掲載している内容は取材当時のもので、現在とは異なることがあります。
各記事には掲載日付を明記していますので、参考にしてください。

最近の過去7日分の台北日和記事です。

2017年12月29日(金)
お気に入りの一枚を飲めるカフェ?! 映相咖啡棚拍館
お気に入りの一枚を飲めるカフェ?! 映相咖啡棚拍館

 台北旅行の際には外せない人気スポット永康街エリアにオープンした映相咖啡棚拍館は、一風変わったカフェとして注目を集めています。2017年10月に写真をテーマにしたカフェとしてオープンしたお店で、台湾ではまだ珍しい「フォトラテ」を飲むことができます。「フォトラテ」とは、ラテの上に写真をプリントできる最新技術を使用したドリンクで、若者を中心に世界的に人気が高まっている次世代型ドリンクです。

[続きを見る]
2017年12月28日(木)
淡水老街で宝物を見つけよう 中正市場小廟埕市集
淡水老街で宝物を見つけよう 中正市場小廟埕市集

 MRT淡水信義線(赤ライン)の最後の駅に位置する新北市の淡水は、淡水河口、観音山の壮大な景色、そして豊富な歴史古跡があるため、旅行客が台北へ訪れた際の必須の観光スポットとなっています。その中でも、中正路200番にあり、ご当地の信仰の中心となっている媽祖廟「福佑宮」は、1732年に建設され、主に湄洲媽祖が奉られています。当時の淡水は、海外の中国移民が台北盆地へ移住し、重要な戸口を開いていました。

[続きを見る]
2017年12月27日(水)
味覚と視覚で体と心をいたわる季節のおいしさ 小農鍋物 大安店
味覚と視覚で体と心をいたわる季節のおいしさ 小農鍋物 大安店

 敦化南路の路地裏にある「小農鍋物大安店」は、新鮮で今までにはない食材選びとお店の雰囲気が人気を集めています。まるで家に帰ってきたかのような温かみのあるお店は、お母さんが家族の健康を考え、良い食材を選んで真心こもったスープで鍋を作ってくれるような雰囲気を大切にしたお店です。オーナーのSherryさんは、シャングリラホテルやリージェントホテルなどの五つ星ホテルで十年以上コンシェルジュとして国内外の数々のVIPをもてなしてきたスキルを持ち、「小農鍋物」もその経験の延長上にできたお店です。

[続きを見る]
2017年12月26日(火)
愛され続ける包子饅頭専門店 永豐盛手工包子饅頭專賣店
愛され続ける包子饅頭専門店 永豐盛手工包子饅頭專賣店

 MRT台電大樓駅3番出口を師大夜市方面に向かって3分程歩くと、台湾の子供から大人まで幅広い年齢層に愛され続けている「永豐盛手工包子饅頭專賣店」があります。名前の通り手作りの包子・饅頭の専門店で、20数年に渡り常に行列の絶えなない人気店です。店先には所狭しと蒸し籠が並べられ、次々と熱々の包子や饅頭が売れていきます。

[続きを見る]
2017年12月25日(月)
焼肉に一焼入魂! 肉叔叔燒肉飯
焼肉に一焼入魂! 肉叔叔燒肉飯

 肉叔叔燒肉飯は吳興街の小さな路地裏で一際目立つ、こぢんまりとしたお店です。白を基調に黒い文字で書かれた看板、温かみのある黄色い照明と焼肉の香りが、付近の住民や学生、そしてサラリーマンを魅了しています。「最好吃的燒肉飯(最高に美味しい焼肉ライス)」をモットーにするお店の壁には、「一焼入魂」のスローガンがプリントされた垂れ幕まで掛けられているんですよ。主食メニューは、焼肉ライスのみ。

[続きを見る]
2017年12月22日(金)
こだわりの本格中華料理 古亭讚食堂
こだわりの本格中華料理 古亭讚食堂

 MRT古亭駅といえば、国立台湾師範大学や永康街、中正紀念堂へのアクセスが便利で国際色豊かな人々が行き交う場所です。古亭讚食堂は、駅の7番出口から徒歩3分のところにある、本格的な台湾家庭料理のお店です。今年8月にオープンして以来、食材や調味料、お店の装飾品など細部までこだわり、妥協を許さない姿勢が好評を得ています。メニューはとても豊富で、今回はその中から選りすぐりの11種類をご紹介します。

[続きを見る]
2017年12月21日(木)
心温まるスイーツに出会える 遇見 ice to meet you
心温まるスイーツに出会える 遇見 ice to meet you

 「 ice to meet you」。書き間違えてしまったわけではありません。確かに「ice」で、「nice」ではないんです!語呂合わせが面白い「遇見 ice to meet you」という店名は、オーナーの小学校時代の同級生が付けた名前なんだそうです。オーナーは、ロマンチックなアイデアを同級生に話し、英語名が中国語「遇見(出会い)」に相当する意味であることを希望していました。

[続きを見る]