2017年12月6日

台湾の高校生レストラン 主廚之家中點教學餐廳

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

鮮肉小籠包

鮮肉小籠包

揚州炒飯

揚州炒飯

台湾茶シリーズ

台湾茶シリーズ

店内の様子

店内の様子

料理教室

料理教室

 主廚之家中點教學餐廳は、MRT六張犁駅からシャングリラホテル方面に7分程歩いたところにあります。このレストランは、日本の三重県立相可高等学校の姉妹校である開平餐飲学校の生徒達が実習として経営しているレストランです。この学校では中華レストランや西洋レストラン等があり、主廚之家中點教學餐廳は中華式点心を中心としたレストランで、2017年5月にオープンしたばかりです。

 今回ご紹介するのはお店自慢の点心料理など6種類。「鮮肉小籠包(小籠包5個入り/ 80元)」はショウガを加え生臭さを取り除いた豚肉とチキンスープでジューシーな肉汁がたっぷり。「揚州炒飯(揚州チャーハン/120元)」は自家製のチャーシューとパラパラ感を出すために厳選したタイのご飯を使用しています。白黒の皮で包まれた「奶皇流沙包 (カスタードまん2個入り/ 60元)」は熱々のカスタードクリームの甘さが程よく、黒い皮には竹炭が練り込まれています。

 プリプリとした食感の「港式蝦餃 (香港式海老蒸し餃子3個入り/ 90元)」は豚の背油を加えたもの。葱入りのモチモチとした皮の「牛肉卷餅(台湾ビーフ巻き/90元)」は牛のすね肉を煮込んだ後にきゅうりと一緒に巻いています。サツマイモで甘さと塩気を出した「鹹水角(ピロシキ餃子2個入り/60元)」は、サクサクとした皮が食欲を掻き立てます。

 食器はこだわりの品を特注し、お店の内装も書籍で作り上げた柱やおしゃれな食器をインテリアにしていて、清潔感のある居心地良い空間になっています。また、お客の要望を受け、様々なイベントも企画していて、大型スクリーンなどの設備もあります。

牛肉卷餅(左)と鹹水角(右)

牛肉卷餅(左)と鹹水角(右)

奶皇流沙包(左)と港式蝦餃(右)

奶皇流沙包(左)と港式蝦餃(右)

 台湾のお茶を推薦するため、お店では、お一人様60元のお茶の最低消費を設定しています。どのお茶も特色があり、茶葉の販売もしているので、気に入った茶葉は買って帰ることができますよ。また、メニューには辛さの度合いやベジタリアン向けの表記、日本語表記もあるので、安心して注文することができます。

 学生達はこだわり抜いた安心食材を丁寧に下ごしらえし、真心込めて提供することをここで学び、未来へと羽ばたいて行きます。未来のシェフ達が作る料理をリーズナブルに味わえる高校生レストラン。お近くにお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
(記者:Suzuki)

地図

【主廚之家中點教學餐廳】
住所:台北市大安區敦化南路二段277號B1
電話:02-2738-6939
営業時間:11:30-14:00、17:30-21:00
定休日:日曜及び祝日
交通:MRT六張犁駅出口から徒歩7分
URL:https://www.facebook.com/kpcf.dyna/

Loading...

▲ページトップへ戻る