龍山寺

龍山寺

鹿港の誇り、1級古跡の寺

龍山寺は、台湾の1級古跡に指定されている寺です。清朝初期の1653年に建立されたと伝えられており、1786年に今の場所へ移され、その後1831年には地元の名士たちにより規模が拡大され、度重なる修復をへて今日に至っています。
四進三院の建築様式で、「台湾の紫禁城」とも呼ばれており、彫刻や色彩画には中国泉州の芸術文化が見られます。台湾には有名な龍山寺が5ヵ所(台北の萬華、台南、鳳山、淡水)にあり鹿港の龍山寺もそのうちの1つです。
住所:彰化縣鹿港鎮金門街 81号
電話:04-777-2472
開放時間:5:00-21:30
  • 山門
  • 山門
    入り口。仏の世界と俗世界を隔てる重要な門。12本の柱で構成されており、その内4本は軒まで届く長さ。木製の柱が腐らないよう、下方には蓮を模った石の彫刻が入っているのが大きな特徴です。
  • 正殿
  • 正殿
    40本の柱に3つの門、11ものスペースがあり、当然ながら寺内最大の建築物。祀られている観世音菩薩像は1962年に作られたもので、本来の像は日本統治時代の火災で、残念ながら焼失しまいました。
  • 正殿
  • 正殿
    近づいてみると、木の梁に色彩画が描かれているのがわかります。色あせてしまっていますが、当時は華やかなお寺だったことがうかがえます。こちらには観世音菩薩が祀られています。
  • 後殿
  • 後殿
    1923年の火災で大部分が焼失し、1938年に修復が完了しています。以前の姿は写真もなく確認することができないのだそうです。元々は「北極殿」と呼ばれ北極大帝を祀っています。
天后宮

天后宮

華やかで現代的な廟

鹿港の大通り、中山路を進むとたどり着くのが天后宮。清朝の初期に建立されたと言われており、国の3級古跡に指定されています。ゴールドの門がそびえる入り口一帯には屋台や商店が並び、龍山寺に比べ華やかな雰囲気。
天后宮は、三川殿・正殿・後殿で構成されています。お線香の煙で黒くなった梁や神像が、参拝者の多さを物語っています。こちらに祀られているのは航海の安全を守る神、媽祖で、廟は港に近い位置にあります。毎年旧暦の端午の節句と媽祖の誕生日(3月23日)には台湾全国から多くの人が集まり、かなりにぎわうのだとか。
廟内には廟グッズ店(藝品館)やガチャガチャもあり、ストラップや時計に携帯電話など、かなり現代的なものが揃っています。
住所:彰化縣鹿港鎮中山路430号
電話番号:04-777-9899
開放時間:5:30-22:00
HP:http://www.lugangmazu.org/
  • 三川殿
  • 三川殿
    門をくぐると見えてくるのが前殿とも言われる三川殿。石彫刻、木彫りなど全て一流の職人によるもので、泉州の建築芸術が施された彫刻や屋根は台湾でも珍しいものです。
  • 藝品館
  • 藝品館
    媽祖キーホルダーやストラップ(共に99元)に、帽子やTシャツを200〜300元で販売。
    営業時間:平日8:00-17:00/土日祝日9:00-18:00
  • 藝品館の携帯電話
  • 藝品館の注目アイテム
    驚くべきは「媽祖尊爵紀念機」と名づけられた携帯電話(9900元)。2007年に3000機限定で販売がスタートしています。色はオレンジのみで、ゴールドのお札つき。
  • 平安米
  • 平安米
    お賽銭箱の近くには「平安米」がおいてあります。お賽銭を入れた人が自由に持ち帰っていいそうで、これを炊いて食べると家族円満に過ごせるのだとか。
旅々台北.com
台北遊透隊