2017年8月1日

古アパートでいただくほっこりスイーツ 三層甜點工作室

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

2階のイートインエリア

2階のイートインエリア

檸檬糖霜

檸檬糖霜

紅春麥酒

紅春麥酒

お店の入り口

お店の入り口

店内のカウンター

店内のカウンター

 MRT南京復興駅の近くにある小さな公園を通り抜けて静かな路地裏に入ると古いアパートにひっそりとオレンジ色のネオン看板が見えます。ここがスイーツショップ「三層甜點工作室」です。庭を抜けると、店先で猫がのんびりと寝転んでいて、その奥に入り口があります。この猫は、元々隣近所のみんなで世話をしていた野良猫で、この辺りの人たちにとてもよくなついているのだそう。「三層甜點工作室」でもまるで自分の家のようにくつろいでいます。

 「三層甜點工作室」は2016年7月にオープンし、2017年5月にここに移転しました。台北の古い三階建てのアパートで、レトロな窓枠やタイルに、青々とした観葉植物や鉢花が飾ってあり、白を基調とした店内は明るく、清々しい気分でスイーツを堪能することができます。

 オーナーはまだ若い90年代生まれの女性で、お店のイメージは静かで温かい雰囲気です。学生時代にカフェで働いていた時からスイーツへ情熱を注ぎ、様々なオリジナルスイーツを試行錯誤で作り出してきました。またビジネス重視の雰囲気から離れ、まるで友達の家に来たかのような、リラックスできて、穏やかな気持ちでスイーツを楽しめる場所を提供したいと考えていたそうです。

 1階はいくつかのテーブルとキッチンがあり、アパートの古い階段を上った2階には広々としたイートインエリアが広がっています。国内外の文芸雑誌などが置かれ、スイーツを楽しみながらゆっくりと読書もできます。白を基調とした高い天井の空間には、様々なデザインのテーブルセットが置かれ、座る席によって気分も変わります。最低消費は一人1ドリンクで、ショーケースの中から選ぶことができる日替わりのスイーツもあります。ドリンクはアルコール類もあり、さらに今後はキッシュやサラダも増やしていきたいとのことです。

 スイーツは添加物を加えず、ピュアな食材のみで作られています。「檸檬糖霜(レモンパウンドケーキ/120元)」は、レモンの香りがいっぱいに広がり、とても柔らかく、上には粒粒感を残したシュガーアイシングがかかっています。パウンドケーキと一緒に頬張るとスーッと溶け、酸味と甘みのバランスがよく、さわやかな味わいは夏にピッタリですよ!

 人気メニューの「蘭姆生乳酪(ラムチーズケーキ/140元)」は、毎日固定の定番スイーツで、化学成分は一切加えず、冷蔵庫で冷やし固めて作ります。濃厚なチーズの香りにラム酒の香りが加わり、レーズンを入れて深い味わいの層を生み出しています。ラム酒の香りが濃厚なチーズをあっさりと仕上げ、一緒にビールを合わせれば、麦の香りがさわやかで、想像以上のおいしさにびっくりしますよ!

蘭姆生乳酪

蘭姆生乳酪

紅茶歐蕾

紅茶歐蕾

 台湾の「禾餘酒」ブランドのビールは、台湾の若い世代の新しいアイデアで作り上げられたもので、どれもオシャレで、サブカル的な要素も取り入れたパッケージが若者に人気です。台湾風味も濃厚で、「紅春麥酒(赤麦ビール/180元)」は硬紅春小麥(Hard red spring wheat )という種類の台湾産の麦と焙煎した麦を使ったビールです。芳醇で喉ごしがよいビールですよ!

 アルコール以外にもケーキにピッタリな「紅茶歐蕾(ミルクティー/160元)」はアッサム茶とミルクを煮詰めて作ります。お茶の濃い香りが口いっぱいに広がり、ミルキーな味わいと丁度良く合わさっています。ケーキと合わせれば、食べる手が止まらなくなるほどのハーモニーです。

 お店のメニューは毎日日替わりで、季節限定のケーキもあります。夏は爽やかな味わいのケーキ、冬はキャラメル味や温めて食べるケーキなども登場します。毎回どんなケーキがあるかワクワクして、次はどんなテイストのケーキに出会えるか楽しみな気分にさせてくれます。ぜひ「三層甜點工作室」を訪れて、美しい空間の中で自分の時間を楽しみ、オーナー特製のおいしいケーキを味わってみてください!
(記者:Sunny)

地図

【三層甜點工作室】
住所:台北市中山區龍江路149巷3-3號
営業時間:13:00–22:00
定休日:水曜
交通:MRT南京復興駅1番出口から徒歩5分
URL:https://zh-tw.facebook.com/mittsumedesserts/

Loading...

▲ページトップへ戻る