ケース

貓頭鷹經典T恤

貓頭鷹經典T恤

圖騰T恤

圖騰T恤

黑熊與石虎T恤

黑熊與石虎T恤

飛魚上衣

飛魚上衣

 台湾で現在認定されている原住民は合わせて16民族と258の部落があります。台北大稻埕にある「花生騷」は、原住民が作り出すブランド専門のお店で、フクロウや台湾ツキノワグマ、カンムリワシ、ベンガルヤマネコ、トビウオなどがデザインされた衣類やズボン、ジャケット、アクセサリー、文房具など様々な商品が販売されています。「花生騷」では、原住民が愛する美しい森林と海洋の物語を一つ一つ伝えているんですよ。

 「花生騷」のオーナーであるデルラさんは、タロコ族の母親と外省人の父親との間に生まれ、祖父からデルラバーズ・ソウ(Derlabers Saw)という名が与えられたそうです。オーナーがブランドを作り出した当時、名字のDerlabers(タロコ語で落花生という意味)に、語尾のSaw(同音の騷)を加えて、「花生騷」というブランド名にしました。また、「花生騷」は広東語で発音すると、英語の「Fashion Show」という響きに似ていて、おしゃれなブランドとしてもピッタリなんですよ。

 「花生騷」のデザイナーであるウッズさんはデルラさんとは大学時代の友人で、原住民ではありませんが、同様にイラストに情熱を注ぎ、更に原住民の物事に対して鋭敏な心を持っています。2011年に成立し、2013年にオープンしたお店は、最初は「貓頭鷹(フクロウ)」と「口袋森林(森のポケット)」の2つのシリーズしかありませんでした。「貓頭鷹」シリーズは、ブランドとしても大好評で、タロコ族、アミ族、ブヌン族、セデック族にとって、希望と誕生を表しています。お薦めの「貓頭鷹經典T恤(フクロウクラシックTシャツ/880元)」は、男女兼用で快適な着心地なんですよ。「口袋森林」シリーズは、タロコ族崇德村達吉利部落付近にある樹齢100年のアカギからヒントを得て作られています。樹齢100年という古い樹は、今ではSNSでチェックイン必須の場所となっているんですよ。「口袋系列經典T恤(ポケットシリーズクラシックTシャツ/680元)」には、左胸に特別にデザインしたタロコ族のトーテムをつけた小さなポケットがあり、ポケットの上には樹齢100年のアカギが伸びていて、この服を着た人はみな森林保護者となるんだそうですよ。

 「貓頭鷹」シリーズだけでなく、更に森林系動物商品の販売も開始しました。森林の猛者「黑熊」を使用した理由も、「黑熊」が各部落の動物を引き連れて森林で一緒に生活し、些細な争いを除いては、お互いに敵視や不満に思うことなどなく、森林はみんなの共有、共同の守るべき家としての意味があるからなんだそうです。友情を代表する「石虎」は、物語の中の可愛い脇役です。多くの人が保育問題に重視するよう呼びかけています。「黑熊T恤(台湾ツキノワグマTシャツ/880元)」や「石虎T恤(ベンガルヤマネコTシャツ/880元)」を購入すると、お店では価格の10%を台湾ツキノワグマ協会とベンガルヤマネコ基金に寄付することになっているんですよ。

月桃T恤

月桃T恤

オーナーのデルラさんとデザイナーのウッズさん

オーナーのデルラさんと
デザイナーのウッズさん

 2017年の夏は海洋シリーズをおすすめしています。蘭嶼タオ族による「飛魚上衣(トビウオウェア・ベスト/790元、Tシャツ/880元)」は、生命力、感謝、そして祝福の意味が表現されていて、自然環境に対する尊敬と永遠の生態への希望が込められています。また、艶やかで大きな緑色の葉をしたモルセラリーブスとシトラスの「月桃T恤(月桃Tシャツ/1280元)」は、島国の情熱と活力が映し出されているんですよ。

 原住民の流行ブランドとなった「花生騷」の商品は、見た目はオシャレでも原住民のスタイルは失われていません。美しさをもたらすデザインと斬新なアイディア、更に衣服のある部分に原住民トーテムが表現されています。また、衣服のタグにはタロコ族フクロウの目を現す菱形が用いられ、リュックのデザインとして今流行のバケットリュックが採用されるなど、グローバルながらも、一つ一つの商品に原住民の唯一無二の魅力があふれているんですよ。
(記者:Stacey)

地図

【花生騷】
住所:台北市大同區南京西路346-1號
電話:02-2559-5312
営業時間:平日:11:00-20:00 土日:10:00-19:00
定休日:無し
交通:MRT北門駅2番出口から徒歩約8分
URL:https://www.facebook.com/wasangshow/
URL:http://www.wasangshow.com

Loading...

▲ページトップへ戻る