2017年10月27日

台湾の歴史を表現するカクテル SoShow Bar&Restaurant

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の入口

お店の入口

店内の様子

店内の様子

「明鄭 - 青花瓷」

「明鄭 - 青花瓷」

「清朝 - 鴉片」

「清朝 - 鴉片」

「民國 - 老台灣」

「民國 - 老台灣」

店内の様子

店内の様子

壁のデザイン

壁のデザイン

 中山北路一段にある「SoShow Bar&Restaurant」は、2階にあるので、気付かずに通り過ぎてしまう人が多く、穴場のレストランバーになっています。とはいえ、営業歴は長いため、コアなファンが多く、常連客のちょっとした秘密基地になっています。お店では、台湾の特色と味わいを西洋のカクテルやグルメに取り入れたメニューを提供していて、台湾ローカルの魅力を感じたい人におすすめのスポットです。

 カクテルメニューの「時光旅行」シリーズは、台湾の歴史にちなんだ名前がつけられています。「明鄭-青花瓷 (明鄭-染付磁器/350元)」は、明朝時代に鄭成功が食料不足で全軍にさつまいもで生計をたてるように命令を出したことから、カクテルに大きなサツマイモが添えられています。またサツマイモ自体の味は控えめですが、濃いめのライ・ウイスキーと、ヘーゼルナッツの味がサツマイモの味を立たせています。またヘーゼルナッツとサツマイモの甘さが、苦さとバランスを取り、深みのある味わいです。少しずつサツマイモをかじりながらカクテルを飲むと、まるで台湾のサツマイモスープを飲んでいるような気がしてきますよ!

 「清朝-鴉片(清朝-アヘン/400元)」も面白いネーミングです。もちろん現代人は中国史上の腐敗文化であるアヘンを経験したことはありませんが、アヘンの味がバニラ、チョコ、ストックと似ているとされていることから、ラムの渋みでバニラ、チョコの味を出し、チョコレートビターズとスモーキーな味わいのライ・ウイスキーを合わせ、ローズマリーを飾り、提供前に胡桃の木のスモークをたきます。アルコール濃度は30%近くあり、まるでアヘンを吸っているような気持ち良さに浸ることができますよ。

 「民國-老台灣 (400元)」は、さまざまな民族が徐々に融合していった台湾の歴史を表現しています。台湾タバコ酒公売局の紹興酒に、木の質感、甘さ、深い色を持つジンとベルモットを合わせ、オレンジの風味を持つビターズ、烏梅、龍眼、オレンジピールを椰子の殻のような木の容器に盛りつけてあります。中華と西洋が混ざり合い、さまざまな文化がこの中に詰まっているかのようです。

香烤鹹豬肉

香烤鹹豬肉

紹興雞蛋豆腐

紹興雞蛋豆腐

 アルコールだけでなく、つまみにもご当地の特色が取り入れられているので見逃せません。「香烤鹹豬肉(塩漬け豚肉のグリル/300元)」は、お店のパートナーの一人である林さんのお母さんの得意料理。バラ肉を漬け込んだ客家料理の代表的な塩漬け豚肉を香ばしくグリルしています。下に敷いた豆苗と一緒に食べても、また酢とニンニクを合わせたソースをつけて食べてもおいしいですよ。

 紹興酒をベースにした「民國 - 老台灣」が気に入ったら、「紹興雞蛋豆腐(紹興酒卵豆腐/220元)」もおすすめです。一口サイズに切った卵豆腐を焼き、香ばしく焼いたパプリカで彩りを添え、最後に紹興酒をまわしかけます。紹興酒の香りが漂うものの、酔ってしまいそうな酒臭さはありません。

 「SoShow Bar&Restaurant」は台北駅の近くにあり、アクセスも便利。文化の色濃いレストランバーで、これまでに味わったことのない味覚とビジュアルを楽しんでみませんか。
(記者:Stacey)

地図

【SoShow Bar&Restaurant】
住所:台北市中山區中山北路一段47號2樓
電話:02-2563-0519
営業時間:18:00-AM1:00 (金・土曜はAM2:00まで)
定休日:無
交通:MRT台北駅M2出口から徒歩5分
URL:https://www.facebook.com/soshowbar/

Loading...

▲ページトップへ戻る