TOP





 台湾鉄道の集集線は、台湾中部、西部幹線二水駅から車呈(*)駅までの約30kmの区間のローカル線です。濁水渓沿いに高度を上げていくこの路線は、有名な集集駅周辺の観光や、日月潭へのルートとして多くの利用者があります。
 全線が非電化の単線で、沿線にはノスタルジックなムードが漂います。
(* 呈の字は土へんがつきます。)

●集集駅
 この駅の駅舎は日本統治時代に建設されたものですが、1999年9月の集集地震で倒壊しました。2002年には当時のままに再建され、現在に至っています。周辺には史跡も多く、多くの観光客が訪れます。

●緑色公路
 濁水駅から龍泉駅の間は線路と並行して緑豊かな道路があり、緑色公路と呼ばれています。線路は木々のトンネルのような感じになっていて、記念写真の撮影スポットとして、列車の運行時にはカメラを構えた人々をよく見かけます。

●水里駅
  集集線沿線で最大の町で、日月潭や東埔温泉行きのバスが発着します。

●行き方
 早朝に台北を出発すれば、十分日帰りが可能です。
 集集線の始発駅の二水駅は、自強号などの優等列車はあまり停車しないので、最寄の彰化駅で電車か復興号に乗り換えます。

●旅のヒント
 集集線沿線ではタクシーはほとんど走っていません。駅周辺を探索するにはレンタサイクルをお勧めします。レンタサイクルは1台100元程度で、借りるときには身分証(外国人の場合はパスポート)を提示します。
 書店の旅行ガイドのコーナーで、集集線のガイドブックを売っていますので、事前に購入すればよいでしょう。中国語で書かれていても、おおよその意味は分かると思います。
 時刻表は台北駅で売っています。インターネットで調べることもできます。
  台湾鉄路管理局

●注意点
  集集線はよく遅れるので、帰りの二水駅での乗り継ぎは余裕を持ったスケジュールにしましょう。(たとえ遅れても乗り継ぎの列車は待っていてくれません)
ビデオコンテンツ
観光ビデオではありませんので、興味のない方にはあまり面白くないと思います。ご了承ください。ビデオの再生には、Windows Media Player V9が必要です。
←写真をクリックすればビデオを再生します。

台北駅〜二水駅まで(6分19秒)
←写真をクリックすればビデオを再生します。

二水駅から集集駅まで、前面車窓の風景がひたすら続きます。途中から雨が降り出したので、視界が悪くなっています。(28分35秒)
←写真をクリックすればビデオを再生します。

集集駅界隈、水里駅(10分9秒)

フォトアルバム
Adiaが撮影した写真です。全部で22枚あります。以下の写真をクリックしてください。

彰化駅

二水駅

集集駅

水里駅
※この記事は2004年夏に取材したものです。