2017年8月3日

桃園の中心となる人気スポット 桃園火車站

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
桃園駅新駅の出口

桃園駅新駅の出口

以前の桃園駅

以前の桃園駅

小型展示場となった以前のプラットホーム

小型展示場となった以前のプラットホーム

新駅構内のショップ

新駅構内のショップ

YouBike(レンタサイクル)

YouBike(レンタサイクル)

ATT筷食尚

ATT筷食尚

桃園客運、中壢客運バスターミナル

桃園客運、中壢客運バスターミナル

 桃園市は近年、交通整備と都市の企画化が進んでおり、それぞれのエリアに位置する都市の発展や、地方の村との距離が縮まり、徐々に新しい展望を遂げています。桃園市の重要な交通起点となった「桃園火車站」は、更なる交通の立体化のため工事を開始し、2015年7月に跨站式車站(線路上方にチケット売り場や施設を設置した2階建ての構造)を起用した「桃園火車站新站(桃園駅新駅)」が誕生しました。そして以前の駅は53年の歳月をかけて正式にその名を刻むこととなりました。

 以前の「桃園火車站」は、駅前のロータリーに位置し、高速バスの運行量としては台湾で2番目の大きさを誇っていて、駅前にはショッピングモールや桃園客運(桃園バス)、中壢客運(中壢バス)などの高速バスが網羅した中心地でした。駅は1893年の清代時期に建設されたもので、当時は「桃仔園停車場(桃仔園駐車場)」と呼ばれていました。1905年の日本統治時代になると、木造の駅が建設され、名称は「桃園驛」へと変更され、1962年にはコンクリート建築を採用した現在の新駅が誕生しました。

 以前使用されていた線路は既に全てが撤去されましたが、駅構内には、至るところにチケット売り場、チケット券売機、小さな売店など、もともとの構造がそのまま残されていています。候車廣場(待合広場)のスペースは、観光客の休憩エリアとして提供されています。また、列車が出入りする以前のプラットホームは、アートとの融合をはかり、「桃園火車站藝術月台(桃園駅芸術プラットホーム)」と姿を変えました。2017年1月3月までは「全國春聯書法比賽首獎作品展(全国春聯書道コンテストグランプリ作品展)」が、7月にはベトナム、インドネシア、フィリピン、タイの4ヵ国による「四國婚禮文化展(4ヵ国ウェディング文化展)」が催されていました。

 以前の駅のすぐそばに位置する「桃園火車站新站」は、地元人の重要な交通要素だけでなく、新駅と旧駅との連結を図っています。新駅には合わせて3つの出口があって、前方にある以前の駅の出口は「藝術月台」へ直通しています。駅の大きなロビーには、セブンイレブンやスターバックスなどのあり、チケット売り場のそばには「台鐵便當(台鉄弁当)」を販売しているんですよ。チケット券売機、一般車種自動券売機、指定車種自動券売機などは、悠遊卡(Easy Card)、一卡通などのICカードを使用して駅構内へ入ることができます。また、旅行客が使用できるようにと、以前の駅のロータリーにもたくさんのYouBike(レンタサイクル)が設置されているんですよ。

遠東デパート

遠東デパート

ネイルサロンの看板

ネイルサロンの看板

 「桃園火車站新站」の駅前には、遠東百貨(遠東デパート)、新光三越(三越)、NOVA資訊廣場などの大型店が進出しています。2017年5月に正式にオープンした「ATT筷食尚」は、桃園エリアに新しい消費現象をもたらしました。その特色として、1階にはテイクアウト店を採用し、向かいに位置する駅、桃園客運、中壢客運など、バスに乗車する旅行客に便利さとスピーディーな買い物ができる環境を提供しています。この他にも、駅付近には地元で大人気のネイルサロンの大きな看板や、静かな路地裏内には桃園エリアにあるお店のサイトにアクセスできる「享巷咖啡廳」、そして独特のスタイルを持つ書店などがあるんですよ。

 路地裏や街角には、たくさんの興味深く、そして特別なお店が隠れています。ぜひ桃園を訪れて、桃園ご当地のライフスタイルをぜひ発掘してみてくださいね。
(記者:Carola)

地図

【桃園火車站 新站】
住所:桃園市桃園區中正路1號
電話:03-3767050(06:00~24:00)
営業時間:始発と終電時間による
定休日:無し
交通:台湾鉄道桃園駅下車すぐ
URL:http://www.railway.gov.tw/jp/index.aspx
URL:http://www.railway.gov.tw/Taoyuan/index.aspx

Loading...

▲ページトップへ戻る