2017年8月25日

台中の路地裏のアイデア溢れるフレンチスタイルブランチ 卉-HUI CAFÉ

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

美味蟹堡套餐

美味蟹堡套餐

Morinaga 牛奶糖

Morinaga 牛奶糖

抹茶牛奶

抹茶牛奶

店内の様子

店内の様子

オーナー夫妻

オーナー夫妻

 大きな窓からは公園の緑が一望でき、店内はおしゃれで温かな雰囲気であふれ、ブルーグレーで統一されたデザインからオーナーのセンスが感じられる、ここが「卉-HUI CAFÉ」です。台中の一中街商圏と草悟道商圏の中間にあたる日興街に位置し、住宅街の静かな雰囲気は、更にこのカフェに独特な人文感を漂わせています。「卉-HUI CAFÉ」は、2017年6月末にオープン以来、瞬く間にインターネットの口コミで人気が高まりました。写真撮影にピッタリなアイデア溢れる店内のデザインの他、メニューのクオリティも高く、とても印象深いお店なので、このような小さなお店でも話題となっているのが頷けます。

 オーナー陳莛諭さんは、奥さまの林芷卉さんの名前から一文字取り店名を「卉-HUI CAFÉ」とし、ブランチメニューのあるカフェを開きました。陳さんはシェフで、奥さまはパティシエ、2人は若い頃に同じレストランに勤めている際に知り合いました。自分たちのお店をオープンすることを目標に、5軒の有名レストランで共に修行を積み、更にオーストラリアにて各国のジャンルのレストランで腕を磨きました。フレンチ料理を基盤に、様々な文化の料理方法や食材を融合させ、陳さんオリジナルの料理を生み出しています。デザートの研究を重ねてきた奥さんの林さんはフランス式のデザートプレートを得意としていて、林さんが作ったデザートのデコレーションは花のような美しさです。

 「Crab bun美味蟹堡套餐(ソフトシェルクラブバーガーセット/285元)」は、2人がオーストラリアでワーキングホリデーをしていた際に出会った料理からアイデアを得ました。メルボルンで食べたソフトシェルクラブのバーガーが大変おいしく、将来自分たちのお店を持ったら絶対にこのメニューを作ろうと決めていたほどでした。今や「卉-HUI CAFÉ」の主力メニューとなっており、さくさくにフライしたまるごと1匹のソフトシェルクラブに目を奪われます。千切りキャベツと特製のピリ辛ソースを合わせており、素材のピュアな味わいを引き立てながらも全てが調和して、一度食べたら忘れられないほどのおいしさです。

 主にブランチメニューを提供しているので、ドリンクはブランチによく合うミルクベースのドリンクがメインです。「抹茶牛奶(抹茶ミルク/150元)」は、お店の隠れメニューながらも人気の一品で、ミルクフォームの中に台湾のおやつの定番であるライスパフをトッピングしています。一口飲むと牛乳の濃厚な味わいに抹茶の香り、サクサクのライスパフの食感と、シンプルな食材を使っていながらも、味わいに様々な層を生み出しています。お客に新しい食の体験をしてほしいというお店のアイデアから生まれたドリンクだそうです。

 「Morinaga 牛奶糖(キャラメルブランマンジェ/170元)」は、パティシエの奥さまの自信作のフランス式のデザートプレートで、美しい花のような盛り付けです。ブランマンジェの上にキャラメルソースがかけられています。添えられたポップコーンとアーモンドプードルを使用したケーキ生地、ミントの葉を一緒に食べると、ポップコーンのサクサクした食感、滑らかで柔らかいブランマンジェ、そしてキャラメルの甘い香りとしっとりとしたアーモンドケーキが豊かな味わいを生み出しており、驚きのおいしさです。

鳳梨可樂達

鳳梨可樂達

四季春茶

四季春茶

 「鳳梨可樂達(パイナップルとココナッツのアイスデザート/220元)」は、季節限定のアイスデザートです。カクテルのレシピでは、パイナップルとココナッツは相性が良いとされており、そのアイデアとパイナップルケーキの発想から生まれたデザートです。香りを付けてグリルしたパイナップルを一度冷蔵庫で冷やし、そこにパイナップルシャーベットを加え、ドライパイナップルをトップングします。液体窒素で作ったココナッツミルクアイスクリームと、メレンゲのクッキーをのせて、オーダーが入ってから作るヘーベルナッツケーキを合わせています。酸味、甘味、とろりとした食感、サクサク食感がミックスされ、台湾伝統のお菓子であるパイナップルケーキのような感覚もあります。斬新なデザートにびっくりすること間違いなしです!

 「四季春茶(四季春烏龍茶/180元)」は厳選した南投縣の阿水師茶廠の青茶を使用しています。フラワーフレーバーやフルーツティーは果物を使用したデザートとはあまり相性が良くないですが、台湾茶はフランス式のデザートにとてもよく合うので、ぜひおすすめしたいと陳さんは語ります。

 「卉-HUI CAFÉ」のメニューはとてもシンプルですが、食事メニュー、デザート、ドリンクは、毎日全てに数量限定の隠れメニューがあり、クリエイティブな陳さん夫妻だからこそ出来る技です。リラックスした気分で、台中でフレンチスタイルのロマンティックなレストランに行きたくなったら、スタイリッシュな空間で高級フレンチレストランにも負けずと劣らないクオリティの料理が揃う「卉-HUI CAFÉ」がおすすめですよ。
(記者:Way)

地図

【卉-HUI CAFÉ】
住所:台中市北區日興街190號
電話:04-2206-0026
営業時間:平日10:00-18:00 土日祝09:00-18:00
定休日:水曜日
交通:台湾鉄道台中駅より路線バスで約30分 台中二中 バス停より徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/huicafe2017

Loading...

▲ページトップへ戻る