司馬庫斯 - Smangus -

 

「神の集落」― 司馬庫斯 - Smangus -

 司馬庫斯は台湾新竹県尖石郷後山の山奥にある原住民集落の一つです。僻地であることから開発が遅れ、今もなお美しい景色が残されていて「神の集落」という美しい名前があります。今回、七星生態保育基金会と花旗基金会が合同で開催した司馬庫斯生態旅遊体験に参加してきました。

 1泊2日の旅の中、この美しい「神の集落」をよく探索することができ、まるで美しいこの世の秘境に来たかのようでした。ここには薄暗い空も冷たい高層ビルもなく、見渡す限り霧に包まれ幾重にも連なる山林、聞こえてくるのは街の賑わいではなく、虫や鳥の鳴き声。Presenter原生林、豊富な泰雅族(タイヤル族)文化やタイヤル族の人たちの温かさ、特色のあるおいしい料理があって、帰るのが名残惜しくなるくらい、とても素敵な思い出が残せました。台北に戻ってからも度々このすばらしく清らかな場所を思い出し、ぜひもう一度訪れたいと思っています。


 それでは、司馬庫斯について詳しくご紹介しましょう!


最終更新日:2013年12月16日
取材は2013年10月に行いました。
内容が古くなっていることもありますのでご了承ください。

  このページのトップへ 次のページへ進む