雲品酒店と日月潭景聖樓湖畔飯店

地図  日月潭でのステイは、リーズナブルさで選べば日月潭景聖樓湖畔飯店。快適さで選べば雲品酒店(もちろん豪華さで選べば涵碧樓大飯店なのだが)。これら2軒のホテルは日月潭の中心街、水社から離れているので、アクセスはバスかタクシーになる。日月潭景聖樓湖畔飯店は日月潭バス停から無料送迎(バス停からホテルに電話)、雲品酒店は高鉄台中駅から一日1便の送迎がある。

日月潭景聖樓湖畔飯店のデータベース記事
雲品酒店のデータベース記事


日月潭景聖樓湖畔飯店日月潭景聖樓湖畔飯店

 文武廟付属のホテル。日本でいえば宿坊だが、もちろん肉料理も提供する。ホテル周辺には文武廟参拝客や観光客目当ての屋台街があり、台湾の観光地らしい雰囲気。お世辞にも綺麗なホテルとは言えないが、庶民的で居心地がいい。

雲品酒店雲品酒店

 リゾートホテルの設備が整った一流ホテル。2007年に建てなおされた最新ホテルで、ホテル滞在そのものが楽しめる。1000坪のウォーターワールドや、各種レストランを完備、Qi資生堂SPAも併設されている。

全室レイクビュー全室レイクビュー

 日月潭景聖樓湖畔飯店の客室は全室パーシャルレイクビュー。お寺付属のホテルとあって、客室はダブルベッドが2台のファミリー用の部屋が多い。ホテル設備が一通りそろっている。

広々とした客室広々とした客室

 雲品酒店の客室は13坪以上。テラスや温泉風呂もあり、まさにリゾート気分を味わうための部屋といえる。レイクビューなら目の前に広がる日月潭を眺めながら、何もしない贅沢な時間を楽しむことも可能だ。

文武廟文武廟

 日月潭景聖樓湖畔飯店の目の前にある文武廟は、廟としては台湾で最大級のもので、大勢の参拝客や観光客が訪れる。北朝宮殿式の建築様式が特徴。廟は三殿あり、後殿は「文」の孔子、中殿は「武」の関羽らが祀られ、まさに文武両道の廟だ。

ウォーターワールドウォーターワールド

 1000坪以上の面積を誇るウォーターワールドは雲品酒店自慢の設備。天然温泉を利用した温泉スパ、水療法エリア、キッズエリア、展望プール、日光浴場に分かれ、サウナルームも完備している。

レストランレストラン

 日月潭景聖樓湖畔飯店のレストランはフロントのすぐ隣。総統魚をはじめ地元料理が提供されている。うれしいのはその値段で、町の食堂と変わらない。日本語メニューがないので解読が必要だが、セットメニューもある。

美食美食

 雲品酒店には中華料理の寒煙翠をはじめ数多くのレストランが美食を競っている。地元産の食材を使ったメニューや日月潭紅茶の喫茶室もあり、さまざまなバリエーションが楽しめるので、飽きることがない。