油桐花を見に行きませんか?

油桐花は4~5月に台湾の各地で一斉に咲く花 その白さから五月の雪とも呼ばれます

山肌を白く染める油桐花 毎年4月から5月にかけて台湾の各地で油桐(アブラギリ)が見頃を迎えます。この植物は台湾では桐と呼ばれ、日本では油桐と呼ばれます。油桐の特徴は真っ白な花が一斉に咲くこと。山肌を白く染め上げる様子を見ると思わず感嘆の声が上がります。

 油桐が台湾各地にある理由は種子から取れる油と早い成長にあります。この油には毒性があり、古来より害虫や湿気を防ぐために塗料や油紙の材料として盛んに使われてきました。20世紀になるとこの油にペンキとしての有用性が認められて世界中の軍事・機械工業で需要が高まり、中国などで油桐の生産が拡大しました。日本統治時代の台湾でも日本人によって中国や東南アジアから油桐を持ち込み栽培が行われるようになりました。これらは主に軍事産業向けに栽培されたと考えられています。1960~70年代になると台湾政府が油桐の栽培を奨励し、木材として主に日本に輸出されるようになりました。このような歴史を経て台湾各地に油桐の栽培が広がっていきました。

 油桐の栽培は主に客家人の手によって行われ、現在でも客家の集落近くに油桐が群生しています。そのため油桐が咲く時期には「客家桐花祭」などと呼ばれる催しが各地で開かれ、日本の桜の花見のような賑やかさになっています。


客家桐花祭が開催される場所

客家桐花祭が開催される場所

龍騰断橋
龍騰断橋の近くでも桐花が観賞できます
 台湾で桐花祭が開催されるのは北部・中部・東部の広い地域に渡り、各地の遊歩道や農園は花を観賞する人々で賑わいます。台湾で最も多く油桐があるのは苗栗県で、三義郷や三湾郷など代表的な観光地があります。その他にも桃園の大渓、宜蘭の冬山、平渓線の周辺でも油桐花を楽しむことができます。南部では4月頃から開花が始まり、徐々に北上を続けて、4月の終わり頃から5月上旬になると台北市周辺でも開花が始まります。観光の合間や移動中に白く染まる山肌を見ることもできます。

 観光地の多くは山の中にあるため公共交通機関でアクセスしにくくなっています。台北市内から最も簡単にアクセスできるのは土城で、台北駅から桐花祭会場に近いMRT永寧駅までは乗り換えなしでおよそ23分。お祭期間中の土日はMRT土城駅や永寧駅から会場まで専用のバスが往復していて気軽に桐花を観賞することができます。


土城桐花観光マップ

Loading...

土城の油桐花写真を見る

最終更新日:2011年5月17日
取材は2011年5月に行いました。
内容が古くなっていることもありますのでご了承ください。