コンテンツ1コンテンツ2

 旧正月が近づくと、台湾のあちこちに年貨大街が出現します。これは、お正月の飾り付けや年菜(お正月料理)の食材、お菓子、おやつなどを売る露店。台北最古の問屋街「迪化街」は、普段はからすみ、漢方薬、乾物などのお店が並んでいますが、年貨大街の開催期間は、別世界。通りの左右に露店がずらっと並び、夜になると、さながら夜市の様相です。

 この露店は、迪化街のお店が自分の店先に出しているのではなく、台湾各地からこの季節にだけ業者がやってきて、店を出します。毎年やって来て、同じ場所で店を開く業者も多く、売り子たちの活気に満ちた呼び込みが響き、それらを求める人たちの熱気があふれます。1日に5万人以上の人が訪れる、台湾最大級の迪化街年貨大街を探検してみましょう。

>迪化街について詳しく

※迪化街年貨大街は毎年開催されますが、この特集は2013年に取材したものですのでご注意ください。