2017年11月1日

日本人留学生に人気の上海料理 淞月湯包館

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

淞月湯包

淞月湯包

辣炒臭豆腐

辣炒臭豆腐

金沙苦瓜

金沙苦瓜

日替わり小鉢料理

日替わり小鉢料理

蔥油餅

蔥油餅

 MRT新店区公所駅付近は、多くの留学生が宿泊する国際学舎のすぐ近くにあり、様々な国籍の学生で賑わいます。やや落ち着いた趣のあるエリアで、1番出口を出て1分ほど小道に沿って歩くと、すぐに家庭的な雰囲気の「淞月湯包館」に到着します。

 店名の由来は中国の淞花江という河の上の月光という意味で、輝く月のように人々を照らしたいというご主人たちの願いが込められています。上海料理をベースに台湾人の口に合うように味を調整して、独自の手法で真心込めてお店で一つひとつ手作りしています。

 店先には小籠包や麺類専用の厨房があり、お店に入ると入り口付近に小鉢料理が並んでいます。毎日仕入れる食材に合わせて異なる種類の料理を提供しているので、黒板でその日のメニューを確認してくださいね。

 小さなお店ながらメニューはとても豊富。中でもご主人のお勧めは「淞月湯包(小籠包/100元)」で、噛んだ瞬間肉汁がたっぷり溢れ出てきます。お店秘伝の製法により肉汁は全く脂っこくなく、コクがあり、ショウガやタレなどが必要ないくらい旨味がありますよ。

  「辣炒臭豆腐(臭豆腐の辛味炒め/200元)」は20年以上続く手作り臭豆腐のお店から、特別に臭いの強い臭豆腐を仕入れています。唐辛子や枝豆、葱と炒めていて、台湾の地元の味を感じることができます。是非挑戦してみてくださいね。

酸辣湯

酸辣湯

四寶湯

四寶湯

 「金沙苦瓜(揚げ苦瓜の炒め物/190元)」は苦瓜を揚げてから、塩漬け卵の黄身の部分と炒めたもので、ほんのり甘く、塩味の効いた、白米によく合う一品です。

 「蔥油餅(葱パイ/50元)」は葱にこだわり、南部のより香りの豊かなものをふんだんに使用し、特別な油で焼き上げているので、脂っこさがなくサクッとした食感に仕上がっています。このほかスープ類は、人気の「酸辣湯(サンラータン/70元)」や「四寶湯(4種類の具入りスープ/70元)」などを取り揃えています。

 お店は家族経営で、年に一、二回、日本旅行に行くのが趣味なのだそう。その際には2週間前に公式サイトで告知されるので、確認してからお出かけくださいね。
(記者:Suzuki)

地図

【淞月湯包館】
住所:新北市新店區北新路一段297巷10號
電話:02-2912-7329
営業時間:11:30-14:00 17:30-21:00
定休日:火曜
交通:MRT新店區公所駅1番出口から徒歩2分
URL:https://www.facebook.com/yummyfood555/

Loading...

▲ページトップへ戻る