2017年12月12日

宜蘭五峰旗瀑布と 聖母朝聖地

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
駐車場から滝エリアへの入り口

駐車場から滝エリアへの入り口

聖母登山步道入口

聖母登山步道入口

五峰旗第二層の滝

五峰旗第二層の滝

五峰旗第三層の滝

五峰旗第三層の滝

五峰旗聖母マリア聖地

五峰旗聖母マリア聖地

天主堂內部

天主堂內部

豊富な水量の渓流と小さな滝

豊富な水量の渓流と小さな滝

 荘厳な絶壁から勢いよく飛び出す滝は、青くエメラルドグリーン色の谷の中に流れています。「五峰旗風景區(五峰旗風景エリア)」は「蘭陽十景」の一つに数えられており、五峰旗の滝は雪山山脈と蘭陽平原が交錯する場所に位置し、滝後方には5つの峰が連なっています。その峰が連なる様子はまるで三角形の旗によく似ていることから五峰旗と名付けられました。滝は全部で3層に別れていて、第1層から第3層まで50メートル、30メートル、20メートルと落差があり、その光景は圧巻です。「五峰旗風景區(五峰旗風景エリア)」は、大自然の満ち溢れるエネルギーを感じられるだけでなく、森林の香りを思う存分満喫することができ、夏になると水遊びやキャンプ、バーベキューで楽しめる、避暑地として大人気の場所なんですよ。

 入り口の広場付近には、大きな芝生が広がり、傍には滝の下流形成によってできた渓流があります。ここは「攔沙壩都規劃(砂防ダム規格)」によって、キッズ水遊びエリアとなり、親子や友人達で水遊びやピクニックを楽しむには最適のスポットとなりました。滝エリアの歩道はとても広く、平坦で歩きやすいのが特徴で、徒歩10分もかからず五峰旗の第3層の滝へと辿り着きます。滝の下方には水溜りが形成されていて、夏になると天然のプールとなります。階段を上がっていくと、約15分で第2層の滝に到着します。「觀瀑平台」に立つと、至近距離で、流れ落ちる大きな滝を見ることができます。ゴーっという滝の音に加え、顔や身体に飛び散る水しぶきは、都市の喧騒をかき消し、静かな大自然のエネルギーを与えてくれますよ。更に上へ上がっていくと、第1層の滝へと通じる歩道に辿り着きますが、近年、上方の落石が多発しているため、進入禁止となっています。

 途中、「聖母朝聖地(聖母マリア聖地)」への道順を表示した標識が立っています。聖母マリアはここで登山者を助けたという伝説があり、聖母マリアの魂が宿るこの地に像を建て、後に朝聖台も建てられ、広くこの世に伝えられることとなりました。現在では、更にシンプルな円形の天主堂が建てられています。平台からは高層から山間に流れる五峰旗第1層の滝も眺望できます。また、祝祭日には天主堂でミサが行われていて、ガイドによる解説も行われているのだそうです。

 「聖母朝聖地」に沿った後方には、緩やかな坂道が約3キロに渡って続いています。通天橋を通過するとやっと「聖母登山步道登山口(聖母マリア登山歩道登山口)」に辿り着きます。歩道沿いには多くのマイルストーンや生態解説碑が設置されていて、登山健康イベントや生態環境教育と融合しています。歩道はわずか1.63キロ、高度500メートルと短いですが、やや体力のある人向けの登山ルートとなっています。歩道に足を踏み入れると、緑豊かな美しい山道になり、深い霧の中では、まるで妖精が突然現れたかのようにマイナスイオンが満ち溢れています。ゆっくり深呼吸すると心をリラックスさせてくれますよ。残念ながらこの素晴らしい景色は長くは続きません。次に待っているのは、果てしなく続く階段です。頑張って上ると奇妙ながらも独特な山脈の稜線が見ることができ、その光景は信じられないほどの美しさなんですよ。

森の香りあふれる歩道

森の香りあふれる歩道

奇妙で独特な峰の稜線に囲まれた聖母山莊の周囲

奇妙で独特な峰の稜線に
囲まれた聖母山莊の周囲

 右側の道は、赤い色の屋根を持つ「聖母山莊(聖母マリア山荘)」へと続いています。外観から見ても普通の非難小屋のようですが、中に入ってみたらきっと驚くことでしょう。仕切りのない大きな空間内に木質の床が敷いてあって、その中間に祭壇と聖母マリア像が設置されています。登山仲間たちと木質の床を囲むように座ったり、横になったり、必要な物をシェアしたりなど、本来の庇護の場所というものが体現できます。「聖母山莊」から再び歩いて階段を数段上ると蘭陽平原を見渡せる「觀景平台」に辿り着きます。東側には蘭陽平原、西側には新北市の山々を眺めることができます。また、近くにある標高1029メートルの「三角崙山」は小百岳の一つで、また、蘭陽五大名山の一つに数えられているんですよ。

 「五峰旗風景區」は荘厳な滝群があり近くまで行けるため、北台湾では夏の避暑地として水遊び、そして秋と冬は登山スポットとして大人気です。滝の間に隠れるようにある聖母マリア信仰も台湾では稀にみる宗教聖地の一つとなっているので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
(記者:Shimin)

地図

【五峰旗風景區】
住所:宜蘭縣礁溪鄉五峰路
電話:03-988-0940
営業時間:全日
定休日:無
交通:台湾鉄道礁溪駅または礁溪バスターミナルから台灣好行バス礁溪線行きに乗り約10分
URL:http://www.lanyangnet.com.tw/ilpoint/jc02/

Loading...

▲ページトップへ戻る