蘭嶼、緑島特集

蘭嶼コンテンツ蘭嶼基本蘭嶼一周民宿シュノーケリング夜遊び伝統地下屋レストラン蘭嶼ビデオ
綠島コンテンツ綠島基本綠島一周ホテル朝日温泉夜遊びクルージングレストラン綠島ビデオ

※枠付の写真をクリックすると、別ウインドウに広範囲で大きく表示します。

「緑島一周」は3ページあります。  現在 1ページ | 次のページへ  | 1 | 2 | 3 |

緑島一周(1)

1. 緑島機場(緑島空港)

緑島機場緑島機場

MAP 緑島の北西にある緑島空港は、小型機しか着陸できない小さな空港です。1995年に拡張工事を行いましたが、それでも滑走路長は1,010m、滑走路の幅はわずかに18.5mしかありません。

 滑走路に左右には生活道路、住宅、珊瑚礁、また西側には丘が迫っていて、パイロット泣かせの空港です。

 現在は、台東空港との間に19人乗りの飛行機が1日4便程度就航しています。定員が少ないので、特にオンシーズンには予約を取るのはなかなか困難です。


2. 遊客服務中心(ツーリストセンター)

遊客服務中心遊客服務中心

MAP 空港の正面にツーリストセンターがあり、さまざまな観光情報を無料で提供しています。

 また、島の環境保護のため自転車の無料貸し出しサービスも行っています。島の北西部は傾斜もゆるやかで、自転車でのんびり回ることができますよ。バイクの免許がない人にはおすすめです。

 なお、島の東側は坂道が多く、自転車で巡るにはきつい坂道もあります。東北端の牛頭山から西北端の中寮、西海岸の南寮にかけては自転車でも楽に回ることができます。

遊客服務中心
電話番号:089-672026
OPEN:08:30~17:00
無料のレンタサイクルは朝9時から借りられ、午後5時までに返却してください。貸し出しにはパスポートか身分証明書が必要です。

3. 過山古道

過山古道起点

MAP 緑島には山歩きを楽しめる2つの古道があります。ひとつは全長1.84km、歩行者専用の過山歩道(南側)、もうひとつは全長1.85kmの過山古道(北側)です。

 かつて緑島には島を一周する環状道路はなく、南寮地区と温泉エリアをつなぐ唯一のルートがこの古道でした。古道の左右には南洋の植物が生い茂り、運が良ければ野生の梅花鹿や、シーズンには蛍に出会えますよ。ウォーキングにぴったりの、自然豊かな古道です。なお、蛇や虫対策のため、長袖長ズボンの着用をおすすめします。

 過山古道に行くには空港近くの起点(地図×印)から山道をバイクで行きます。空港近くの起点から5kmほど先の中科院前までバイクで行き、そこから過山歩道往復で1時間半ほどのウォーキングになります。

(おことわり)
 今回の取材では時間の都合で古道まで行けなかったため、空港近くの起点のみご紹介しています。ビデオでは紛らわしい点がありますのでご了承ください。

4. 緑島燈塔(緑島灯台)

緑島燈塔緑島燈塔緑島燈塔

MAP 島の西北端の中寮村にある灯台で、島で最も高い建物です。1936年に米国の豪華客船「プレジデント・フーバー号」が近海で座礁し、島民が救助したことをきっかけに、米国の協力のもとに建築がはじまり、1938年に完成しました。太平洋戦争中に被弾しましたが、戦後に以前のままの姿で修復再建され、今でも沖を航行する船の大切な目印となっています。


5. 将軍岩、人権記念公園、人権記念碑

将軍岩人権記念公園人権記念碑

MAP 緑島は火山地質のため、海岸には波に洗われた奇妙な形をした岩が数多く並んでいます。この岩は手に剣を握り、遠くを凝視している古代中国の将軍に見えることから将軍岩と呼ばれ、島の守り神として崇められています。

 かつてはこの将軍岩の付近の港が島の入り口となっており、政治犯として収容された人々にとっては、地獄の閻魔大王に見えたとも言われています。

 将軍岩を望む広場に人権記念公園があり、その一角に人権記念碑があります。

 戦後、中国から国民党政府が上陸するとまもなく戒厳令が発布され、多くの人々が政治犯として緑島の施設に収容されました。この白色テロ(1949~1987年)の犠牲になった人々への追悼として、当時の呂秀蓮副總統や陳菊高雄市長らの発案により、収容所跡地は公園として整備され、収容された人たちの名前が彫られた記念碑が建てられています。


「緑島一周」は3ページあります。  現在 1ページ | 次のページへ  | 1 | 2 | 3 |
このページの先頭に戻る