枋寮駅

枋寮駅

枋寮駅 ホームの柱にかけられた駅名入り蓮霧オブジェ

枋寮駅はかつて縱貫線の最南端で終点駅でした。乗り換えポイントとしても重要な駅だったのですが、1991年12月に南迴線が開通すると、乗客が一気に減り、貨物の運搬なども少なくなってしまい、一時は経営危機にまで陥りました。枋寮はそんな駅を救うため、積極的に駅周辺の整備に取り組み、枋寮F3藝文特區をオープンさせることで活性化を図りました。

枋寮は蓮霧という果物の産地でもあります。「黒珍珠」という品種のふるさとでもあるため、駅はその黒珍珠をモチーフにした装飾が多く見られ、デザイン性に富んでいます。駅の隣にある古いアパートも色合いや雰囲気が駅とマッチしています。


枋寮駅枋寮駅枋寮駅枋寮駅

駅周辺のお店や観光スポット

枋寮芸術村

駅を出て5分ほど歩いたところに枋寮芸術村があります。枋寮駅は観光事業やそれに関連する産業で支えられています。こちらで行われるイベントなどは地元の人のボランティアが中心となって活動しているそうで、枋寮の人々が地元を大切にしていることがよくわかります。

枋寮芸術村枋寮芸術村枋寮芸術村枋寮芸術村

芸術村にある枋寮F3藝文特區は非営利目的組織の運営です。エリア内の芸術家や藝術村展示スペースには大学生が集まり作品を展示しています。枋寮藝術村では文学・歴史関係者、作家やアーティストたちに創作環境を提供するだけではなく、地元と文化、芸術と産業を結びつけています。

   
スポット情報
住所:屏東縣枋寮鄉儲運路15號
電話番号:08-8784293
開放時間:8:00-17:00
定休日:月曜日

芸術村にあるカフェレストラン、香草主題館は、元宿舎を改装した建物です。店名の香草主題館からもわかるように、香草を使った料理が楽しめます。店内は2階にも席があり広々としていてテラスでもお食事ができますよ。メニューは鍋やパスタ、デザート、ドリンクなど豊富に揃っています。しっかりと食事をしたい時、ちょっと休憩してお茶を楽しみたい時、どちらのニーズにもこたえてくれるレストランです。歩き疲れたら、香草主題館で一休みして、アフタヌーンティーを満喫してみませんか?

香草主題館香草主題館香草主題館香草主題館
お店情報
住所:屏東縣枋寮郷儲運路7號(文化館そば)
電話番号:08-8780473

枋寮漁港

枋寮漁港は養殖業が盛んで、また豊富な海産物が獲れるところでもあります。食べ物屋はそれほど多くないのでしっかり食事をするつもりで行くと困ってしまうかもしれませんが、こちらはシラスが有名で吻仔魚煎(シラスオムレツ)は外せない小吃です。歩いているとどこからともなく吻仔魚煎の匂いが漂ってきます。とにかくたっぷりのシラスが入っている吻仔魚煎。新鮮なシラスの風味が思う存分味わえますよ。枋寮に来たときはお忘れなく!

枋寮漁港枋寮漁港枋寮漁港枋寮漁港
スポット情報
住所:屏東縣枋寮鄉保生路437號
交通:枋寮駅から車で約5分

撮影スポット

撮影スポット No.1 線路沿いに続く枋寮芸術村から撮影できます。
撮影スポット No.2 ゆるいカーブを曲がって入線する莒光號。枋寮駅ホームから。

駅周辺マップ

Loading...

前のページへ戻る  このページのトップへ  次のページへ進む