2017年11月2日

日台の温かな絆をつなぐカフェ 羊毛與花‧溫州店

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

季節限定鹹派

季節限定鹹派

無花果巧克力捲

無花果巧克力捲

蘭姆葡萄烤乳酪

蘭姆葡萄烤乳酪

千葉花さんのステージ衣装

千葉花さんのステージ衣装

羊毛與花特調

羊毛與花特調

 賑やかな公館エリアの路地には、台湾らしい学生食堂や、異国情緒あふれるおしゃれなカフェなど様々な雰囲気のお店が立ち並んでいます。路地の入り口にある「羊毛與花‧溫州店」は、爽やかな雰囲気と温かなストーリー性のあるお店で、2017年5月に静かにオープンしました。素朴な白壁と木を基調にしたインテリアでまとめられ、窓から顔をのぞかせる羊のオブジェは、外を通る人たちに挨拶をしているかのようです。

 お店に入ると聞こえてくるのは、日本人二人組バンド「羊毛とおはな」の爽やかで温かな音楽です。店内には、バンドのボーカルの千葉花さんのステージ衣装や、コンサートの時の写真が飾られています。実は、このお店は台湾と日本を結ぶ温かな友情から誕生したカフェなのです。このお店のオーナーと「羊毛とおはな」の二人は長年の友人でしたが、2015年にボーカルの千葉花さんは病気で他界しました。千葉さんのご家族が台湾を訪れ、話し合いをした後に、台北でバンドと同じ名前のカフェ「羊毛與花」をオープンすることを決め、「羊毛とおはな」の温かな音楽を多くの人に伝えています。第1号店は千葉さんの好きだった街、永康街に2016年5月にオープンしており、2周年を迎えた2017年に、2号店となる「羊毛與花‧溫州店」を開きました。

 一番特色のあるドリンクは「羊毛與花特調(レモンコーヒー/150元)」です。アイスアメリカンコーヒーとレモンを合わせていて、さわやかなフルーツの香りと濃厚なコーヒーのハーモニーが楽しめます。「羊毛とおはな」のギタリスト、羊毛さんのお墨付きの一品ですよ!

 「焙茶拿鐵(ほうじ茶ラテ/160元)」は、最近人気のメニューで、京都の有名なブランドのほうじ茶を使用し、香ばしいお茶の香りとまろやかなミルクの味わいが口いっぱいに広がります。これからの寒い季節に体と心をしっかりと温めてくれる一杯です。

 このほか台湾のクラフトビールもあります。啤酒頭の「二十四節氣」ビールや、久盛開發有限公司の「極良」「極惡」ビールなど、パッケージからも台湾テイストが感じられ、季節にあった味わいのビールや、自分好みのビールが見つかるはずですよ。

 食事メニューは、ブランチ、軽食、ケーキなどがあり、シンプルなメニューに見えますが、丹精込めて手間暇かけたおいしい料理がそろいます。旬の食材を組み合わせて作る「季節限定鹹派(季節のキッシュ/200元)」はおすすめの一品。今回はサーモンとチーズ、じゃがいも、ほうれん草を使った栄養バランスのよいキッシュでした。

焙茶拿鐵

焙茶拿鐵

台湾クラフトビール

台湾クラフトビール

 パティシエがお店で手作りするデザートは、日替わりで様々なケーキが登場するので、毎日お店を訪れても違うケーキを楽しめるのが嬉しいですね!この日のケーキは「無花果巧克力捲(イチジクチョコレートロールケーキ/160元)」。ほろ苦くて甘いチョコレートとクリーム、フレッシュなイチジクを合わせていて、一口食べるたびに幸せな気持ちになるおいしさです。「蘭姆葡萄烤乳酪(ラムレーズンチーズケーキ/130元)」は、ラムレーズンとチーズを合わせた大人な味わいのケーキですよ。

 お店では、毎週水曜に映画ナイトを催したり、不定期で音楽イベントを行ったりしています。味覚、視覚、聴覚を通して、お店全体から温かな雰囲気を感じられます。羊の毛のようにやわらかく、花のように清々しい気持ちにさせてくれるお店ですよ。
(記者:Elisa)

地図

【羊毛與花‧溫州店】
住所:台北市大安區新生南路三段60巷1號1樓
電話:02-2363-2899
営業時間:12:00-23:00
定休日:無し
交通:MRT公館駅3番出口から徒歩8分
URL:https://www.facebook.com/youmoutoohanaCoffeeWenzhou/

Loading...

▲ページトップへ戻る