國立傳統藝術中心

國立傳統藝術中心

 国立伝統芸術センターは広大な敷地を持ち、テーマによって2館の展示館、戯劇館、3街の伝習街、民芸街、臨水街、1廟の文昌祠に分かれています。また12の月に合わせて12の劇種があるなど、いつ来ても新しい発見ができる芸術スポットです。國立傳統藝術中心

 なかでも一番目を引くのは民芸街です。台湾伝統閩南式とバロック式の建築を組み合わせたレトロな建物の通りには30以上の店舗が集まっていて、工芸家を招いて現場で実際に商品を作ってもらうようにしているそうです。例えば布袋戯(ポテヒ)、冰糖葫蘆、紙箱芸、捏麺人、コマなどが見られ様々な工芸品を購入することができます。


観光情報

Loading...

このページのトップへ