2017年11月15日

アジュールブルーの人気カフェ La Chaudière Coffee 樂初咖啡

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

庫克先生

庫克先生

可頌鹹派

可頌鹹派

店内の様子

店内の様子

甜甜圈抹茶蛋糕

甜甜圈抹茶蛋糕

 2016年にオープンした「LA CHAUDIERE樂初咖啡」は、MRT中山國中駅近くの路地裏に位置し、優しく独特な色合いを持つアジュールブルーを基調にした佇まいで、思わず気になって入りたくなってしまうカフェです。店内は木目調とブルー、ホワイトのインテリアで統一され、落ち着いた雰囲気になっています。エスプレッソコーヒーがメインメニューで、シングルオリジンコーヒー以外にも、ブレンドコーヒーなど様々な種類を取り揃えています。

 「LA CHAUDIERE樂初咖啡」の店名は、フランス語で「ボイラー」を表し、お店の中でとても重要な要素であるコーヒーマシンのボイラーから名付けたものです。ボイラーの「加熱」という意味は、この空間を通して人と人の間に熱い交流をもたらしてほしいという思いも込められています。ロゴマークの星は、コーヒーメーカーのスチームをコントロールするスイッチをイメージしており、お店のコーヒーへのこだわりがどれほどのものかが伝わります。

 食事メニューは軽食、ブランチ、デザートなどがあり、すべてお店で手作りのフレッシュなものばかりです。シンプルな盛り付けながらも特別なデザインに、テーブルに運ばれてくるときには思わず驚きの声をあげてしまいます。「庫克先生(クロックムッシュ/165元)」はスイスのグリエールチーズを使用し、ハム、ドイツソーセージをサクサクのクロワッサンでサンドしています。まるで湖のような青が入ったガラス皿にのせてサーブされ、朝食が一瞬で芸術品に変わったようです。ぜひじっくりと味わいたい一品ですよ。「可頌鹹派(クロワッサンキッシュ/90元)」は、チェダーチーズと三枚肉のベーコンを使用し、生地はクロワッサンで作っています。幾重にも重なった層からおいしい香りが溢れ出てきます。

 最近、お店の人気に火をつけたメニュー「甜甜圈抹茶蛋糕(ドーナツ型抹茶ケーキ/105元)」は、日本静岡産の抹茶を使用し、柔らかなスポンジケーキと濃厚な抹茶ソースを合わせています。真ん中には、甘さ控えめのごまソースを入れて、オリジナルの味わいを作り出しています。SNSで多くの人の注目を集めたのは、ケーキをカットした時に真ん中からソースが滝のように溢れ出るところで、視覚でも味覚でも多くの人を驚かせてくれ、思わず食べる手が止まりません。幸せな気持ちでいっぱいにしてくれるデザートですよ!

中焙美式咖啡

中焙美式咖啡

重焙拿鐵

重焙拿鐵

 コーヒーはシングルオリジン以外にも、ベーシックなアメリカンコーヒー、ラテなどもあり、更にコーヒー豆の焙煎具合によって細かく分類しています。お客が好みの焙煎具合を選べるラテの「重焙拿鐵(深入り焙煎ラテ/120元)」はチョコレートのような風味を持っており、「中焙美式咖啡(ミドル焙煎ラテ/135元」)は果物と花のような香りがあります。このようなメニューがコーヒー愛好者のお客たちも満足させています。

 ドリンクメニューはコーヒー以外にも、お茶やホットチョコレートなどがあり、最低消費は1人1杯のドリンクです。「LA CHAUDIERE樂初咖啡」は友達と訪れておいしいブランチやデザートを味わいながら、おしゃべりに花を咲かせるのにぴったりの場所です。そんな楽しいひと時が幸福感でいっぱいになりますよ。
(記者:Elisa)

地図

【La Chaudière Coffee 樂初咖啡】
住所:台北市松山區復興北路361巷6號
電話:02-2547-3788
営業時間:09:00-19:00
定休日:無し
交通:MRT中山國中駅より徒歩約5分
URL:https://www.facebook.com/lachaudierecafes

Loading...

▲ページトップへ戻る