水頭碼頭

水頭碼頭にあるアモイ、小金門行きのフェリー乗り場。
水頭碼頭にあるアモイ、小金門行きのフェリー乗り場。 フェリー乗り場の様子
フェリー乗り場の様子。
  • フェリー乗り場の様子
  • アモイ行き乗口
  • 小金門へ向かう船

アモイへ向かう船
アモイへ向かう船。

 2001年1月1日、台湾の金門、馬祖と中国の間で小三通と呼ばれる直接の通商、郵便、直行航路が開始され、台湾と中国の新しい関係段階が始まりました。国際発展の点から言うとこれは重要な一歩となります。そして2009年にはさらに拡大され、台湾人は台湾中国の出入境証明があれば金門か馬祖から直接中国大陸へ渡ることができるようになりました。金門へ来たら近くからアモイを眺め、水頭碼頭を観光しましょう。

 金門の港は、金門島東南側の料羅港區、西側の水頭港區、小金門島の九宮港區がありますが、ここでは金城鎮西南方の水頭港區を紹介します。水頭港區には7階建ての観光センター(旅客服務中心)があります。建物の中は明るく清潔で多くの人で賑わっていました。小三通以降は利用客が増え、ここで小三通の様々な手続きができるようになり、貨幣の交換もできます。日本人はパスポートさえあれば中国への入国にビザは不要です。イミグレーションを通過した後は免税店で買い物もできます。観光センターの前の水域には小三通専用の碼頭があります。約40分~1時間でアモイへ渡れます。

 ここからは小金門への船もあり、30分毎に船が出港しています。さらに深く金門観光を続けたい方はここから船に乗るのも良いでしょう。

 気候や潮の具合等で小三通船の時刻は毎月多少の変更があります。利用する際はインターネットなどで確認してください。

アモイへ

小金門へ

地図


前のページへこのページのトップへ次のページへ
1/19ページ2/19ページ3/19ページ4/19ページ5/19ページ6/19ページ7/19ページ8/19ページ9/19ページ10/19ページ11/19ページ12/19ページ13/19ページ14/19ページ15/19ページ16/19ページ17/19ページ18/19ページ19/19ページ