掲載している内容は取材当時のもので、現在とは異なることがあります。
各記事には掲載日付を明記していますので、参考にしてください。

最近の過去7日分の台北日和記事です。

2017年4月28日(金)
地元っ子の秘密の美食 大稻埕甜心咖啡
地元っ子の秘密の美食 大稻埕甜心咖啡

 お店の入り口の席には部屋着を着た年配の地元のお客が世間話をしていているけれども、一番奥のテーブルにはスーツケースを持った外国人客もいるという、幅広い客層から人気のお店「甜心咖啡」は、迪化街の小さな路地裏、72巷にあります。午後になると、店内はとても賑やかで満席になってしまいます。恋愛の神様で有名な「霞海城隍廟朝」の向かいの小道に位置し、迪化街の喧騒から離れ、静かな時間が流れているこの小さなお店は、地元の人たちがお茶を飲みながらおしゃべりしてリラックスできる場所になっています。

[続きを見る]
2017年4月27日(木)
季節の果物たっぷりのヘルシーで可愛いスムージー 乳菓在一起
季節の果物たっぷりのヘルシーで可愛いスムージー 乳菓在一起

 台北のランドマークの一つでもある中正紀念堂の青い屋根が見える裏通りに、鮮やかな黄色の看板が目印のドリンクショップ「乳菓在一起」があります。新鮮な台湾産フルーツを生かしたスムージーが人気のお店です。祖父が果物農家であるオーナーは、イギリス留学時に、ヨーロッパにはフレッシュフルーツのスムージーショップがたくさんあることに気付きました。しかし、母国台湾では、果物がおいしい場所として有名なのにも関わらず、天然の味わいを生かしたスムージー専門店が少ないと思い、台湾に戻った後、自身の店を立ち上げました。

[続きを見る]
2017年4月26日(水)
2つの高架下に隠れた美食 橋下大叔
2つの高架下に隠れた美食 橋下大叔

 「橋下大叔BRIDGISAN」は、台北市の「新生高架橋」と「市民高架橋」が交わった橋下のちょっと変わった場所にあります。オーナーの徐さんと3人のパートナーによる大胆なアイディアによって、10坪の広さにわずか15席のみという、驚くべき快適なお店を造り上げました。店内で提供される丼物、ペンネ、リゾット、スイーツ、アルコール飲料は全ておすすめメニューで、橋の下を行き交う多くの人を魅了し、わざわざ来店する人も少なくありません。

[続きを見る]
2017年4月25日(火)
おいしい食べ物と友人との楽しい時間 Gather 食聚
おいしい食べ物と友人との楽しい時間 Gather 食聚

 「GATHER-食聚」は、宜蘭縣の国道台二線・濱海公路傍にあります。壯圍鄉後埤社區一帯の番地が壯濱路2段277號のため、「277」は一つの重要なナンバーとなっています。店先の「277」の数字が目を引くこの田舎風の小店は、2階建ての家屋を改築したもので、伝統建築の古民家の趣が丁寧に保存されています。外観のモザイクタイルの壁、店内の階段、太陽の光が降り注ぐ明るい室内など、温かくて心地良い雰囲気が、まるで家に帰ってきたかのようなリラックスした気持ちにさせてくれます。

[続きを見る]
2017年4月24日(月)
街の中のソウルスポット ART by KJC
街の中のソウルスポット ART by KJC

 西門町に位置する「Hanko60」の2階にあるソウルスポット「ART by KJC」は、騒がしい街の中で、ゆっくりと緊張をときほぐし、ひと休みして芸術に癒されるバーです。映画館のチケット売り場をイメージした入り口から幻想的なネオン明かりにともされた「Hanko60」の階段を一段一段上がって「ART by KJC」に入ると、また全く別の世界に来たかのようです。

[続きを見る]
2017年4月21日(金)
台北のレトロな街歩き 赤峰街~迪化街
台北のレトロな街歩き 赤峰街~迪化街

 今回は、皆さんを台北のレトロな街並みの散歩にご案内しましょう。MRT雙連駅を出発してMRT中山駅まで赤峰街沿いを歩き、太原路からはUbikeに乗って、迪化街へ到着するルートです。その昔、赤峰街は自動車部品の卸問屋や機械部品のリサイクル店が多く集まるエリアで、「打鐵街」と呼ばれていました。近年、多くの新しい店舗が進出し、機械部品の間に明るいデザインの看板がある独特な街並みが形成されています。

[続きを見る]
2017年4月20日(木)
時空トンネルで秘密のタイムワープ 新富町文化市場U-mkt
時空トンネルで秘密のタイムワープ 新富町文化市場U-mkt

 MRT龍山寺駅近くの「東三水街傳統市場」の中に、まるで時空を超えて来たかのように突然現れた建築物「新富町文化市場」。この建物は、忠泰建築文化基金會の支援による修復のもと、今年3月末にリニューアルオープンしました。建物の歴史や故事を保存している以外、現代文化との融合を目指した複合型多機能建築空間です。

[続きを見る]