2017年9月21日

路地裏の絶品ジェラートで夕涼み Studio du Double-V

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

イートインスペース

イートインスペース

芒果と羅勒森林

芒果と羅勒森林

火鳳梨と蘋果西打

火鳳梨と蘋果西打

向大師致敬と酸奶

向大師致敬と酸奶

目印の鬼のイラスト

目印の鬼のイラスト

オーダーカウンター

オーダーカウンター

 暦の上ではもうすっかり秋ですが、南国台湾の夏はまだまだ続いています。そんな暑い日の夕涼みにピッタリなスイーツ店が林森北路の路地裏にあります。台北の飲み屋街として知られる林森北路の五條通を入ると、壁一面に描かれた悪魔のイラストと建物の3階にまでかかるような大きなアイスクリームの絵に目を奪われます。ここがジェラート専門店「Studio du Double-V」です。

 オーナーのWillsonさんは、まだまだ台湾では知られていないイタリアンジェラートの魅力を広めたいと、この「Studio du Double-V」を2016年6月にオープンしました。元々パティシエのWillsonさんは、フランスでの修業時代に出会ったジェラートに魅了され、その後本場イタリアやジェラートが人気の日本でも勉強しました。そして、果物がおいしい台湾でならもっとおいしいジェラートを作れるはずという信念の下、母国台湾でジェラート専門店を開くことにしました。店名の「Double-V」は、フランスでWillsonさんの名前の頭文字でもあるダブリュ(W)の意味を持つ「Dubleve(デューブルベ)」とかけています。

 台湾産の季節の果物やチョコレート、ミルク、お茶、お酒など様々な食材を使用しジェラートを創り出しており、現在は既に150種ものフレーバーがあります。その中から毎日9種の味をお店に出すスタイルで、季節や天候を見てその日に合う味のジェラートを決めています。基本のメニューは、好きなジェラート2種類をトッピングしたカップ110元です。

 暑い季節によく合う「芒果(マンゴー)」と「羅勒森林(バジルレモン)」は、甘味たっぷりの台湾産マンゴーと酸味が爽やかなレモンベースのジェラートの組み合わせ。濃厚なマンゴーの味わいをレモンバジルが爽やかに締めくくってくれます。

 他にも「火鳳梨(パイナップルドラゴンフルーツ)」と「蘋果西打(シードル)」は見た目にも鮮やかな組み合わせ。ドラゴンフルーツは食感にもこだわり、予め種を取り除いたジュースでジェラートを作り、再度種を加えて種がつぶれてしまわないように工夫しています。シードルは、ヨーロッパなどで親しまれるリンゴの発泡酒で、リンゴの味わいとふわりと香るビールのようなコクが絶妙な美味しさです。フルーツ系のジェラート2種を選べば相性ばっちりですよ。

日替わりの9種のメニュー

日替わりの9種のメニュー

印象的な壁のイラスト

印象的な壁のイラスト

 Willsonさんのオススメは「向大師致敬(ローズライチ)」と「酸奶(サワークリーム)」。トロピカルな味わいのライチジェラートは、冷凍フランボワーズを加え、ほのかなピンク色に。バラの香りをまとった、女性に人気の味わいです。フレッシュサワークリームをたっぷり使用したジェラートは、濃厚な風味と滑らかな舌触り。まるでチーズケーキを食べているような感覚です。一度食べたら忘れられないほどのおいしさで、次もサワークリームがある日に来たくなりますよ。カップの底には特製のメレンゲクッキーが入っていて、サクサクした食感が楽しめます。さらにジェラートの上にはクッキーが耳のように盛りつけられてとてもキュートです!

 お店の建物は以前教会だった建物で、上方に十字架のマークが残っています。しかし、下を見るとお店のトレードマークにもなっている悪魔のイラストが描かれ、地元では「教会なのに悪魔も食べにくるほどおいしいジェラート」と評判なんですよ!悪魔が思わず食べたくなるほどの絶品ジェラートをぜひ食べてみてくださいね!
(記者:Mikiko)

地図

【Studio du Double-V】
住所:台北市中山區林森北路85巷3號
電話:02-2568-3316
営業時間:月木金17:30〜22:30、土日15:30-22:00
定休日:火曜、水曜
交通:MRT中山駅から徒歩12分
URL:https://www.facebook.com/studio.doubleV/

Loading...

▲ページトップへ戻る