2017年10月11日

石鹸と小籠包のDIY体験 南僑桃園觀光體驗工廠

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
創設者の書斎

創設者の書斎

ベーカリー油の工場

ベーカリー油の工場

透けて見える小籠包の皮

透けて見える小籠包の皮

シェフによるレッスン

シェフによるレッスン

店内では自分で作った小籠包が食べられます

店内では自分で作った小籠包が食べられます

南僑の商品

南僑の商品

巻き上げ機

巻き上げ機

 創立60年余りの南僑グループは、創設者である陳其志氏と旅菲僑友が新たにスタートし、商品販売の多くはBtoB方式を採用しています。商品の種類はベーカリー油や水晶石鹸、冷凍生地、Duroyal、點水樓、卡比索、潮江燕、寶萊納など幅広く、更に、南僑グループは東京の新宿に小龍包の店、點水樓とホテルを合わせもった経営を計画中で、ホテル業界にも正式参入しています。

 「南僑桃園觀光體驗工廠」の工場内区域は四面佛禮讚区、涼亭広場、榮恭館、創設者銅像広場、烘焙油参観道路、タイ文物館、レストラン、巻き上げ機のストーリー紹介、寶萊納と本場のレストラン、點水樓と水晶石鹸体験室に分かれています。観光体験工場は自由参観区とプロの案内エリアに分かれていて、体験レッスンを受ける際には事前に公式サイトから予約が必要です。

 創設者の陳其志氏と榮恭館の建設を記念し、館内には創設者の遺品や本を所蔵しており、昔の時代の雰囲気がかもしだされています。榮恭館では創設者や南僑企業の歷史沿革などについて知ることができ、それに関する商品なども並んでいます。榮恭館の反対側は、南僑公司の核心事業であるベーカリー油の参観ルートとなっていて、商品開発当時はベーカリー油を中心に新しい商品が誕生しました。参観ルートは、初めはクライアント業者のみ入ることができましたが、その後は観光体験工場が企画され、一般の方も入れるようになりました。

 「南僑桃園觀光體驗工廠」の中には、創設者が経営している芳川炭坑で使用している一台の古い巻き上げ機があります。芳川炭坑は、台湾早期の炭坑会社の一つで、南僑創立初期、芳川炭坑は利潤を投入し、南僑企業を順調に発展させていったのです。巻き上げ機は、希望と飲水思源(水を飲む者は、その源に思いを致せ)の精神そのものなのです。

 観光体験工場は沢山の体験コースがあり、メインは水晶石鹸の模様入れと點水樓の小籠包DIY体験です。「水晶肥皂打印體驗(水晶石鹸模様入れ体験/材料費20元)」は、参観コースの中に含まれていて、石鹸の原料、製造過程、派生製品などを体験することができます。

 まだ機械がない時代、石鹸の模様入れの作業は一つ一つ人の手で行なわれており、職人は一日平均1700個以上の模様入れを行なっていたと言われています。体験時は当時の工具を使って行なわれます。昔は、作り終わったばかりの石鹸には、まだ温度や感触が残っていました。体験用の石鹸はその当時を再現しています。石鹸の裏表に金型とかなづちで模様を入れ終わったら完成です。作った石鹸は持ち帰りできますよ。

印や模様をつける道具

印や模様をつける道具

模様をつけ完成した水晶石鹸

模様をつけ完成した水晶石鹸

 點水樓の「小籠包DIY体験(330元)」は、全部で10個(一籠)の小籠包を作ります。体験時はコック帽をかぶり、マスクとエプロンをします。シェフが直々教えてくれて、材料も準備してくれますよ。今回、私たちが体験し生地を伸ばす際、シェフから「點水樓の小籠包の皮は薄く、光を通すくらい薄く、太陽も見えるくらいじゃないとダメですよ」と教えてもらいました。

 點水樓の小籠包は19のシワがあり、最後の閉じる行程が最も難しく、ちょっと間違うとシワが全部くっついてしまいます。成功した小籠包は蒸して、水滴のような形になり、スープも皮の中に閉じ込められています。包んだ小籠包は持ち帰っても、店内で食べてもOKです。また、体験したお客は點水樓の小籠包のレシピを持って帰ることもできますよ。

 台湾のスーパー、コンビニなど、人々の生活の中に南僑の影が見え隠れしています。彼らは静かに土地を耕し、観光体験という形で人々の心に近づこうとしています。「南僑桃園觀光體驗工廠」に来たら、南僑の耕作精神だけでなく、この土地に作り出した価値をより感じることができますよ。
(記者:Carola)

地図

【南僑桃園觀光體驗工廠】
住所:桃園市龜山區興邦路35號
電話:03-263-0264
営業時間:施設開放時間 9:30(入場無料) レストラン営業時間11:00-21:00
定休日:無
交通:台湾鉄道桃園駅からタクシーで約5分
URL:http://www.namchow.com.tw/mobile/large/NCGTYTF/flash.index.html

Loading...

▲ページトップへ戻る