TOP  基本情報1  基本情報2  路線図  歴史  用語集  旅々台北
切符の買い方
  駅の窓口での購入

 乗る当日に切符を購入する場合は、「当日票」か「今天票」と表示された窓口で購入します。
 指定乗車券は14日前から「預票」の窓口で購入できます。中国語を話せなくても「乗車日、列車の種類、列車番号(○○○○次)、発車時刻、行き先、枚数」など必要な事項をメモした紙を見せれば問題ありません。また、台北駅などの大きな駅のインフォメーションセンターなどには、日本語や英語を話せるスタッフがいることもあります。
 大きな駅では、窓口で購入する以外に、自動券売機で購入することもできますが、購入前には列車の種類を確認することをお忘れなく。
 (電話での予約は14日前からできますが、台湾の身分証明書番号を求められるため、観光客の利用は難しいようです。)

自動券売機での購入手順
1.お金(コイン)を入れます。
2.一張 / 二張 / 三張 / 四張のボタンで枚数 (張=枚)を決定します。
3.自強 / ◆光 / 復興 / 電車(區間車) / 普快から車種を決定します。
4.全票(大人) / 孩童(子供) / 老障(老人) / 成人去回(大人往復) / 孩童去回(子供往復) から決定します。
5.行先をボタンで選択します。
6.切符とお釣りが出ます

※目的地の行先ボタンがない場合は、自動券売機では買えません。
※自動券売機で切符を購入した場合、全座席指定の列車(自強号、◆光号、復興号)は、座席を指定することができず、「無座」(立ち席。ただし席が空いていれば座ることができます)扱いになります。ちなみに窓口で指定席の切符を買っても同じ値段です。 (◆=草冠に呂)
※台北駅などの主要駅では特急指定席の自動券売機も設置されています。

インターネットでの購入

 台湾鉄路局のホームページから、中国語、英語でオンライン予約ができます。乗車日の14日前からの予約が可能で、パスポート番号が必要です。予約完了後、予約コードが発行されます。切符は予約した日の翌日の22時まで(ただし翌日の列車であれば当日の22時まで)に、駅の窓口で受取ります。その際に、パスポートと予約コードを係員に提示してください。
台湾鉄路管理局のホームページ

Q 座席指定ができるのはどの列車ですか?
A 自強號、◆光號 、復興號です。これらは全席指定席です。なお、列車種別については、基本情報2のページに記載しています。(◆=草冠に呂)
Q 満席になる頻度はどのくらいですか?
A 東部幹線では常にほぼ満席状態です。西部幹線では空席のある便が多いようです。
Q 満席でも発券してもらえますか?
A ケースによりますが、大抵の場合「無座」で発券してもらえます。この場合、座席はありません(立席)が、空席があれば座っても構いません。ただし、その席の切符を持った乗客が来たら席を空けなければなりません。実際のところは、乗客同士でかなり融通し合っているようです。※タロコ号など、一部の列車では「無座」での乗車はできません。
Q 乗り換えがあるとき、通しで切符を買えますか?
A 列車種別でいう「電車(區間車)」を乗り継ぐ場合などを除き、通しで切符を買うことはできません。台湾鉄道の運賃は列車種別ごとに違うため、切符1枚1列車となっており、1列車ごとに切符を買う必要があります。始発駅で全ての切符を買うか、乗り換え駅で一度改札を出て次の列車の切符を買うか、車掌に申し出て乗り換え後の切符を買います。列車種別については、基本情報2のページをご覧ください。
列車の乗り方
 

松山駅の改札口
 列車の乗り方は日本と同じです。ただし、出発時刻の30分前にならないと改札が開かないので注意してください。大きな駅ではどのプラットホーム(月台)かを確認してください。通常、改札口付近に電光掲示板などで表示されています。
 なお、日本と異なりプラットホームは「島」ごとに番号が付けられています。詳しくは用語集をご覧ください。
 指定席の場合の乗車位置は、プラットホームに番号で表示されているので目安にしてください。
 裏が黒の磁気切符の場合は自動改札機を通ることができます。
 

台北駅のコインロッカー。日本とは使い方が異なるが英語の説明がある。

駅弁の定番「排骨飯」は、煮たスペアリブと煮卵が乗って、60元ほど、暖かい状態で売られている。
お役立ち情報

1.子供料金は年齢ではなく、身長で決まります(身長115〜145cm)。料金は大人の半額で端数は切り捨てです。
2.構内放送は、主に台湾語と北京語で、主要駅では客家語、英語もあります。小さな駅やローカル線の駅では放送がないこともあります。
3.駅構内の売店では駅弁や飲み物などを販売しています。自強号と◆光號では車内販売があります。 (◆=草冠に呂)
4.途中駅では停車時間が短いので、プラットホームに降りて駅弁を買うのは時間的に無理があります。
5.台北駅には郵便局やコンビニがあります。売店では駅弁も売られています。また駅2階はレストラン街になっていて、台湾小吃などが楽しめます。
TOP  基本情報1  基本情報2  路線図  歴史  用語集  旅々台北