旅々台北 特集記事
まだ知らない屏東

DAY 3 原住民ヴィレッジで山のパワーを感じる

禮納里部落

2009年に起こった八八水害により、屏東の原住民ヴィレッジは大きな被害を受けました。被害を受けたヴィレッジは、政府からの支援で、以前、瑪家農場があった安全な場所に村ごと移転し、ワールド・ビジョン(世界展望会)からの支援でこの一帯に各世帯の家を建てました。そして部落関係者たちが話し合いのもと、「共にあの場所へ」という意味を持つ「禮納里Rinari部落」という名前を付けました。

「禮納里部落」は、かつての瑪家鄉瑪家村、三地門鄉大社村、霧台鄉好茶村の住民たちで構成されており、パイワン族とルカイ族の二つの原住民族が居住しています。その中でも「好茶部落」は水害により壊滅的な被害を受け、彼らの故郷は無くなってしまいました。「禮納里部落」は彼らの新しい出発の場所であり、新たな故郷ともなっています。

ヴィレッジの青年たちの多くは、近年ヴィレッジに戻り、積極的に自分たちの民族文化を守り、さらに多くの人たちに伝えていきたいと活動しています。パイワン族とルカイ族の歴史を理解してもらえるように、好茶部落の人々は、観光客が立ち寄れる場所として家を開放し、観光サービスや生態ツアー、ヴィレッジガイドツアーなどのサービスを行っています。

好茶部落懷舊棧

今回宿泊した「好茶部落懷舊棧」は、リビングに様々な原住民族文化の装飾が施され、部族の特色である冠を記念写真用に貸し出すなど、原住民族文化を肌で体験できる民泊施設です。陶器の壺は、パイワン族の重要なシンボルで、非常に神聖なものとされています。民泊を通じて、地元の人たちの生活の様子を体験することができます。「好茶部落懷舊棧」では4部屋を民泊用に貸し出しており、原住民族料理の朝食も食べられます。

朝食後は、ガイドさんと一緒にヴィレッジを散策します。ヴィレッジにはツーリストセンター、レッドキヌア故事館、アート空間やフレンチレストランなどがあります。地元の芸術家がヴィレッジ内にアートを施し、ヴィレッジの美化とともに、部族のストーリーや文化を、アートを通じて表現しています。「好茶部落」は雲豹の故郷とも言われていた場所で、現在もヴィレッジの至る所に雲豹のシンボルを見ることができます。

魯魯灣

ヴィレッジは美食の宝庫としても知られ、遠くからわざわざ足を運んでくる人も少なくありません。原住民の食材やアイデアとフレンチ料理を融合させたレストラン「AKAME」は、完全予約制のレストランで、口コミで広がった秘境の料理です。今回、夕食をいただいた「魯魯灣」もまた名店と評判高いお店です。原住民族の文化と地中海のエッセンスを融合させ、地元の食材を生かしたおいしい創作料理が食べられます。毎日新鮮な地元の食材に合わせて調理するためメニューはありません。通常は、なかなか味わう機会がない、アワで作った阿拝(Abai)という料理や、レッドキヌアと山芋のおにぎり、馬告というスパイスをきかせた豚肉のグリルなど、どれも非常においしいです。デザートは、地元産の干しタロイモを添えたタロイモアイスクリーム。香りがよく濃厚な味わいで、幸せな気持ちになりました。

禮納里脫鞋子部落餐廳

翌日のランチは「禮納里脫鞋子部落餐廳」でいただきました。原住民族の家庭料理が楽しめるお店で、温かな母の味を堪能できます。「禮納里脫鞋子部落餐廳」では、観光客の休憩所として家を開放しており、ヴィレッジガイドツアーも受け付けています。ヴィレッジの歴史をよく知りたいという人はぜひヴィレッジツアーを予約してみてください。

好茶部落懷舊棧
  • 住所:屏東縣瑪家鄉和平路一段65號
  • 営業時間:8:00-17:00 reservation
  • Webサイト:http://rinari.pgo.tw/index.php
  • 電話:08-799-7418
  • Email:rockjah36@gmail.com
  • 民泊体験 899元/人 (朝食付き、原住民文化園區までのシャトルバスあり)
    ガイドツアー 1600元/回(日英ガイドも可・予約制)
禮納里脫鞋子部落餐廳
  • 住所:屏東縣霧台鄉好茶村古茶柏安街17巷5號
  • 営業時間:8:00-20:00
  • Webサイト:https://www.facebook.com/Kucapungane20101225/
  • 電話:08-799-7198
  • 料金:民泊体験 1000元/人(朝食付き,特色あるウェルカム儀式体験付き)
  • 送迎
    1、HSR左營駅1500元/往復
    2、台湾鉄道屏東駅 800元/往復
    メニュー
    1、鄉村料理590元/1人(10人~12人)。
    2、族群融合創意料理450元/1人
    3、原住民族料理350元/1人
魯魯灣
  • 住所:屏東縣雾台鄉好茶村古茶柏安街17巷13號
  • 営業時間:コース料理550元/人,予約必須。
  • 電話:0972-060-887
  • Webサイト:https://www.facebook.com/balululuwan/

山川琉璃吊橋

「禮納里部落」付近には、原住民族の文化を理解することができる様々なスポットがあります。三地門エリアにある「山川琉璃吊橋」は、2016年にオープンした全長262メートル、高さ約45メートルのハンモック方式のつり橋です。橋の上にはパイワン族のシンボルでもある416本のヒャッポダ(百歩蛇)というヘビのトーテムがあり、蛇の目はトンボ玉で出来ています。このトンボ玉は、パイワン族、ルカイ族、プユマ族の特色を代表するものでもあり、トンボ玉の図案は全て神秘的な力を表しています。部族の中での地位を表したり、幸福を祈ったり、魔除けの意味も持っており、吊り橋の上の案内パネルでそれぞれのトンボ玉が持つ意味を知ることができます。

山川琉璃吊橋
  • 住所:屏東縣三地門鄉
  • 営業時間:平日9:00-16:00、土日祝9:00-17:00
  • Webサイト:https://lioulibridge.pthg.gov.tw/
  • 電話:08-732-5032
  • 入場料:大人50元

台湾原住民文化園区

その他にも「台湾原住民文化園区」では、台湾16族の原住民族文化について理解を深めることができ、歌謡、ライトが素晴らしいダンスのショーも見ることができます。伝統的な原住民族の独特な魅力や歌、ダンスを融合させた特別なショーです。

台湾原住民文化園区
  • 住所:屏東縣瑪家鄉北葉村風景104號
  • 営業時間:火曜~日曜8:30-17:00(月曜休園)
    歓迎イベント:午前9:30 と午後13:30
    歓迎儀式:午前:10:00 と午後14:00
  • Webサイト:https://www.facebook.com/tacp.tw/
  • 電話:08-799-1219
  • 入場料:大人150元

青葉部落

最後に訪れたのは、三地門の「青葉部落」。ここはルカイ族のヴィレッジで、最も有名なのは巴冷王女とヒャッポダ(百歩蛇)というヘビの愛の伝説です。現在も巴冷王女の子孫がここに住んでいるそうです。青葉部落は400年の間様々な土地に移り渡ってきましたが、1976年からはこの地にとどまっています。ヴィレッジのトーテムは、飛び舞う蝶々で、蝶々は友好的な意味を持っています。ヴィレッジを訪れると様々な蝶々のトーテムを見ることができます。

「青葉部落」最大の特色は、どの家の壁にもカラフルな絵がほどこされていること。これは部落の文化を代表するだけではなく、さらにそれぞれの家の地位を象徴しています。動物の絵は、かつてその家ではその動物を狩っていたことを示しています。ユリとつぼはその家に住む人たち地位を表し、牧師の家には天使が描かれています。このヴィレッジを散策すれば、ルカイ族の美しいストーリーを発見することができます。

青葉部落