2017年9月20日

百年の歴史ある製糖工場が国際芸術村に変身 十鼓文化村

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
入口のチケット売り場

入口のチケット売り場

夢糖劇場

夢糖劇場

「蜜糖天空步道」エリアと園内の様子

「蜜糖天空步道」エリアと園内の様子

甘蔗汽水

甘蔗汽水

鼓找蛋

鼓找蛋

太鼓作り工房

太鼓作り工房

バンジージャンプ場

バンジージャンプ場

 台南市仁徳区に位置する十鼓文化村は、世界中で人気を集める台湾の打楽器音楽芸術パフォーマンス団体「十鼓擊樂團」が経営する、アジア初の太鼓音楽をテーマにした国際的な芸術村です。ここは元々、台湾南部で重要な役割を果たした「仁德糖廠」という製糖工場だったところで、園全体は強いインダストリアル調の雰囲気が感じられます。

 仁徳製糖工場の歴史は、1909年(明治42年)まで遡ります。台湾製糖株式会社が、仁徳区に「車路墘製糖所車路墘製糖所」の建設を計画しました。この車路墘製糖所では、多い日には2100トンもの粗糖と白糖が生産されていました。第二次世界大戦後も砂糖の生産は続けられていましたが、2003年に営業停止し、その後台湾政府によって改築が行われました。地元の芸術文化関連の人たちがアイデアを持ち寄り、最終的に「十鼓擊」楽団が進駐し運営することになりました。国際芸術村の概念で、百年の歴史を持つ工場の雰囲気を生かしながら、様々な文化芸術の要素を織り交ぜて、台湾南部の芸術文化の新しいスポットになっています。

 運営団体は工業遺産の活用に価値を見出し、100年もの歴史ある貴重な建築をなるべく壊さない、自然との共存という二つのアイデアを前提に、趣向を凝らした仕掛けもたくさん設けました。その中でも「蜜糖天空步道」と「夢糖劇場」は、英国の雑誌『Architectural Record』 が主催している建築デザインのコンテスト「World Architecture Festival」の2016年大会において「New And Old- Completed buildings」を受賞しました。

 「夢糖劇場」は、旧製糖工場の中の五層仕立ての圧搾機の上方にあります。たくさんの強化ガラスを用い、かつての工場の心臓部を見ることができるようにしています。毎日2回行われる公演の中では、大型のクレーンや、圧搾機を動かす演出も取り入れ、工業機械とエキサイティングな太鼓パフォーマンスを融合させています。歴史、工業、文化、芸術が織り成す、新感覚のステージで観客を別世界へ引き込みます。

 「蜜糖天空步道(歩道橋)」は旧製糖工場で使用されていた砂糖の貯蔵タンクにかかるように造られ、三つのタンクは「蜜糖咖啡館(カフェ)」「兒童體驗館(キッズエリア)」「VR體驗設施(バーチャル体験館)」となっています。ガラスでできた橋にはプロジェクトマッピングが施され、橋を渡ること自体が特別な体験になりますよ。

水槽イカダ体験

水槽イカダ体験

太鼓演奏体験

太鼓演奏体験

 そして以前サトウキビを運ぶために使っていた線路を使用したトロッコもあり、実際に乗ることができます。線路沿いのショップ「鼓找冰屋」では、サトウキビジュースを使った商品も販売していますよ。「甘蔗汽水(サトウキビソーダ/50元)」は、可愛らしいラベルのボトルに入っていて、サトウキビのフレッシュな香り、はじけるソーダの喉ごしは暑い日のクールダウンにもピッタリです。サトウキビジュースを隠し味に使った「鼓找蛋(煮卵/15元)」は、サトウキビの甘みが効いて、味も良く染みています。ここを訪れたら絶対に食べたいメニューですよ!

 太鼓パフォーマンスをテーマにした芸術村というだけあって、毎日太鼓体験のアクティビティも行っています。芸術村には太鼓作り職人も駐在しているので、太鼓を作る工程を見学することもできます。太鼓パフォーマンスが毎日2回行われるほか、工場の屋根からバンジージャンプができるエリアや、大きな水槽を利用してイカダに乗れるアクティビティ、アジアで一番高い滑り台などがあり、充実した施設となっています。営業時間は夕方5時30分までですが、夜間でも入園でき、散歩をしながらキレイな夜景が楽しめますよ。十鼓文化村は、一日中満喫できる魅力的なテーマパークです。

※入場チケット:大人399元、学生380元、5歲以下入場無料。
(記者:Way)

地図

【十鼓文化村(十鼓仁糖文創園區)】
住所:台南市仁德區文華路二段326號
電話:06-266-2225
営業時間:9:30-17:00
定休日:無し
交通:台湾鉄道保安駅から步行15分、または新幹線台南駅からタクシーで約15分
URL:https://www.facebook.com/tendrum.cultrue/

Loading...

▲ページトップへ戻る