2017年11月16日

シティの中のビーチ 八里左岸公園・挖子尾自然保留區

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
八里の船乗り場

八里の船乗り場

BALIの文字

BALIの文字

八里左岸公園の歩道

八里左岸公園の歩道

水筆仔

水筆仔

水筆仔の実

水筆仔の実

潮間帯に茂るマングローブ

潮間帯に茂るマングローブ

 八里は、淡水河の河口の左岸に位置し、川を挟んだ向かい側から淡水の街を一望できます。八里はかつて漁村集落だった地域で、時代の流れとともに少しずつ変貌を遂げ、現在は水辺のリゾートエリアになっています。東南アジアのような風情が感じられ、ゆったりした時間が流れます。台北の街に一番近い美しいビーチと夕焼けが見られる場所でもあります。

 淡水の船乗り場から、悠遊カード(Easy Card)を使用して気軽に乗れる船は、わずか5分ほどで八里に到着します。船着き場の傍には、花枝燒(イカフライ)、姊妹雙胞胎(ドーナツ)、孔雀蛤(ムール貝)などの美食店があり、おいしそうな香りにつられてついつい買ってしまします。小腹を満たしたら、八里左岸公園へ散歩に出かけてみましょう!淡水河沿いに整備された歩道とサイクリングロードを進んで河口に向かって歩けば、「BALI」と書かれた文字が見えてきます。ピンクの文字が青い空と白い雲に映えて、観光客の人気撮影スポットになっています。

 広い淡水河では、風を受けてヨットが走っていたり、騎馬警察が砂浜で馬術をする様子をみんなが写真に収めていたりと楽しい風景が広がります。さらに進んで大きな広場まで来ると、ステンレス製のピカピカのハート型のオブジェ「鏡收幸福」があります。ステンレスで出来た鏡のような表面に、淡水河の美しい景色と恋人、夫婦、友達を映せば、まるで愛情と幸福の象徴のよう。八里のハッピースポットの一つになっています。砂浜沿いにカーブした歩道をゆっくり進めば、八里左岸の自然の景色を堪能できほか、道中にも様々な施設があり、休憩しながら絶景を楽しむことができますよ!

 「挖子尾自然保留區」は、生態保護区になっていて、河口の曲がりくねった地形を台湾語で表した「挖子」という名前がついています。主な保護対象は「水筆仔」(メヒルギ)という潮間帯に生育するマングローブの一種と、その周辺に生息する動植物で、シオマネキ、ムツゴロウ、サギ、渡り鳥などです。挖子尾は、淡水河河口の潮間帯に位置しており、全体的に平坦で主に砂浜と沿海の湿地からなります。船を停泊することができる砂浜地形だったことから、漢人が中国大陸から移住し、早期に開拓されたエリアです。その後泥砂の堆積や川の氾濫のため、商業活動は徐々に衰えていきました。

 メヒルギは、台湾古来の植物の一つで、淡水と海水が混ざった河口地帯で成長して、茂みを作ります。若い芽がまるで筆を吊るしているように見えるため、中国語では「水筆仔」と呼ばれます。秋冬は、ちょうどメヒルギが実をつける時期で、まるで星のような形の実はとても可愛らしいです。

 木の桟道の最終地点は「觀海長堤賞鳥區」で、淡水河河口の砂浜の景色を観賞することができ、向こう岸に淡水の漁人埠頭が見えます。台北市の母なる川は、ゆっくりと台湾海峡に流れていきます。

河口に停泊する漁船

河口に停泊する漁船

張氏古厝

張氏古厝

 海に向かう堤防沿いの道の手前に1本の分かれ道があり、右側の石には「挖子尾聚落」と書かれています。この集落の中には、130年以上もの歴史を持つ伝統の赤レンガ建築の古い家屋が何軒か残されており、その中でも最も有名なのは「張氏古厝」です。 この三合院造りの建物は清朝時代に建てられ、元の場所に最も完全な状態で保存されている貴重な建物です。当時使用した赤レンガと木材などの建築材料は全て中国の唐山から台湾に持ってきたものです。三合院造りの門とレンガの壁と瓦屋根は、月日が流れた後、独特の趣が生まれ、挖子尾聚落に文化的な雰囲気を添えています。ここを訪れたら必ず見たい場所の一つです。

 八里は、かつての過疎化した漁村から一変し、今ではリゾートエリアや生態教育の場として人気を集めています。淡水観光に訪れる際は、ぜひ河を渡って八里にも立ち寄ってみてください。ここには特別な自然と文化があり、まるで都市の果てに訪れたかのような気分になります。河口と海の壮大さを味わえるこの感覚をぜひ体験してくださいね。
(記者:Shimin)

地図

【挖子尾自然保留區】
住所:新北市八里區挖子尾街
電話:02-2610-2621
営業時間:全天
定休日:無し
交通:MRT淡水駅から船で八里渡船頭へ。八里左岸公園沿いに徒歩約25分
URL:http://tour.ntpc.gov.tw/zh-tw/Attraction/Detail?wnd_id=60&id=110124

Loading...

▲ページトップへ戻る