2017年8月17日

クールな見た目に真心を込めた麻辣鍋 鼎太極麻辣鍋

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

四神獸鼎鍋と太極鍋紅湯、白湯

四神獸鼎鍋と太極鍋紅湯、白湯

女神火焰肉

女神火焰肉

金牌玉米

金牌玉米

雲霧手摘碗豆苗

雲霧手摘碗豆苗

功夫南瓜

功夫南瓜

 学生の街である公館エリアは美食の激戦区でもあります。おいしいのはもちろん、コストパフォーマンスも良いというのがこの街の人たちや学生たちが財布を開く条件でもあります。テレビでも有名な温國智シェフは、知名度が高いだけでなく、台湾では珍しい食物専門の高雄餐旅大學で専門の技術を身につけ、様々な料理のコンテストでチャンピオンを獲得した経験もあります。昨年、台湾最高峰と言われる大学、台湾大学の真向かいに「鼎太極麻辣鍋」をオープンしました。伝統の食文化に、新しいアイデアを盛り込み、楽しんで食事をすることができるお店です。

 溫國智シェフは、研究に1年以上もの月日を費やし、「朱雀麻辣紅湯(マーラーレッドスープ)」「青龍酸辣綠湯(サンラーグリーンスープ)」「玄武南瓜黃湯(カボチャイエロースープ)」「白虎牛骨白湯(牛骨ホワイトスープ)」という4種類の鍋スープを完成させました。これが「四神獸湯底(四霊獣スープ)」です。その中でもお店の看板である麻辣紅湯(レッドスープ)は、唐辛子、サンショウ、クローブ、センキュウなどの50種類以上もの漢方食材と豚骨を20時間以上かけて煮こみます。辛過ぎずとても滑らかな飲み心地で、このスープを選ぶと鴨血(鴨の血のゼリー豆腐)、豆腐が付いてくるので、とてもお得なスープです。使用している鴨血は、気泡の少ないものを厳選し、柔らかくて香りが良いです。レッドスープは1人108元で、2種類目のスープを追加して鴛鴦鍋にすると、1テーブル毎に158元~となります。もう一つのおすすめスープは牛骨ホワイトスープで、牛を食べないお客も考慮に入れ、豚骨スープバージョンも用意しています。このスープには、エリンギ、野菜、湯葉が入っています。この他、カボチャイエロースープはカンフー人形型にカットされたカボチャ「功夫南瓜」と共にサーブされ、この人形を鍋の中で煮ていくとカボチャが溶けて濃厚な味わいのパンプキンスープになります。

 こだわりのスープの他、単品やコースでオーダーできる具材もとても特色があります。シェフ歴20年以上もの温國智氏はレストランビジネスの経験に基づき、おいしさはもちろん、食事の見た目もとても重要なことを重視しています。「女神火焰肉(牛または豚のスライス肉/2人コースには20オンス分の肉類を含み、1人650元)」は牛肉か豚肉を選ぶことができ、高貴な女神の人形と共に盛りつけられています。新鮮で柔らかいスライス肉は女神のドレスに変身して、さらにドライアイスの演出でまるで女神が雲の上から舞い降りたようです。「金牌玉米(金メダルコーン/188元)」は、手間暇かかる一品で、温國智シェフが料理の世界大会で金賞を受賞したメニューです。厳選したフルーツコーンの芯をくり抜き、イカの餡を詰めており、まるごと食べることが出来ます。既に火が通った状態でサーブされるので、スープをひとすくいかければ香りと旨さが増し、コーンとイカの甘みがスパイシースープによく合いとても深い味わいです。

墨魚條

墨魚條

溫國智シェフ

溫國智シェフ

 「雲霧手摘碗豆苗(豆苗/168元)」は、根が付いた新鮮な状態でサーブされ、ドライアイスの霧の演出と共にテーブルに運ばれます。スタッフがテーブルの上でカットしてくれ、お客も一緒にカットしてまるで豆苗摘みのようなおもしろい体験も出来ます。スープによって様々な味わいに変化する豆苗は、特にレッドスープによく合います。鍋の中でさっと煮てすぐ食べるのが一番おいしい食べ方で、新鮮でシャキシャキとした食感を楽しめます。「墨魚條(イカの練り物/368元)」は、鶏ナンコツ、イカのすり身、細かく切ったイカ、竹炭パウダーで作られており、新鮮でプリプリの食感を楽しめますよ。

 「鼎太極麻辣鍋」を訪れて食事をする際は、思わず写真を撮ってSNSでシェアしたくなってしまいます。窓際の席に座れば、台湾大学のヤシの木の通りが見え、街の緑が癒しも与えてくれますよ。
(記者:Stacey)

地図

【鼎太極麻辣鍋】
住所:台北市大安區新生南路三段104號
電話:02-2368-6811
営業時間:月曜~木曜11:30-14:00、17:00-22:00 金曜・土曜 11:30-14:00、17:00-24:00 日曜11:30-14:00、17:00-22:00
定休日:無し
交通:MRT公館駅3番出口より徒歩約1分
URL:https://www.facebook.com/17spicyhotpot/

Loading...

▲ページトップへ戻る