2017年8月24日

大地と動物愛にあふれたスイーツ 河床工作室

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

小白花

小白花

樹蛙

樹蛙

雲朵

雲朵

カウンター

カウンター

店内の様子

店内の様子

 河床工作室は、環境保護、生態保護の重要性を重視した他とはちがうスイーツ店にしたいとの思いで始まりました。お店では、お客がテイクアウトに必要な容器を自分で準備することを推奨していて、保冷剤やテイクアウト用の容器などのゴミの減少に取り組んでいます。また、テイクアウト容器の販売もし、その売上の一部を荒野保護協会に寄付しています。

 オーナーが子供のころ、烏來の山で台風が来る度に発生していたという土石流から思いついたのが「土石流蒙布朗(ブラウニー/200元)」です。一番下の層はヘーゼルナッツのダックワーズの上にマロンクリームをのせ、アラセイトウのジャムを包んでいます。更にマロンムースで小高い山をかたどり、抹茶とホワイトチョコの鮮やかなグリーンで噴出物を表現し、最後に炭のメレンゲで作った岩塊を山肌にのせて完成です。

 自然景観からインスピレーションを得た「雲朵(雲/180元)」は、オープン以来好評を得ている一品です。まだ熟していないパイナップルとはちみつ、バニラビーンズを炒めて香りを出し、はちみつの甘味がパイナップルに十分浸透しています。最後にはちみつチーズでパイナップル餡を包み、特別にオーダーした雲の形の型でかたどります。

 パリ暮らしの経験からヒントを得た「小白花(エーデルワイス/170元)」は、まるでマジックのような二層になったスイーツです。一番下の層は、はちみつゼリーの上にレモンパフがそっとのせられ、一番上にはホワイトチョコで作った小さなエーデルワイスが飾られています。ホワイトチョコレートで仕切りを作り、ジャスミンティーのクラッカーを砕いて草原に見立て、その上にもエーデルワイスの花をあしらっています。上品なお茶の香りとあっさりしたジャスミンクラッカー、レモンパフを一緒に味わえば、格別の美味しさに出会えますよ。

 彰化にある百果山は果物の生産が盛んです。「百果山姑娘(百果山娘/200元)」は、オーナーが幼少の頃よく目にした山いっぱいに実ったライチが由来なのだそう。フランボワーズジャムを塗ったアーモンドタルト台に、ライチ酒を塗ったガナッシュをのせ、フランボワーズジャムを詰めたライチの実、バラ風味のクリーム団子、グレープフルーツゼリー、ドライストロベリーでデコレーションしています。程良い甘さで美味しいですよ。ライチは旬が短い夏季限定のフルーツなので、絶対に見逃せない一品です。

百果山姑娘

百果山姑娘

土石流

土石流

 「樹蛙(カエル/200元)」には、山間で春夏に繁殖期を迎えるカエルの卵を保護する意味合いが込められています。文旦のマシュマロで卵泡、分子ガストロミーで作ったライチタピオカで卵、抹茶ケーキでアマガエルの緑色を表現し、中には抹茶ホワイトチョコのムースと日本の柚子餡を包んでいます。

 路地裏にある河床工作室は、20席の座席がいつも満席になってしまうほど賑わっているので、早めの予約がおすすめです。最低消費はドリンク一杯です。交通も便利な場所なので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。
(記者:Hana H.)

地図

【河床】
住所:台北市大安區信義路四段400巷6弄2號
電話:02-2709-2123
営業時間:金曜~月曜 12:30-19:00
定休日:火曜~木曜
交通:MRT信義安和駅3番出口から徒歩10分
URL:https://www.facebook.com/patisserieriviere/

Loading...

▲ページトップへ戻る