日月潭纜車站

地図  2009年に運営を開始した日月潭纜車(ロープウェイ)は日月潭と九族文化村を結ぶ最短ルート。このロープウェイのおかげで、日月潭に泊まって九族文化村を訪れたり、九族文化村から日月潭を回るルートができた。

 またロープウェイ駅自体もレストランやショップがあり、日月潭の観光ポイントとなっている。おすすめは300元の往復チケットで九族文化村まで行き、半日ほど滞在して戻ってくるというコース。

九族文化村はこちらを参照


日月潭纜車站日月潭纜車站

南投縣魚池鄉日月村中正路102號
平日10:00-16:00/休日10:00-16:30(30分前に発売停止)
料金 300元(往復)
※片道チケットはなし

ゴンドラゴンドラ

 ゴンドラの色は、赤が日月潭の「日」、黄色が「月」、青が「潭」を表している。

チケット売り場チケット売り場

 休日ともなるとかなりの行列ができる。九族文化村のチケットも購入可能。両者のチケットは窓口が違うので注意しよう。なお、九族文化村で遊ぶには最低4時間はみておこう。

水晶餐廳、等路大街水晶餐廳、等路大街

 ロープウェイ駅にはビュッフェレストランやショッピングコーナーもある。ロープウェイを利用しなくても、ちょっと立ち寄って休憩できるスポットだ。