2017年8月10日

台湾で最長の書店街が誕生 誠品R79

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
雙連駅入り口

雙連駅入り口

異国スタイルの書店街

異国スタイルの書店街

誠品音樂館

誠品音樂館

爐鍋咖啡

爐鍋咖啡

様々な主題の書籍

様々な主題の書籍

誠品生活文創平台expo

誠品生活文創平台expo

新クリエーターのブランド商品

新クリエーターのブランド商品

 MRT雙連駅と中山駅を結ぶ地下街は、誠品グループによってリニューアルされ、中山地下書店街「誠品R79」へと生まれ変わりました。2017年7月15日よりプレオープンし、8月7日に正式オープンしました。中山地下街の二つの出口番号R7とR9から名付けられた「誠品R79」は、読者を招き、MRT雙連駅と中山駅間を地下探索の場として展開しています。

 中山駅から入る「誠品R79」は、ヨーロッパ文芸復興スタイルを打ち出したストリートビュー及びアーチデザインを採用しています。まるで異国の街に身を置いているかのようで、多くの探究心をそそられることでしょう。店内はヒューマニズム、文学、ビジネス、アート、ライフスタイルの5つに分類されていて、様々な書籍が取り揃っています。その他、台湾ご当地文化をメインとし、台湾語、東南アジア言語系学習エリアもあります。特にお薦めなのが「地下閱讀職人選(地下読者のお薦め本)」で、21人の誠品読者がお薦めする愛読書を紹介しています。

 近くには以前「打鐵一條街」という名だった赤峰街があり、「誠品R79」もまた、新と旧の文化が融合した、伝統と革新の地を創り出しています。「地下・閱讀・丰聚落(地下・読書・豊かな集落)」をモットーに、周遭街エリアに集まる文芸スタイルと連結することで、街との友好を図る一大特色を展開しています。例えば、50数年の歴史を持つ老舗「日星鑄字行」と「一間印刷行」、そして「PAPERWORK紙本作業」「字田.活印盒」などが書店街の「惜字會社」へ進出しています。微型活版實驗室(ミニ活版実験室)をコンセプトとして、定期的に読者を招いて、活版印刷100種の遊び方を体験させてくれるクラスを開設しています。旅行客は、地元の伝統である印刷産業の歴史に理解を深めることができますよ。

 また、迪化街で大人気の「爐鍋咖琲」も進出していて、自家焙煎したコーヒーの香りが漂っています。更に、マイケルジャクソン、李宗盛から中森明菜まで、黄金時代を築いた台湾、及びアジアと西洋の大スターが収録されたレコード「80黃金年代復古懷舊唱片行(80年黄金時代のレトロレコード)」にも出会えます。台湾では他で目にすることができないので必見ですよ。

台北読書の秘密基地

台北読書の秘密基地

惜字會社

惜字會社

 新世代のアイディアを代表する「誠品生活文創平台expo」では、ブランド店が進出していて、365日間、台湾の新鋭クリエーターが独自のブランドを展開しています。この他にも、非主流文化に注目した「邊緣市集」、手作りデザインブランド「艸頭黃(Cou Tou Huang)」「有空 5min」、そして台湾茶を紹介する「品茶集(Pinchajii Tea House)」など、台湾のオリジナリティーあふれるブランドが書店街に集まっていて、この地下街に様々なスタイルをもたらしています。

 300メートルに及ぶ書店街は、一年で100以上のイベントを予定しています。地下街に留まらず、公共道路上でも不定期にアートショーが、また、各大手出版社がコラボした「藝文沙龍」及び親子が大好きな物語イベントなどが開催されます。

 この地下街ではいつ通っても、台北文化の情熱を感じることができますよ。台北読書の旅はぜひ「誠品R79」から出発してくださいね!
(記者:Elisa)

地図

【誠品R79】
住所:台北市大同區南京西路16號B1中山地下街B1-B48號店鋪
電話:02-2563-9818
営業時間:10:00-22:00
定休日:無し
交通:MRT雙連駅と中山駅から直通 
URL:https://www.instagram.com/eslite_underground.r79/

Loading...

▲ページトップへ戻る