2017年10月26日

時の流れを感じる空間 時光

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

保存された古い家屋建築

保存された古い家屋建築

日月潭阿薩姆紅茶

日月潭阿薩姆紅茶

原味拿鐵

原味拿鐵

オーナーの牛仔さんと小樹さん

オーナーの牛仔さんと小樹さん

緑あふれる庭

緑あふれる庭

 静かな住宅街の路地裏に、時代が移り変わりゆく中、ずっと変わらず残存している建物があります。それは、既に60年余りが経つ2階建ての古い家屋で、身を乗り出して静かに旅行客の訪れを待っています。ホワイトグレーの壁面にはレトロな鉄の窓、大きな庭には木造のトレッスルとベンチがあります。この古い家屋に寄り添うように樹齢数十年の桜の木とガンショウカ(含笑花)が植えられていて、庭に足を踏み入れた瞬間から、ゆったりと流れる時間と静けさを感じることができます。

 「時光」は、ゆったりと時が流れるこの場所に魅了され、2017年3月にオープンしました。一般のカフェとは異なり、「時光」では、撮影スペースがあり、またフィルム印刷のサービスがメインとなっています。オーナーは以前、台北でフィルムブランドを経営していて、フィルム撮影の流行を巻き起こした人物でもあります。現在のあくせくする社会の波を感じたオーナーたちは、ゆっくりと時間を味わうことのできる場所を探し、ネガによって、人々の心に残るような新たな場所を提供することにしたのです。

 店内は2階建てで、古い家屋が持つ本来の様子が残されています。木の枠や刷りガラスのレトロな窓、そして床に敷かれた磁器レンガでさえも、60年来におけるこの場所の物語と記憶を感じることができます。ここではスペース全てを撮影レンタルサービス(900~1200元/1時間)の場として提供しています。時折、ビジネス撮影として、古い家屋のスタイルが好きなお客も訪れるのだそうですよ。また、「時光」ではフィルムやインスタントカメラなど撮影に関する商品も販売しており、「底片沖洗服務(現像サービス/140~210元/1フィルム)も行っています。

 店内には20年の経歴を持つ国宝級の現像師がおり、室内のオフィススペースは一つのエリアが保たれていて、そこが現像室となっています。また、事前に写真を現像しに来た人や写真を持って来た人は、座ってコーヒーを飲みながら、精巧にできあがった写真を堪能することができるようにもなっています。これこそオーナーが最も理想とする経営の形なのだそうです。

フィルム販売エリア

フィルム販売エリア

手工磅蛋糕

手工磅蛋糕

 店内で提供するメニューはお客に大好評で、更なる豊富なメニューの開発が進められています。ドリンク、ケーキ、ブランチまで何でもありますよ。シンプルなメニューでは「原味拿鐵(オリジナルラテ/130元)」「日月潭阿薩姆紅茶(日月潭アッサムティー/150元)」があります。日月潭の台茶8号を使用しており、口当たりがまろやかで、お茶の香りがとても濃厚なんですよ。「手工磅蛋糕(手作りのパウンドケーキ/100元)」は、毎日異なる味を提供しているため、常に異なる驚きがあります。最近では、平日限定の「時光咖哩雞飯(時光チキンカレー/230元)」がとても好評で、このカレーのためにわざわざ訪れるお客もいるのだそうです。

 台北の忙しさとは異なり、「時光」ではゆるやかな時の流れを感じることができます。カメラを持って来店したら、ぜひ自分の美しい「時光」を捕まえてくださいね。
(記者:Elisa)

地図

【時光】
住所:台中市中區仁愛街13巷1號
電話:04-2222-0570
営業時間:10:00-19:00
定休日:水曜日(木曜日不定休)
交通:台湾鉄道台中駅からタクシーで約10分
URL:https://www.facebook.com/hi.xikon/

Loading...

▲ページトップへ戻る