鳳林駅

鳳林駅

鳳林駅 まだまだ現役の荷車。

鳳林駅はこぢんまりとしていて、とても落ち着ついた雰囲気です。待合スペースのカラフルな椅子が広々とした空間に映え、手入れの行き届いた構内は小さくても清潔感のある印象を与えます。歴代の鳳林鎮長の努力のおかげで、駅前は赤と黄色のレンガを敷き瑞穗駅と同じような景観にしました。広々とした広場の中央には鳳林鎮のシンボルマークが見えます。

駅には一台とても古い荷車が置かれています。ぼろぼろになった姿は飾られているだけと思っていたのですが、実はまだちゃんと稼動するのだそう。何十年もの歴史を持つこの荷車は鳳林駅の宝物です。また地元の人にとって鳳林駅といえば鉄道弁当。列車がホームに入ってくると「弁当!弁当!」と大声で売る声が聞こえ背中にお弁当を背負った女性がやってきて車内の出入り口でお弁当を買うことができます。こういった光景はなんだかふるさとの香りがします。鳳林駅を訪れた際はぜひこの鉄道弁当を試してくださいね。

鳳林駅鳳林駅鳳林駅鳳林駅

駅周辺のお店や観光スポット

樂仙樓

このお店は鳳林駅の駅員さんたちが推薦してくれました。駅からは歩いて3分ほどの場所で、なんと90年もの歴史があるお店です。以前、鳳林駅一帯は非常に活気があり栄えていて、駅前にはたくさんのホテルや旅館、劇場、病院、各種商店などがあり賑わっていました。当時から樂仙樓飯店は有名だったそうです。

現在は2代目の白髪まじりのおじいちゃんが受け継いでいます。年はとっても腕は衰えていないおじいちゃんは毎日黄麹や色素は一切加えず手打ち麺を製造しています。こだわりの麺は弾力がありもちもちとした歯ごたえが楽しめます。スープも10時間煮詰めたオリジナルです。一生懸命に取り組む理由は、おいしい味を守り続けたいから。この気持ちが90年もの間揺らぐことなくお店が続いてきた証なのでしょう。

まずお店について目に入るのが、とっても目立つ色合いの看板です。大きな文字で「雑菜麺」と書かれていて一目でこのお店のオススメだとわかります。雑菜麺は什錦麺(五目麺)と少し似ていて排骨酥(骨付き肉)、豚の肝臓、しいたけ、白菜、インゲン、きくらげなどたくさんの具が入っています。スープはコクがあり一口で夢中になってしまいますよ。器も大きいので、一杯でおなかは十分満たされます。このお店のおいしい料理はこれだけではありません。肉絲米粉(細切り肉入りビーフン)もおすすめです。スープはこちらもコクがありますが雑菜麺よりもさっぱりとしています。それから、特性のタレに漬け込んだ紅豬肉や炸排骨、シーフードなどどれも美味しいものばかりです。

樂仙樓樂仙樓樂仙樓樂仙樓
お店情報
住所:花蓮縣鳳林鎮中山路21號
電話番号:03-8762136
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定期

撮影スポット

撮影スポット No.1鳳林駅を出発していく列車。
撮影スポット No.2 鳳林駅近くの道路から駅を望む。

駅周辺マップ

Loading...

前のページへ戻る  このページのトップへ  次のページへ進む