2017年9月5日

西門町の必食台湾B級グルメ 金軒排骨

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

金軒排骨麵

金軒排骨麵

香酥雞腿飯

香酥雞腿飯

炸春捲

炸春捲

オーダーが入ってから揚げる排骨

オーダーが入ってから揚げる排骨

炸蝦捲

炸蝦捲

 台湾の原宿とも言われる若者の聖地、西門町。待ち合わせの人で賑わうMRT西門駅6番出口を出てすぐの小道を入ると「金軒排骨」があります。「排骨」(パイコー)は、骨付きの豚肉に下味をつけ、衣をつけて揚げたもので、台湾人のソウルフードとも言える食べ物です。

 50年以上前、まだ今のようにファーストフード店も無い時代、西門町に映画を見に来た若者たちは排骨を食べるのが定番でした。前総統の馬英九氏も若い頃によく西門町で排骨を食べるのが楽しみだったという思い出を語ったことがあります。安くてボリューム満点の排骨は今も多くの人に愛される思い出の味です。

 看板メニュー「金軒排骨麵(パイコー麺セット/130元)」は、西門町を訪れたらぜひ食べたい伝統の味です。下ごしらえで1~2日タレに付け込んだ豚肉は、揚げる前に一度冷凍するのがポイント。ジューシーで、さらに豚肉が反り返らずに平らに揚がります。サクッとした衣の食感に、胡椒の味わいがピリリと効いて食欲をそそります。

 セットメニューは、主食を麺かご飯から選ぶことができます。麺は豚骨ベースのスープを使用し、ザーサイと青菜がトッピングされ、あっさりやさしい味わいで、排骨を浸して食べてもおいしいですよ!ご飯には日替わりのおかず4品が添えられ、さらにご飯の上には特製の魯肉(豚肉煮込み)がかかっており、お得感たっぷりです!

 「香酥雞腿飯(鶏腿フライセット/140元)」も人気メニューで、特製の衣をまぶした鶏もも肉をカラリと揚げています。噛んだ瞬間カリッという音が聞こえるくらい外側はパリパリ、そして鶏肉はとてもジューシーです。一度食べたら忘れられないほどのおいしさですよ。

 サイドメニューも充実しており、常連客は必ず頼むという「炸春捲(春巻き/80元)」は、黄韮、豚肉、干し蝦、胡椒というとてもシンプルな具材ですが、熱を加え甘みを増した黄韮とピリッとした胡椒の味わいがやみつきになります。この春巻きのために10年以上も足繁くお店に通う日本人客もいるとか!他にもプリプリの蝦がおいしい「炸蝦捲(エビ巻き揚げ/80元)」や、柔らかな豆腐の食感とサクサクの衣のハーモニーがたまらない「炸豆腐(揚げ豆腐/40元)」もおすすめです。

炸豆腐

炸豆腐

招牌小黃瓜

招牌小黃瓜

 「招牌小黃瓜(きゅうりの酢の物/30元)」は、箸休めにピッタリな甘酸っぱいきゅうりの酢の物です。排骨や春巻きなどにも必ずこのきゅうりの酢の物が添えられており、揚げ物を食べやすくしてくれます。シンプルながらくせになる味わいが好評で、付け合わせだけでなくもっと食べたいというお客のリクエストに応え、単品でもオーダーできます。

 西門町を訪れたらサクサクでおいしい排骨をぜひ味わってみてください。台湾人のソウルフード「排骨」は必食の台湾小吃の一つですよ!
(記者:Mikiko)

地図

【金軒排骨】
住所:台北市萬華區峨嵋街6巷4號
電話:02-2331-2119
営業時間:11:00-20:00
定休日:無し
交通:MRT西門駅6番出口より徒歩約1分
URL:https://www.facebook.com/%E9%87%91%E8%BB%92%E6%8E%92%E9%AA%A8-111263755568453/

Loading...

▲ページトップへ戻る