咖啡‧小自由 Café Libero








Loading...

自由を求めに行きましょう

 咖啡 小自由の名前の由来はオーナーの高さんの「思想の自由・空間の自由・創作の自由・生活の自由など、ここに来て自由な空間を感じてほしい」という思いから。その思いがつまった店内は、静かで落ち着いた雰囲気。慌ただしい時間の中で、現代人が失ってしまいがちな、ゆっくりと流れる「時」があります。訪れるお客さんとオーナーは親しげに会話し、まるで友人の家の様な雰囲気です。

 このお店は40年程前の民家を利用しています。偶然見つけたオーナーは一目ぼれしたそうですよ。木張りの床、今はとれなくなった台湾産の「雲杉」で作った壁、花蓮の大理石など、メイドイン台湾がつまったこの家屋。そんなメイドイン台湾の家を大切にしたい、そして多くの人と分かちあいたいという思いで、この場所を選んだそうです。

 またオーナーの「常に新しいものをお客さんと一緒に楽しみたい」というサービス精神から、不定期にメニューを変更するため、バラエティー豊かな味が楽しめます。このお店の得意分野は、コーヒー、ウイスキー、そしてケーキ。甘いものとコーヒーというのは王道で皆が好みますが、こちらでは甘いもの+お酒という新しい組み合わせも提案していますよ。たとえば『梅子酒冰咖啡(梅酒アイスコーヒー 250元)』とケーキ『初夏之戀(初夏の恋 240元)』の組み合わせ。梅酒アイスコーヒーは、梅酒の味とアイスコーヒーの味、どちらもはっきりと味がする大人の味です。そしてケーキはクリームチーズとマスカルポーネチーズをミックスしてムースにしており、中には甘酸っぱいクランベリーソースが入っていて名前にふさわしい爽やかな味です。こういった組み合わせは初めてで面白いですね。

 お店の奥には日本やスコットランドのウイスキーが並ぶウイスキールームもあり本格的です。スイーツはお店の中にケーキ工房を設けており、パティシエはアメリカ・カリフォルニアで修行しています。見た目も鮮やかなケーキやスイーツは味覚にも、視覚にも楽しめます。

 さらにこちらでは特製カレー(小自由咖哩飯 240元)もいただけけます。これはオーナーの高さんが12年前から実際に家で作っている日本風のカレーで、家庭の温かい味がしました。

 高さんの「お店を通して、様々な人に伝えたい事を伝えてほしい」という思いから不定期にイベントや展覧会も開かれます。形にとらわれず、様々な人が心地よい場所を求めて集まるこのカフェは、名前のとおり小さな自由がたくさんつまった場所ですね。ぜひ、あなたの自由を探しに行ってはいかがでしょうか。

その他の主なメニュー
熱咖啡(ホットコーヒー) 180元
荔枝紫蘇冰沙(ライチとしそのスムージー) 250元
白巧克力起司蛋糕(ホワイトチョコチーズケーキ) 130元
馬卡龍(マカロン) 50元

住所 台北市大安区金華街243巷1號
電話 02-2356-7129
営業時間 13:00〜23:00
定休日 不定休
座席数 室内28席/屋外25席
カード利用 可(VISA・MASTER)
予約 あった方が良い
言語 中国語・英語(メニューは日本語・写真有)